【訃報】雨宮まみさん40歳折り返し、苦しい夜…ブログで示唆『坂口杏里批判』でTwitter炎上も

1ヶ月前にテレビ番組にも出演し、持ち前の文才と美貌で人気のライター雨宮まみさんが亡くなっていたことが分かりました。改めて、雨宮まみさんの経歴や、『なぜ亡くなったのか』を暗に示唆していたブログの内容についても紹介しています。

雨宮まみさんが亡くなる

雨宮まみTwitter

twitter.com

作家、ライター、エッセイストの雨宮まみさん(40)が亡くなっていたことがわかった。

ハフィントンポスト

流行語「こじらせ女子」を生み出したライター・雨宮まみさんが亡くなっていたことが分かりました。40歳でした。

死因や亡くなった日時などは明らかにされておらず、毎日更新されていた雨宮まみさんのツイッターは11月14日で更新が途切れていました。


ライター・雨宮まみさんとは?

雨宮まみ

instagram.com

雨宮まみ(あやみやまみ)さんは、1976年9月26日生まれ、福岡県出身。
高校卒業後に上京し、バニーガールなどの大人の夜の仕事を経て出版社へ入社。

雨宮さんはAV雑誌での執筆を経験した後に、女性としての生きづらさを書いた自伝的エッセイ『女子をこじらせて』にて書籍デビュー。別名義では官能小説も執筆するなど、AV批評家としても活動。
『東京を生きる』『女の子よ銃を取れ』などの著者がある。

1ヶ月前、AV批評家として坂口杏里に言及⇒炎上も

亡くなる1ヶ月前、10月18日放送のTOKYO MX「5時に夢中!」に出演していた雨宮まみさん。坂口杏里さんのセクシー女優転身に対して、次のように発言していました。

AVライター」でもある雨宮氏は「坂口さん一人のせいで、業界全体のイメージが悪くなっている。精神状態が不安定で、借金まみれの人がAVに落ちてくるみないな。昔のイメージに逆戻りしちゃった」と話した。

スポーツ報知

この発言に対して、ネット上では批判が殺到。

その結果、「雨宮まみにブロックされていた。失礼なこと言ったかなぁ」「ブロックされてますた」など、Twitter上では雨宮まみさんからブロックされたとネットユーザーから報告が相次いだことも。


ブログに自身の死生観を綴っていた

mamiamamiya.hatenablog.com

雨宮まみさんは、今年6月に自身のブログ「戦場のガールズ・ライフ」にて。

死にたくなる夜というのが、やってくる。
たいていはそのたびに、薬を飲んで、寝ようとして、眠れなかったり、でもほかのことでは気を散らすことができなかったり、朝日がのぼるまでの時間を、苦しいまま過ごすことになる。

雨宮まみブログ

「死にたくなる夜がやってくる」という文章の内容を更新。

引き返した先のほうが、ずっといいんだと実感できるように。
夜が過ぎるのを待つ。

雨宮まみブログ

さらには、「引き返した先のほうが、ずっといいんだと実感できるように。」との言葉で最後を締めくくっている。
この「引き返した先」がどういう意味なのか調べるみると、大和書房での連載「40歳が来る!」にこのような言葉が書かれていました。

daiwashobo.co.jp

40歳は、80歳まで生きると仮定したら、ちょうど折り返し地点になる。

40歳がくる!

「引き返した先」とは、“40歳を過ぎてからの人生”という意味であり、「(40歳以降の人生のほうが)ずっといいんだと実感できるように。」と、眠れない夜に自らを鼓舞していたとも見られています。


ライフスタイル #雨宮まみ

マネートークを読もう!

関連記事