侍ジャパン、「プレミア12」と「WBC」の違いとは?

8日から開催する野球の国際大会「プレミア12」。「プレミア12」とは世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する大会ですが、ワールド・ベースボール・クラシック(通称:WBC)とどこが違うのでしょうか?

「プレミア12」と「WBC」の違いとは

japan-baseball.jp

11月8日に開幕する野球の国際大会「プレミア12」。
この「プレミア12」とは、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が主催する大会ですが、野球の国際大会といえば、イチロー率いる日本が2連覇を成し遂げた「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」が有名です。

一体、「プレミア12」と「WBC」二つはどのような違いがあるのでしょうか。


「プレミア12」と「WBC」は主催者が違う

blogs.yahoo.co.jp

まずは二つは主催者が違います。
「プレミア12」は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)ですが、WBCは米メジャーリーグを運営するMLB機構とその選手会で設立された「WBCI」。

このため、プレミア12にはメジャーリーガーが基本的に参加しない方針となっています。


球数制限などのルールが違う

baseball king.com

ルール面では、WBCで適用されていた「球数制限などのWBC特別ルール」はWBSCにはありません。
WBCが規定する特別ルールはかなり細かいのですが、代表的なものを挙げると、1次リーグ65球、2次リーグ80球、準決勝以降95球といった投手一人あたりが投げられる回数や、登板間隔制限(50球以上投げたら中4日空ける)などが挙げられます。

WBSCは「国全体の野球力」が試される!?

U12、U15、U18、U21、トップが出場するWBSC主催大会やWBSCの認定を受けた国際試合の結果を成績に応じてポイント化し、その上位12ヵ国に出場権が付与される、国全体の野球力(野球国力)No.1決定戦です。今回は記念すべき第1回大会となります。

侍ジャパンオフィシャルサイト

WBSCは、U12からトップチームまで、全世代の獲得したポイントで出場チームが決定されます。
「国全体の野球力(野球国力)No.1決定戦」とされています。


侍ジャパン「プレミア12」の初戦は、11月8日(日)の韓国戦。メジャーリーガーの参加はありませんが、日本プロ野球から一流選手が集う戦いを見逃せません。

スポーツ #侍ジャパン #野球

マネートークを読もう!

関連記事