【画像あり】慶応大”広告学研究会”被害者女子学生のLINE内容を「モーニングショー」が報道し謝罪

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー(10月27日放送)」にて、慶大「広告学研究会」の被害者女子学生について、一方的な偏見で放送したことを謝罪する一幕がありました。問題となったモーニングショーで放送した女子学生が知人に送ったLINEの内容や、世間の反応をまとめています。

「モーニングショー」慶大暴行報道で謝罪

sendenkaigi.com

テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」にて、慶大「広告学研究会」の男子学生が女子学生に集団暴行した疑いがある問題を取り上げた20日放送の内容について「女性に対する配慮に欠けるものだった」と、謝罪する場面があった。

スポニチ

10月27日に放送されたテレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」にて、慶大「広告学研究会」の集団暴行に関し、「女性に対する配慮に欠けるものだった」と、謝罪しました。

学内での被害者の特定につながる恐れがあり、二次被害そのものと批判を受けた放送内容とはどのようなものだったのでしょうか。


女子学生が知人にあてたLINEの内容とは

こちらは、慶大「広告学研究会」暴行事件の被害者である女子学生が知人にあてたLINEの内容を、「羽鳥慎一モーニングショー」で再現したメッセージ画像。

慶応大広告学研究会女子学生のLINE

被害女性のプライベートな内容のLINEメッセージを再現。

慶応大広告学研究会女子学生のLINE

「被害女性がLINEで『私の恋愛相談のって笑』と送っていた」と、複数男性に持ちかけていたと、加害者側の主張を紹介。

その内容の放送を見ていた視聴者には、複数男性に恋愛相談を持ちかける「軽い女」というイメージを持ちかねない内容であり、さらに、「女の子にも非がある」「一方的に被害者ではない」と、被害女性に非があるかのように報道。

動画を見た感想をOBに取材も・・・

慶応大広告学研究会動画の感想

fc2.com

事件当時の様子をカメラで撮影していたと言われる今回の事件。

モーニングショーの取材班は、撮影された動画を見た広告学研究会OBにインタビューし、「(主犯の学生が)笑っていましたよ」「AVみたいだった」とのコメントを引き出していました。

この動画を見た人のコメントを紹介したことについても、モーニングショーで謝罪をしており、

「その発言は慶応大広告学研究会関係者の所感のみを伝えたもので、客観性に欠けたものでした」

羽鳥慎一モーニングショー

このようにコメントしています。
その様子はこちらの動画にて確認できます。


主犯格のことをもっと報道しろの声

『主犯格S』という名で週刊文春が報じた暴行事件のリーダーである人物が、在日韓国人だったことがネット上を中心に大きく取り上げられていますが、テレビ局が報じているのは被害女性のことばかり。

そんな姿勢に対して、「加害者リーダーのことをもっと報じろ」「女性の人権、被害者の気持ちをやたら報道するが加害者側が朝鮮人だと逆になる」と、偏った報道内容に批判が集まっています。


週刊文春が主犯格リーダーの素性について報じたことで、ネット上では主犯格の実名や顔写真が流出する騒動となっています。詳しくはこちらにてまとめられています。
【画像あり】慶應大「広告学研究会」主犯格Sの素性が文春砲で明らかに!
■11月7日追記
慶応大学は広告学研究会に所属する男子学生3人を無期停学の処分としました。また、「新たな事実が判明した場合は処分変更もある」としています。

ライフスタイル #慶応大学 #炎上

マネートークを読もう!

関連記事