【顔画像あり】落語家、桂小軽ら7人逮捕!相続税約5億円を脱税した疑い

ライオンに襲われた落語家として有名な桂小軽ら7人が、相続税約5億円免れた疑いで逮捕されました。
この落語家の桂小軽とは一体どんな人物なのか、また脱税の手口について詳しく紹介します。

税理士や落語家ら脱税で7人逮捕

judiciary.asahi.com

税務署に虚偽の税申告書を提出するなどし、相続税5億円近くを免れたとして、大阪地検特捜部は22日、相続税法違反と偽造有印私文書行使の疑いで、税理士岩上順(63)=大阪市北区=、不動産管理業高木孝治(73)=大阪府東大阪市=両容疑者ら計7人を逮捕した。

時事ドットコム

大阪地検特捜部は22日、相続税5億円近くを免れたとして、相続税法違反と偽造有印私文書行使の疑いで、税理士の岩上順、不動産管理業の高木孝治、両容疑者ら計7人を逮捕しました。


逮捕者の中には、有名落語家の名前が・・・

さらに、計7人の逮捕者の中には、落語家の桂小軽の名前が!
落語家の桂小軽とは一体どんな人物なのでしょうか?

桂小軽プロフィール

yoshimoto.co.jp

本名 西裏 文雄(にしうら ふみお)
生年月日 1950年12月23日(64歳)
出生地 大阪府大阪市
学歴 関西大学経済学部卒業
職業 落語家
所属 吉本興業(上方落語協会協会員)

桂小軽といえばライオンに襲われた人

1977年2月6日に放送された桂三枝(現・6代桂文枝)司会の『いたずらカメラだ!大成功』の番組でライオンがいる檻の中に何も説明も無いまま放り込まれライオンに襲われ怪我をした事で一躍有名になった。桂小軽はこの時にライオンの前爪で右脇腹を引っかかれ流血したがスタッフは助けたりしないで笑って見ているだけだったという。

wikipedia.org

この桂小軽という人は、ライオンに襲われた人として有名。というか、落語家としては全然有名ではありません。桂三枝という名前より、"ライオンに襲われた人"といった方が顔が出てくる人の方が多いかもしれません。

実はこのライオン事件で、桂小軽の所属する芸団協がテレビ局へ抗議する事態にまで発展したほどだったそう。


逮捕者7人も出た脱税の手口とは

租税特別措置法には、相続した財産を公益性の高い法人に寄付すると相続税が非課税となる特例がある。特捜部は、高木容疑者らがこの制度を利用し、法人を介した脱税を企てたとみて資金の流れを詳しく調べる。

47NEWS

分かりやすく手口を説明すると以下の通り。

逮捕容疑者達は共謀し、不動産管理業の男が2013年に死亡した実兄から約10億5千万円相当の遺産を相続

しかし、「2億円以外は和歌山県内の社会福祉法人に遺贈する」と、うその遺言書を税務署に提出

結果として、相続税約4億9500万円を脱税

租税特別措置法には、「相続した財産を公益性の高い法人に寄付すると相続税が非課税となる」といった特例があり、この制度を利用した脱税とみられています。


この脱税事件の進展があり次第、こちらの記事にアップしていきます。
■12月29日追記
桂小軽が年内にも、自身が所属していた上方落語協会に退会届を提出、受理されることが28日、わかりました。
上方落語協会会長の桂文枝氏が明らかにしています。

気になるお金の話題 #脱税 #落語家 #逮捕

マネートークを読もう!

関連記事