【画像あり】フィギュア本田真凛ってどんな女の子?世界ジュニア優勝で「浅田真央以来のスター」の声

女優・本田望結(ほんだみゆ)さんの姉、フィギュアスケートの本田真凛(ほんだまりん)さんが、ハンガリーで行われた世界ジュニア選手権で優勝。各方面から「次世代のスター誕生」との声が挙がっています。
こちらでは、本田真凛さんのプロフィールや、インスタグラムで公開されている貴重な私服姿などのプライデート写真などをまとめています。

本田真凛選手が世界ジュニアを制覇!

47news.jp

ハンガリーで開かれたフィギュアスケートのジュニアの世界選手権女子シングルで、中学2年生の本田真凛選手が日本選手で7人目となる優勝を果たしました。

NHKニュース

フィギュアスケートの世界ジュニア選手権は19日に女子フリーが行われ、SP2位の本田真凜さんが自己ベストを更新する126.87点をマーク。
合計でも自己ベストを10点以上更新する192.98点を出して初優勝を飾りました。


世界ジュニア優勝の演技はこちら

本田真凜さんは冒頭の連続3回ジャンプを決めると最後まで安定した演技を披露。
フィニッシュ後にはガッツポーズを見せ、観客からの大きな拍手に応えていました。

世界ジュニアで日本女子の優勝は、2010年の村上佳菜子以来6年ぶり7回目となります。


本田真凜ってどんな女の子?

sankei.com

本田 真凜(ほんだ まりん)
生年月日 2001年8月21日
出生地 京都府京都市
身長 156 cm 
体重 42 kg
血液型 A型
コーチ 濱田美栄、田村岳斗
学校 関西大学中等部
所属クラブ 関西大学中・高スケート部

本田真凜(ほんだまりん)さんは、京都府京都市出身の5人兄弟の3番目で、兄と姉、そして2人の妹がいるほどの大家族育ち。妹には、女優の本田望結さんがいるのは有名。

元スケート選手の父・本田竜一氏の影響により、2才のときにスケートを始め、憧れの選手は荒川静香氏。

2012年の全日本ノービス選手権(ノービスB)で当時の歴代最高得点をマークして優勝、翌年のトリグラフ杯ではノービスクラスの国際大会でも優勝(当時11歳)。
子役として全国区となった妹の存在もあり、本田真凜さんは一躍注目を集めます。

本田真凜さんはその実力だけでなく、小顔で端正な顔つき、長い手足、モデル並みの美しいスタイルから、そのスター性は抜群。
初出場となった全日本選手権(2015年12月)のテレビ中継では、本田真凛さんがスケートリンクに登場するとTwitter上で「可愛い!」「中学生とは思えない美しさ」などの絶賛のコメントが多数あがっていました。

本田真凛さんはインスタやってます

本田真凛さんはInstagramを更新しており、リンク上では見られない素顔の一面を覗くことができます。こちらは、羽生結弦さんとの貴重なツーショット。

妹で女優の望結さんとのツーショット。

貴重なプライデート動画までアップされています。
フィギュアスケートの演技を見て、「本田真凛さんを応援したい!」と思われた方はフォローしましょう。


世界ジュニア優勝に「スーパースター」の声

本田真凛さんの世界ジュニア優勝のニュースを受けて、「浅田真央選手以来のスター誕生」の呼び声が集まっています。
実力だけでなく、中学生とは思えないほどの美しい容姿・・・
"天は二物を与えず"なんてことわざ嘘ですよね。


これからもスーパースター・本田真凛さんの活躍に目が離せません。新しい情報があり次第、こちらにアップしていきます。

スポーツ #フィギュアスケート #本田真凜

マネートークを読もう!

関連記事