メッシ脱税、禁錮刑22ヶ月を求刑される!父親ホルヘが肖像権収入を租税回避地へ

サッカー、FCバルセロナのリオネル・メッシ選手が脱税の容疑でスペイン検察当局から禁錮22カ月を求刑されました。メッシの父親オルへ氏が肖像権収入を租税回避地へ隠し、脱税を行っていたとみられています。
メッシ脱税の件、一連の騒動をまとめました。

メッシ脱税で22ヶ月の禁錮刑

uefa.com

スペイン検察当局は、サッカーのスペイン1部リーグ、FCバルセロナで活躍するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ選手(28)に対し、脱税容疑で禁錮22カ月を求刑した。

朝日新聞デジタル

スペイン税務局が8日、バルセロナのアルゼンチン代表FWリオネル・メッシに対し、脱税の疑いで22カ月の禁錮刑を求刑したことが明らかになりました。
英メディア「BBC」など各メディアが報じています。


メッシと父親は2013年から容疑に

hatena.com

メッシと父親のホルヘ氏は、2007年から2009年にかけて400万ユーロ(約5億4000万円)以上の脱税を試みた容疑がかけられており、2013年に税務署から告発されていました。

肖像権収入は租税回避地の会社に隠す

メッシと父親のホルヘ氏は2007年から2009年にかけて肖像権収入をベリーズやウルグアイの会社を通して租税回避地の会社に隠して400万ユーロ(約5億4000万円)以上の脱税を試みていました。

肖像権収入はサバデル銀行、ダノン、アディダス、ペプシ・コーラ、プロクター・アンド・ギャンブルなどからもたらされたものとみられています。


メッシ、管理はすべてに父親に

geki.jp

この件でメッシは、経営管理をすべて父親のホルヘ氏に任せていると主張しています。
昨年6月、検察官は審理対象をホルヘ氏に絞ることを訴えていましたが、裁判官によって棄却されているようです。

メッシ脱税まとめ

・スペイン税務局がメッシに対し、脱税の疑いで22カ月の禁錮刑を求刑
・2007年から2009年にかけて肖像権収入を租税回避地に隠した疑い
・メッシは、経営管理をすべて父親のホルヘ氏に任せていると主張している

ネット上の反応は

メッシへの禁錮刑求刑に対して、世間は驚きの声が隠せません。


本件に関して、引き続き情報が入り次第更新していきます。

スポーツ #サッカー #リオネル・メッシ #脱税

マネートークを読もう!

関連記事