天才芸人・バカリズム(升野英知)の爆笑ネタ&プロフィールまとめ

天才と評されるバカリズム(本名・升野英知)。
お笑い芸人の領域にとどまらず、ナレーター、俳優、脚本家、作詞家とマルチな才能を発揮するバカリズムとはどんな人なのでしょうか?バカリズムの気になる情報についてまとめてみました。

バカリズムプロフィール

natalie.mu

本名 升野 英知(ますの ひでとも)
生年月日 1975年11月28日
出身地 福岡県田川市
血液型 A型
身長 165cm
学歴 日本映画学校俳優科
師匠 いとうせいこう
芸風 コント、フリップ芸
事務所 マセキ芸能社
活動時期 1995年 -

バカリズムは、お笑い芸人升野 英知(ますの ひでとも)によるお笑いユニット。
バカリズムという名前は、1995年から2005年まで升野英知と松下敏宏によるお笑いコンビ名であり、コンビ解消後に升野英知がコンビ名を単独の芸名として引き継いで今に至っています。

一般的に升野英知の芸名として知られているバカリズムという名前は、元々はコンビ名なのです。

バカリズムというコンビ結成は、1995年に日本映画学校在学中。
コンビ時代のバカリズムは数々のバラエティ番組に出演していたのもの、名前が一躍有名になったのは、升野英知がピン芸人として活動スタートしてからのこと。
2006年に『R-1ぐらんぷり』にエントリーし決勝に初出場、フリップネタ「トツギーノ」を披露し大反響。「トツギーノ」はCMでも使われるようになるほど、バカリズムの名前が世間に認知されるようになりました。

さらに、「爆笑レッドカーペット」で披露したネタ「贈るほどでもない言葉」「日本要するに昔話」は日本中を爆笑の渦に巻き込み、一つ一つのネタのクオリティの高さからバカリズムの人気は不動のものになりました。


バカリズムの爆笑ネタ

「トツギーノ」

2006年に『R-1ぐらんぷり』で披露し、バカリズムが一躍脚光を浴びるきっかけとなった"トツギーノ"。

「日本の都道府県」

お笑い番組全盛期の『爆笑レッドカーペット』にて、一世を風靡したネタ"日本の都道府県"。バカリズムの斬新な発想が笑いだけでなく、尊敬の眼差しで見られ、満点大笑い以外見たことがありません。

「贈るほどでもない言葉」

『爆笑レッドカーペット』でのバカリズムの通称は"お笑い四次元ポケット"。
あらゆる確度から笑いのツボを刺激する才能に溢れた芸人だと分かります。


俳優としても実力を発揮するバカリズム

oricon.co.jp

バカリズムがドラマ出演で話題になったのが、2013年1月からTBSにて全10話放送された「リアル脱出ゲーム」。

この「リアル脱出ゲーム」とは、どんなドラマだったのかというと、

事件ドラマをヒントに、ドラマの中で出題された「謎」をリアルタイムで解き、インターネットの特設サイトで視聴者が解答していく新感覚ドラマショー。

ORICON STYLE

バカリズム扮する"謎男"が、視聴者に向けてリアルタイムで問題を出題、その答えをインターネット上の特設サイトで謎解きに参加できるという新感覚のドラマ。
バカリズムは不気味な仮面が特徴の覆面テロリスト役を演じ、話題となりました。

話題のドラマ『下町ロケット』にも

tbs.co.jp

毎週日曜日に放送中の連続ドラマ「日曜劇場『下町ロケット』」(TBS)にバカリズムが出演することがわかった。

お笑いナタリー

「下町ロケット」は池井戸潤原作のエンタテインメント作品で、バカリズムの役は後半パートの鍵握る人物として登場するとのこと。
「下町ロケット」の視聴率は、第5話で20%をオーバーし、ドラマ「半沢直樹」を超えるのでは?と言われているほどの話題作。

そんな人気絶頂の「下町ロケット」の後半戦の視聴率を左右する役を任されたバカリズム。俳優としての評価がとても高い証拠でしょう。


バカリズムの最新情報があり次第、こちらのページにて更新していきます。

芸能・エンタメ #お笑い芸人 #バカリズム #下町ロケット

マネートークを読もう!

関連記事