おすすめネット証券比較:楽天証券の手数料は安い?外国株が豊富?楽天ポイントは?

楽天証券は、インターネット専業の証券会社で口座数は80万、預り資産は1兆円超。インターネット専業証券大手5社の1社で、旧「DLJディレクトSFG証券」です。株価をリアルタイムで自動更新するトレードツールである「MARKETSPEED」や、投資信託や海外株式など商品ラインナップの多さなどが特徴的。
それでは楽天証券の4ポイントを紹介します。

1

おすすめネット証券比較その1:楽天証券は定番のトレードツールと無料の情報源

ispeed.jp

 楽天証券といえば、トレードツール「MARKETSPEED」の評判が良く、取引、チャート、板情報、ニュース、四季報、入出金など、ほとんどの機能がこのツールから利用できます。利用料は、3000円/3カ月間だが、使用条件を満たし、99%の人が無料で使っているようです。

「MARKETSPEED」の特徴としてはニュース欄で日本経済新聞が無料で読めること。記事検索コーナーでは、日本経済新聞、日経産業新聞ほか、8つの媒体について過去1年間の記事検索が可能です。

その他、スマホ向けアプリ「iSPEED」もリリースしています。

モバイル向けアプリ「iSPEED」は、Android版、iPhone版、iPad版、ケータイ版があり、さらに「AppleWatch」にも対応しています。

その他、スマホで四季報情報が見られる点も特徴的。
注文機能では、逆指値や逆指値付通常注文も利用できます。


2

おすすめネット証券比較その2:楽天証券は投信保有や信用建玉で株の手数料がお得

マネートーク!編集部

 楽天証券の現物株取引手数料(1約定ごとプラン「ワンショットコース」)を示したのが上の画像の通りです。
投資信託を保有していたり、信用取引を行っていたりすると、残高に応じて、「超割コース」というプランが利用できます。「プラチナ」や「ダイヤモンド」ならば、ほぼ業界最安水準の手数料で取引が可能となります。
超割コースの適用条件については、楽天証券のホームページをご確認ください。


3

おすすめネット証券比較その3:楽天証券は1000円からの積立投資が可能

dollarvigilante.com

投資信託の取扱本数は、業界トップクラスで、投資信託の積立は1000円から可能です。
「ノーロード投信(販売手数料無料の投資信託)を使って、将来のために低コストで毎月積立したい」といった方には最適と言えます。

実物資産である金、プラチナ、シルバーなどの積み立て投資も可能。安定した商品をポートフォリオに組み込みたいという方にはぴったりですね。


4

おすすめネット証券比較その4:外国株の種類が豊富!米国、中国、アセアン投資も

interfm.co.jp

海外株式は、中国株、米国株、ASEAN株式を取り扱っています。
米国、米国、香港、シンガポール、香港市場の取引が可能です。
なんといっても、現在経済成長が著しい東南アジア市場への投資ができる点もメリットですね。
アセアン株式は、シンガポール、タイ、マレーシア、インドネシアの株式と、シンガポール市場に上場するETFの取引が可能です。


楽天証券の口座開設後の取引で楽天ポイントがもらえるキャンペーンも継続して実施されています。
お得なキャンペーンの時に口座開設して、楽天ポイントをゲットするのもオススメです。

紹介した証券会社
楽天証券
楽天証券
楽天証券は、日本最大級のインターネット・ショッピングモールを運営する楽天グループのインターネット証券です。

財テク・節約 #AppleWatch #iSPEED #ネット証券 #楽天ポイント #楽天証券

マネートークを読もう!

関連記事