【魚拓あり】削除済ブログ「吉田沙保里を破ったアメリカ人(マルーリス選手)の感動エピソードはデマ」ってどんな内容だった?

女子レスリングで吉田沙保里選手を破って金メダルを獲得したアメリカ代表のヘレン・マルーリス選手について、「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」というタイトルのブログ記事が拡散され話題になりました。が、後に感動エピソードのソース元が判明し、ネットメディア「ねとらぼ」が「"吉田沙保里感動エピソードはデマ"はデマ」という記事で著者を批判しています。
こちらでは、デマと主張していた削除済みブログ記事の魚拓&全文とネット上の反応をまとめています。

「吉田沙保里感動エピソードはデマ」ってどんな内容だった?

リオ五輪・女子レスリング53キロ級で金メダルを獲得したアメリカ代表のヘレン・マルーリス選手について、「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」というタイトルのブログ記事が公開され拡散されていました。

ねとらぼ

女子レスリング53キロ級で金メダルに輝いたヘレン・マルーリス選手。
そのマルーリス選手が、"憧れの存在"である吉田選手を破りついに金メダルを獲得したという感動エピソードに対し、「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」というタイトルのブログがネット上で拡散され、話題となっていました。

しかし、この感動エピソードはデマではなく事実であることが判明した途端、デマと主張していたブログ自体が非公開となり、該当ページは「お探しのページは見つかりませんでした。」という表示に。

一体、「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」という記事はどんな内容だったのでしょうか。


「感動エピソードはデマ」記事全文

s0banya.hatenablog.com

吉田沙保里を倒したアメリカ選手のヘレン・マルーリスが「12歳の時にアテネ五輪で吉田沙保里選手を見て、レスリングをやめさせようとする両親を説得し続けることができた」という話がシェアされまくって感動をよんでいる。

が、このソースはどこにも見つからない。海外サイトのエピソードにも全く載っていない。確認できるのは、マルーリスが「兄の影響で7歳のときにレスリングを始めたこと」、「親がずっと支えてくれたこと」だ。マルーリスは24歳なので、7歳のときというのは吉田が世界チャンピオンになるはるか前のこと。

この感動話は@tuscanblue2015による創作だろう。この手のソースを示さない話は大体デマだと思っていい。

こんな話を創作してデマを流したり、この手のデマを喜んで信じ拡散してしまう行為は、吉田沙保里、そして日本が負けたことをなるべく美談にすることで自分たちの自尊心を保とうとする哀れな心理が表出しているからだ。

世の中、自信のない人間が本当に多いモノだ。裏を返せば、自信のない人間の自尊心をくすぐるデマをつくればビジネスに活かせるってことだ。

ちなみにマルーリスが試合後に「吉田と戦えて光栄」と言ったのは事実。「12歳の時にアテネ五輪で吉田沙保里選手を見て〜」というのがデマってことね。

あとさっき確認したらデマ発信元の@tuscanblue2015は俺が指摘したあとに当該ツイートを削除していた。

参照:http://s0banya.hatenablog.com/entry/2016/08/19/105757より

ネットにソースがない情報は大体デマという主張

この感動話は@tuscanblue2015による創作だろう。この手のソースを示さない話は大体デマだと思っていい。

覚悟のススメ

このブログを削除した『s0banya』さんの主張は、「ネット上にソースのない情報はデマ」「(吉田沙保里の感動エピソードによって)日本が負けたことをなるべく美談にすることで自尊心を保とうとする哀れな心理」「(デマ発信元は)俺が指摘したあとに当該ツイートを削除した」というもの。

これに対し、デマ発信元とされている(@tuscanblue2015)さんは、Twitter上にて・・・

吉田沙保里の感動エピソードは、NHKの実況を担当したアナウンサーが語っていたものとコメント。また、昼の情報番組『ゴゴスマ(TBS系)』でも、この感動エピソードを紹介。ソースは、マルーリス選手への取材を元に紹介されたエピソードとのこと。

「清原は日本の保守的社会に殺された革命家」との指摘も

清原がクスリに走ってしまった原因にはいろんなものがあるんだろうけど、その一つは日本のクソ保守的な慣習のせいだと思ってる。

なお、「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」というタイトルの記事を削除した方は、以前に「清原は日本の保守的社会に殺された革命家」とのタイトル記事を更新されています。


「ネットに無い情報はデマ」が怖いという意見も

「事の真偽より、「ネットに無い情報はデマ」が受け入れられる土壌があるのが恐怖。」
「ネットにソースがないからデマ、ってのに引っかかる。現地現物主義と相反する典型的な例かと。」
「ネット弁慶かよ 」

ねとらぼが配信した記事、『「吉田沙保里を破ったアメリカ人の感動エピソードはデマ」はデマ テレビでNHKの実況が紹介していた』に対して、ネット上では「ネットに無い情報はデマ」と受け入れられる土壌が恐怖というコメントや、「ネット弁慶かよ」というコメントも。

一方では、「この様にソースがきちんと示されたら、暫定的に信じれば良いけど、無名の人のTwitterレベルでは信じないというのはリテラシーとしては正しい。」と、"デマ"ブログを更新した著者の見解に一定の理解を示すコメントも支持されているようです。


スポーツ #リオオリンピック #吉田沙保里

マネートークを読もう!

関連記事