おすすめクレジットカード比較:「楽天カード」は楽天Edyとセットで還元率最強クラス

「8秒に1人」が申し込んでいると言われる超人気カードである楽天カード(※2013年9月~11月の申込人数を3カ月間の秒数で計算)。還元率1%で「楽天スーパーポイント」が貯まる「わかりやすさ&使いやすさ」が人気の秘密です。 楽天市場のヘビーユーザー以外にもおすすめのカードですので、その理由を紹介します。

1

「楽天カード」はなんといっても入会ポイントが大盤振る舞い!

card.rakuten.co.jp

楽天カードといえば「入会キャンペーンポイント」がたくさん貰えることはCMなどで有名ですよね。
本記事を更新時点では、「8000円相当のポイントがもれなくもらえる」キャンペーンを実施中です。

もし、今入会を検討されている方は、キャンペーン内容を確認してみてください。8000円ポイントがもえなくもらえるキャンペーンをやっていればラッキーなタイミングですよ!
ポイントは「エントリー+入会+カード利用」の3ステップが必要なので注意しましょう。


2

「Rポイントカード」の登場によって、入会ポイントの使い道が広がった!

point.rakuten.co.jp

実は楽天カードの入会ポイントには一つ落とし穴があって、入会時にもれなくもらえるポイントは「期間限定ポイント」であること。

期間限定ポイントは使い道が限定されていた・・・

今までは、楽天ポイントの使い道が「楽天市場」のようなネットショッピングに限定されていたので、特に欲しいものがなくても「無理やり探さなければならない」「せっかくポイント使えるけど、送料がかかって勿体無い」など、頭を悩ませること人も多かったようです。

しかし、Rポイントカードで道は開けた!!

しかし、2014年10月1日に楽天の共通ポイントサービス「Rポイントカード」が正式にスタートしました。
「Rポイントカード」はTポイントの「Tカード」やPontaポイントの「Pontaカード」と同じように、「Rポイントカード」を提示するだけで、街でも「楽天スーパーポイント」を貯めたり、使ったりすることができるサービスです。

「Rポイントカード」加盟店は、使い勝手が良い「コンビニ」のサークルKサンクスや、「ガソリンスタンド」の出光興産や、女性に人気のミスタードーナツや大丸百貨店などでも利用できます。

Rポイントカードのアプリもあって超便利!

「Rポイントカード」を手に入れるには「入手可能なRポイント加盟店」に行くか、スマートフォンアプリも用意されています。
「これ以上、財布にポイントカードを入れたくない」という方は、「Rポイントカードアプリ」を利用しましょう。
但し、出光興産や大丸などでは、アプリの利用ができませんので、アプリ対象外店舗をよく利用する方はカードタイプも両方所有するのがオススメです。


3

「楽天カード」は「楽天Edy+Rポイントカード」合わせてを使えば、ポイント還元率は最強!

edy.rakuten.co.jp

「楽天カードユーザー」であれば、コンビニやファストフード、飲食店などの支払いは「楽天Edy」で支払うのがベスト。
というのも、「楽天カード」はほぼ恒久的に「楽天Edy」へのチャージでポイントを付与するキャンペーンを続けています。

必殺ポイント2重取り!

「楽天カード」から「楽天Edy」にチャージすれば、このときに200円につき2ポイントが獲得可能。
さらに「楽天Edy」を利用するときには200円につき1ポイントを獲得できます。つまり、「楽天カード」でチャージして、「楽天Edy」を使えるお店を利用すれば、「楽天スーパーポイント」の還元率は1.5%にもなります。

奥義ポイント3重取り!!

さらにさらに、「Rポイントカード」を提示すれば「楽天スーパーポイント」が貯まる「Rポイント」加盟店の場合は、ほとんどが100円につき1ポイント獲得できますので、合計すると還元率は2.5%!これはなかなか高い還元率です。

 つまり、「楽天カード」で「楽天Edy」にチャージして200円につき1ポイント、「Rポイントカード」の提示で100円につき1ポイント、「楽天Edy」で支払いをして200円につき1ポイントの「楽天スーパーポイント」を貯めることも可能なのです。

「楽天カード」+「楽天Edy」+「Rポイントカード」=「楽天スーパーポイント」でとにかくポイントが貯まります。


4

楽天会員ランクでさらに「楽天ポイント」が貯まる!

point.rakuten.co.jp

楽天会員には各会員ランクがあり、楽天カード保有者は最高ランクのダイヤモンドに昇格できます。
このダイヤモンド会員になると、誕生日月に700ポイント、毎月1回のボーナス福引で最低70ポイント獲得できるので、毎年1540ポイントを確実に獲得できるのです。

実はダイヤモンド会員は難しくない

獲得条件は先ほど紹介した「楽天Edy」+「Rポイントカード」を利用すればそれほど難しくはありません。
ダイヤモンド会員のランクアップ条件は添付の写真の通りですが、「楽天カードを保有、かつ過去6ヶ月で4000ポイント以上、かつ30回以上ポイントを獲得」というのが条件になります。

まず楽天カードに入会すれば「楽天カード保有条件」はクリアします。

次に「過去6ヶ月間で4000ポイント以上獲得」です。
これは公共料金など毎月の固定費を「楽天カード」で支払うと、1カ月5万円で「500ポイント×6カ月=3000ポイント」が獲得できます。残り1000ポイントはあえて、ここでは残しておきましょう。

最後に、「30回以上ポイントを獲得」です。
1週間に1回「Rポイントカード」を使うと6カ月間で24回です。毎回「楽天Edy」で支払うと、これだけで30回と、ダイヤモンド会員の条件となる回数「6カ月で30回」は簡単にクリアできます。
この買い物の合計金額が6カ月で10万円分を支払えばOK。1週間あたり約4000円ですので、それほど難しくはないですね。


楽天カードはとにかく使い勝手がいいです。「おサイフケータイ」などの電子マネーユーザーであれば、最もおすすめするカードです。
「楽天Edy」を利用する方以外で「ポイントの還元率重視」であれば、年会費はかかりますが「リクルートカードプラス」が還元率は最高で、今一番アツいカードです。
「リクルートカードプラス」の詳細については、下記を参照してください。

【おすすめクレジットカード比較】リクルートカードプラス業界最高ポイント還元2%

紹介したクレジットカード
 楽天カード
楽天カード
「8秒に1人」が申し込んでいると言われる超人気カード(※2013年9月~11月の申込人数を3カ月間の秒数で計算)。還元率1%で...

財テク・節約 #楽天Edy #楽天カード #楽天ポイント

マネートークを読もう!

関連記事