ボディービル大会入賞、友弘修司容疑者が双子兄弟に暴力で逮捕[facebook&インスタ画像]

東京都昭島市に住む小学年の双子の男児を日常的に暴力を振るっていたとして友弘修司容疑者が逮捕された件。友弘容疑者について調べてみると、過去にボディービル大会入賞、スポーツジムのトレーナーとして勤務していたことが明らかに。フェイスブックやインスタグラムの肉体写真についてもアップしています。

双子の兄弟が重傷、交際相手のマッチョ逮捕

小学2年の双子の兄弟に重傷を負わせたなどとして、母親の元交際相手の男が逮捕された事件で、兄弟の体には複数のあざや傷があったことが捜査関係者への取材で分かった。

朝日新聞デジタル

交際相手の子どもの兄弟(双子)に対して、日常的に暴力を振るっていたとして、友弘修司容疑者が逮捕されたニュース。

友弘修司容疑者とはどんな人物だったのか。Facebookページから顔写真やプロフィールをまとめます。


友弘修司容疑者プロフィール

友弘修司facebookより

友弘 修司(ともひろ しゅうじ)
年齢:35歳
住所:東京都府中市晴見町
職業:不詳(元スポーツジムインストラクター)

ボディビル大会で入賞するほどの肉体の持ち主

友弘修司facebookより

友弘修司容疑者は元スポーツジムのインストラクターで、筋肉隆々の肉体美の持ち主。

physiqueonlineスクリーンショット

2016年5月、友弘修司容疑者は『NPCJ BLAZE OPEN』というボディービル大会に出場。『メンズフィジーク +175cm』にて見事6位に入賞するほど。(※同部門、タレントの金子賢が2位)

友弘修司インスタグラムより

こちらは友弘容疑者のインスタグラム。普段から身体を鍛えており、自身の肉体をSNSでアップするほどの自信家。

常日頃、身体をいじめ抜く一方、『むさし府中青年会議所』の委員会にも所属。

『むさし府中青年会議所』facebookより

児童を対象にお楽しみイベントの企画、運営にも携わっていた人物。まさか、そんな友弘容疑者が日常的に子どもに暴力を振るっていたと知って驚く方も多いことでしょう。


暴行は「スポーツの延長だった」と供述

捜査関係者によると、友弘容疑者は日頃から2人に対し、「根性を鍛える」などとして腕立て伏せや長距離走、相撲を取らせるなどしていた。

朝日新聞デジタル

友弘修司容疑者は、子供達への暴力について「スポーツの延長だった」と供述しており、怪我をさせるつもりはなかったことを強調。

一方、驚くべきことに、友弘容疑者は交際相手である母親に対し、双子の兄弟と行ったトレーニングメニューをSNSで伝えていたとのこと。歯が折れたり、あざを作ったりしている子どもを見ても黙認していた母親とは・・・。

ネット上では、「母親も母親だわ」「お互いにヤバいはこれ」「子どもが可哀想過ぎる。子どもは親を選べない」などの悲痛のコメントが寄せられています。


ライフスタイル #ボディービル #逮捕

マネートークを読もう!

関連記事