『片付け体質』に変わるなら収納ボックスは買わない!片付け美人の3ステップ

ついついウィンドウショッピングをしていると、雑貨やアクセサリーなど『これ本当に必要!?』というものを買いすぎてしまってはいませんか?

シンプルに整理された部屋に憧れながらも、そのような生活ができていないままもう何年も経ってしまっている・・・。
そんなあなたは収納ボックスがあれば、部屋を綺麗に整理できると思われているかもしれませんが、収納ボックスを買ってしまったら、あなたは「片付け体質」に変わることはできません。
なぜなら、整理する前にあなたの部屋にあるものをまず「減らすこと」から取り組まないといけないからです。

今回は、収納ボックスを使わずに、片付け美人に変わるための3ステップについて紹介していきます。

大事なことは「片付け体質」に変わること

恥ずかしいことに私は、一日の内で物を探さない日はありませんでした。
所定の場所を決めておきながらも、肝心な時にその場所に必要なものがないのはかなりのストレス。

だらしのない自分を責め、家族を責めることに無駄な時間を費やす日々とは、もういい加減にサヨナラしょうと決心したのがきっかけです。
あふれる物たちは、体重の増加で動作が鈍くなるように、心の動きまでも緩慢にしてしまっていたようです。

私が実践した「片付け体質に変わる」ための3ステップを次から紹介します。


ステップ1.張り切り過ぎず、一日一片づけを習慣づける

「よし今日は大掃除だ!」と張り切って部屋の掃除をしても、それ以降継続できなければ意味がありません。
一度に片づけようとすると体が疲れるだけでなく、必要なものまで捨ててしまいそうなので、気長に一つずつ片づけていくことにしましょう。

小さいことから始めてみる

特に計画など立てて自分を追い込まず、その日の気分で、 「今日はお天気がいいので、靴箱の中の靴を干して靴箱の中も拭いておこう。ついでにいらない靴を処分しょう」 といった具合にです。

一気に片付け過ぎないことが大切

片づけ始めると弾みがついて、あれもこれもと整理したくなりますが、片づけ体質に変身するには、片づけた後の爽快感を毎日味わい達成感を感じることが大切です!


ステップ2.収納ボックスは買わない

シンプルな暮らしを目指して片づけを始めても、またいつか使えそうなものや、思い出があるものなど即断がしづらい物もでてきますよね。

収納ボックスは買わない!

そんな時、迷った品物を収納するプラスチックなどの安価な収納ボックスは買わないこと。
それがまた荷物となるだけですし、結局“一時非難”させるだけで、肝心な物の数を減らすことはできません。

日頃から必要な物しか家に置いていないという人ならいいですが、「いろんな物で溢れかえっている」「必要な物がどこにあるのかすぐ見つけられない」ような方は、収納ボックスは買うべきではありません。

まずは捨てるようにしよう

片付けをするときは、「一旦ゴミ袋などに入れておき、一つずつゆっくり仕分けしていく」と本当に必要なものが見えてきます。


ステップ3.洋服はコーディネートした状態でクローゼットにしまっておく!

クローゼットからあふれるほどの洋服を持ちながら、いざ外出する時のコーディネートが決まらずイライラしたいた私。そんなせいで、待ち合わせ時間に間に合わないなんてこともしばしばありました・・・。

コーディネートをまとめておく

そんな方には、すべての服をとは言いませんが、『数種類のおしゃれにコーディネートされた一式』をクローゼットにしまっておきましょう。ある程度、コーディネートが決まった状態で収まっていれば、直前にセカセカすることもなく、もっと優雅にお出かけの準備をすることができますよ♪


まとめ『生活空間が圧迫されていると心はストレスでいっぱい』

食卓のテーブルに何気なく置かれた雑誌やリモコン、ティシュボックス、新聞に埋もれた携帯電話、椅子に掛けたままのカーディガン・・・。
リビングのソファには必要以上のクッションの中に埋もれた洗濯物など、毎日片づけてもすぐ物で生活空間が圧迫されてしまうのは我が家だけはないはず!

それはなぜかというと、『結局ものが多すぎる』のです。
「なければ、ない」で済ませられるもので大切な空間を埋めて、ストレスをため込んでしまってはいませんか?

私が実践できた簡単な3ステップで、あなたもまずモノを減らすことから始めてみることをお勧めします。


平穏な暮らし方を望むなら、シンプルに暮らすことだと最近つくづく思うようになりました。
美しくて機能的な本当に気に入ったものを選び抜き、少ない持ち物でシンプルに暮らしていくための小さな努力、今日から一緒に始めませんか?

ライフスタイル #収納ボックス #片付け

マネートークを読もう!

関連記事