生命保険見直しポイント(6):保険金額が右肩下がりになる「収入保障保険」がおすすめ

保険見直しポイント(6)では、保険金額が右肩下がりになる「収入保障保険」について解説します。収入保障保険は保険金額が年々下がっていき、一般的な定期保険と比べても保険料が安いプランです。

1

保険見直しポイント①おすすめの保険「収入保障保険」とは

マネートーク!編集部

収入保障保険は、死亡保障を毎月安い保険料で加入できる生命保険です。保障範囲は死亡・高度障害のみで、入院や手術、がんや三大疾病の保障は、すべて特約として付帯されます。

この収入保障という名前は、「保険金が毎月お給料のように支払われる」ところから来ています。もしもの際は、契約期間終了まで、保険会社から保険金が毎月振り込まれます。


2

保険見直しポイント②一般的な定期保険のカタチは四角形

マネートーク!編集部

上の図を参考にしてください。一般的な定期保険は、契約から保険期間の満期まで保険金額が同じです。家庭をお持ちの方は、必要保障額は年々減少していきますが、保険のカタチは四角形を描きます。


3

保険見直しポイント③収入保障保険は右肩下がり

マネートーク!編集部

一方、収入保障保険は右肩下がりのスロープ状になります。これは掛け捨て型の定期保険の1つですが、一般的な定期保険との違いは、保険金額が年々下がっていく点です。

つまり、収入保障保険の保険金額は時間の経過とともに自然と下がっていくため、必要保障額が下がるにしたがって保険を見直す必要がありません。必要保障額の考え方に、ほぼ合致した保険といえるでしょう。

さらに保険料も一般的な定期保険よりも安いケースが多いのが特徴です。


生命保険見直しする上で、必要保障額に合わせたプランを検討することです。
収入保障保険は、必要保障額に沿って年々保険料を減少させることができることが一番のメリットでしょう。
次回は、収入保障保険ともう一つオススメの保険である「逓減定期保険」について紹介します。
⇒ 第7回『保険金額が右肩下がりになるおすすめ保険「逓減定期保険」

連載記事の第1回はこちらへ。

財テク・節約 #保険見直し #医療保険 #収入保障保険 #生命保険

マネートークを読もう!

関連記事