「保険契約を解約できない」って言われたけど本当?|超初心者のための保険講座

保険契約を解約しようと思って、契約した時の営業担当者に解約の旨を伝えたら、「ちょっと今はできません」と言われた。または、解約の連絡をしてから、「解約の手続き」が完了したのが半年後だった・・・。なんてこと、営業担当者のいる保険会社と契約していれば起こりえるかもしれませんよ。

1

解約されては困るってどういうこと?

マネートーク!編集部

現在加入している保険を解約しようと思って、営業担当者に電話で解約したい旨を伝えたところ、「今、解約されては困るのでもう少し待ってください」と言われました。理由がよくわからないのですが、これってどういうこと?


2

契約の早期消滅率という評価指標

マネートーク!編集部

このように営業担当者が、なぜ解約の申し出をしぶったかというと、自分の営業成績に関わることだからです。

保険の営業担当者の成績を判定する指標の1つに、契約の早期消滅率というのがあります。契約がとれたのはいいけれど、すぐに解約になった場合、基本的には5年以内に契約が消滅した場合には、ペナルティとして営業成績にマイナスがつきます。

このように、契約の継続率で評価されるためにお客様から解約したいという言われても、「もう半年待ってください」と言ってくる営業担当者が少なからずいるようです。


3

直接、保険会社のコールセンターへ

axs-q.com

今、契約している保険を解約する場合は、営業担当者にいうのではなく、直接、保険会社のコールセンターへ連絡するほうが無難です。

そもそも、そんないい加減な保険会社は直ぐに解約した方がいいのですが、営業担当者に「あと半年待ってください。私、給料が下がってしまうんです・・。」なんてお願いに弱い方は特に気をつけましょう。


もし、営業担当者のいる保険会社と契約をする場合、信頼できる方と契約をするようにしましょう。

財テク・節約 #保険契約の解約 #早期消滅率

マネートークを読もう!

関連記事