「がん保険」とは?医療保険とどう違う?|超初心者のための保険講座

がん保険を検討しようと思って、いろんなパンフレットやウェブサイトを見ていても、「医療保険(入院保険)」と「がん保険」って、具体的にどう違うの?という疑問が湧いてくるものです。
今回は、このがん保険の特徴、入院保険と比べた場合のメリット、デメリットを詳しくみていきます。

1

がんは日本人にとっては恐ろしい病気

ganmaga.jp

日本人の死因で最も多い病気をご存知ですか?
そう、「がん」ですね。日本人の3人に1人が「がん」で亡くなっています。

がんは恐ろしい病気ではありますが、近年の医学のものすごい発達により、がんは早期治療で治る可能性が高くなってきています。
ただし、がん治療はどうしても入院期間が長くなることと、再発してしまうことも多く、治療費は他の病気と比較しても高くなってしまいます。


2

そもそも、がん保険の特徴って?

マネートーク!編集部

「がん」という病気に限定し、「がん」による手術や入院費用の保障を行うのが「がん保険」です。病気やケガなど幅広い保障を行う医療保険とは異なります。

がん保険の特徴は以下のとおりです。

・がんと診断された場合に「がん診断給付金」が受け取れること
・入院給付金が支払われる入院日数に限度がないこと

もちろん、医療保険でもがんによる手術や入院をした場合の保障はされますが、医療保険の場合、入院給付金や手術給付金といった保障は、退院後や手術後に支払われるのが通常です。

一方、がん保険は治療前に「がん診断給付金」が受け取れるものもあり、前もって資金を準備できなかった場合に費用をカバーできます。


3

「がん保険」と「医療保険」の違いは?

マネートーク!編集部

先ほど「がん保険」の特徴を紹介しましたが、改めて「医療保険(入院保険)」と「がん保険」との違いを整理します。

医療保険(入院保険)の特徴

医療保険の場合、1回の入院で入院給付金が支払われる日数は、30日や90日までなど、給付限度日数があります。また、幅広く保障する医療保険は保険料が高くなる傾向があります。

がん保険の特徴

一方、がん保険は、「入院日数制限なし」「がん診断給付金あり」「再入院時に再度給付金あり」など、「がん」に対する保障が充実しています。一般的な医療保険、入院保険は様々な病気をカバーするものです。そのため、がん保険は、がんに特化しているため保険料が安い場合が多いです。


4

がん保険の「先進医療特約」は必要なのか?

マネートーク!編集部

先進医療とは、厚生労働大臣が定める”高度な医療技術を用いた治療”のことです。この先進医療による治療は、厚生労働大臣が定める医療施設で行われる場合に限り、さらに先進医療にかかる費用は全額自己負担となります。

日本でがんにかかる人は年間約60万人ですが、近年、先端医療による治療の実施件数は約2300件というデータがあります。これはがん全体の約0.4%の治療にしか実施されないのが現状です。

先端医療は高額な治療費がかかる

しかし、先進医療特約の保険料は月々60円~100円程度です。先進医療を受ける可能性は低いですが、先進医療の治療を受けたときは高額な医療費(約300万円の治療費)が全額自己負担となります。

先端医療特約も含めて、がん保険は高額な医療費を支払えるだけのお金がある方は別ですが、長期入院、再発のリスクを考えると、年齢が上がるについて検討するべき保険といえます。


5

医療技術の進化に伴う「がん保険」の進化

マネートーク!編集部

医療技術の進化に伴い、がん保険の中身も進化しています。

昔のがん保険では、初期ガンは保障の対象とならず、進行がんのみが対象になっていました。それにガン診断給付金も1度しか支払われませんでした。

最近のがん保険は優れものである

ところが最新のガン保険では、早期、初期のガンも保険金、給付金の支払い対象となります。ガン診断給付金も前回の診断から2年経過してから、再び「がん」と診断後に入院すれば、複数回の給付金を受け取れる商品が登場しています。

そもそもガン保険は、不治の病といわれた頃には大変な額の治療費がかかるため、入院無制限の保障が主契約になっていたもの。ところが最近では、ガン保険はあまり売れなくなっています。

なぜなら、入院保険に特約としてガン診断給付金特約などをつけることができるようになってきたからです。そのためガン保険が単独で売られることは少なくなっています。


6

昔の「がん保険」に入っているなら、今すぐ見直しを

マネートーク!編集部

もしあなたが、昔の古いガン保険に入っていて、これまでに一度、ガンと診断されて給付金を受け取っているとしましょう。そして、その後も保険料を支払い続けていたとしたら、2度めのガン診断を受けた時には、「給付金が支払われないことがある」ので注意しなければなりません。

あるいは、医療技術の進化により、以前は見つかりにくかった早期、初期のガンが見つかったのに、古いガン保険では支払い対象にならないこともあります。

古いがん保険をほったらかしにしない!

結論、まだガンにかかっていないのなら、そうした古いタイプのガン保険は早めに見直すことをお勧めします。 新たにガン保険に入るときは、加入から90日間の待機期間というものがあり、この間にガンと診断された場合には給付金がでません。そのため、見直しは早めに行うべきです。


再発のリスクを考えると、「がん保険」は検討しておきたいところ。男性は年齢が上がるについてがんの発症率が高くなるそうですが、女性は若くから女性特有の箇所にがんが見つかるケースも考えられます。
特に女性は早いうちから、がん保険の加入を検討されることをお勧めします。

財テク・節約 #がん保険

マネートークを読もう!

関連記事
生命保険見直しポイント(8):あなたが契約しているかも知れない「ダメな保険」を見直す

生命保険見直しポイント第8回は、多くの方が契約している型決めプ…

1,309 views
医療保険の1入院限度日数の選び方|超初心者のための保険講座

医療保険のパンフレットを見ると、1入院限度日数は商品によって大…

533 views
おすすめネット証券比較:マネックス(monex)は手数料が安い?外国株の取扱いが豊富?

今回比較検証するネット証券はマネックス(monex)証券です。…

873 views
おすすめクレジットカード比較:JMBローソンPontaカードVisaのメリットは?

ローソンのポイントカードである「Pontaカード」をお持ちの方…

923 views
生命保険見直しポイント(5):保険会社の型決めプランは保険料が高い

保険見直しのポイントは「必要保障額」を計算した上で、さらにこれ…

665 views
生命保険は本当に必要か?|超初心者のための保険講座

「結婚したから生命保険に入らないと!」なんていう人は周りでよく…

1,053 views
おすすめネット銀行・ネットバンキング比較:ソニー銀行の金利は?ATM引き出し無料?

ソニー銀行は、金利やATM手数料だけでみると、他のネット銀行と…

959 views
代筆した保険契約は保険金が払われない?|超初心者のための保険講座

今回の生命保険選びの基礎知識コーナーは「代筆」してしまった保険…

2,703 views
おすすめネット銀行比較:イオン銀行のメリットは?金利最高ランク?

今回のおすすめネット銀行・ネットバンキング比較は、最近よく見か…

1,369 views
生命保険見直しポイント(1):生涯の必要保障額を考える

「生命保険見直しポイント」について、合計11回の連載をスタート…

914 views
少額短期保険のメリット・デメリットとは?|超初心者のための保険講座

少額短期保険という保険をご存知ですか?一般的な生命保険との違い…

1,415 views
おすすめクレジットカード比較:リクルートカードプラスはリクルートポイント還元率2%

おすすめクレジットカード比較では、今回「リクルートカード」の上…

3,427 views