傷害事件で逮捕、ボクシング元日本王者の大曲輝斉とは?チャンピオンになってもスーパー店員だった過去・・・

ボクシング元日本チャンピオンの大曲輝斉(おおまがりてるよし)がペルー人の知人を殴ったとして逮捕されました。大曲輝斉のプロフィールや、生粋のカウンターパンチャーだったことが分かる動画や、逮捕のニュースを受けてのネット上の反応をまとめています。

ボクシングの元日本チャンピオンが逮捕

tbs.co.jp

東京・JR池袋駅前の公園で知人の男性を素手で殴るなどして大けがをさせたとして、ボクシングの元日本チャンピオンの男らが警視庁に逮捕されました。

JNN

JR池袋駅前の公園で、知人のペルー国籍の男性に暴行を振るったとして、元ボクシング日本チャンピオンの大曲輝斉容疑者が逮捕されました。

「相手がいきなり殴りかかってきたので、とっさに手が出てしまった」

JNN

かつてプロボクサーだった時の強烈なカウンターを彷彿させるような証言をしている大曲容疑者。一体、どんなボクサーだったのでしょうか?


元日本チャンピオン・大曲輝斉とは

space.rakuten.co.jp

大曲 輝斉(おおまがり てるよし)
誕生日 1974年10月15日(41歳)
出身地 宮崎県西諸県郡
職業 元プロボクサー
階級 ウェルター級

暴行の容疑で逮捕された大曲輝斉(おおまがりてるよし)は、ボクシングの元日本ウェルター級チャンピオン。
1993年4月6日、プロデビューするも敗北したが、2005年9月23日、湯場忠志の持つ日本ウェルター級王座に挑戦し、わずか1R40秒KO勝利で王座を獲得。
現役時代の成績は、総試合数25、勝ち18、敗け4、引き分け3。

exblog.jp

こちらが日本ウェルター級タイトルマッチのポスターに写る大曲輝斉容疑者。
大曲容疑者は、勝ち数18に対して17KOを奪うなど、ハードパンチャーとして活躍。「和製マイクタイソン」と呼ばれていた。

大曲は生粋のカウンターパンチャー!?

こちらは「ボクシング・グランプリ2007」にてメキシコ人ボクサーであるアレハンドロ・ガルシアとの一戦。
動画をスタートしたちょうご13分経過したところで、大曲輝斉が強烈なカウンターパンチを繰り出しています。

ここで改めて、暴行事件で逮捕された大曲輝斉の証言を振り返ると・・・

「相手がいきなり殴りかかってきたので、とっさに手が出てしまった」

まさにこのシーン・・・

今回、ペルー人男性にカウンターパンチを繰り出した結果、逮捕された元日本チャンピオン。現役時代のカウンターパンチが脳裏に蘇ってたのでしょうか。


ネット上では「正当防衛では?」との声

元日本チャンピオン、大曲輝斉逮捕のニュースを受けてネット上では、「正当防衛は成立しないの?」と疑問の声が上がる一方・・・

顔を素手で殴ったり頭を踏みつけたりして、鼻の骨を折るなど全治3週間の大けがをさせた

JNN

とっさのカウンターパンチだったのかは分かりませんが、その強烈な一発を御見舞した後に、頭を踏みつけるという行為も。

元プロボクサーのプライドが邪魔したのか・・・

その他、ネット上の反応
「足で踏むのは反則だな。。。」
「その反応で顔を踏みつけるって。」
「どっちが悪いか分からんけど、どう考えてもやり過ぎ。」

Yahoo!ニュースでは、大曲容疑者を擁護するコメントが書き込まれる一方、「足で踏むのは反則」「やり過ぎ」という意見も。

現役時代はスーパーで働いてて、引退後どうしたものかと思ったら、思わぬところで見かけるとは。

Yahoo!ニュース・コメント

日本チャンピオンになっても、ボクシング一本で食っていくことができなかった様子の大曲輝斉。ボクシングファンとしてはショッキングな事件となってしまいました。


スポーツ #ボクシング #逮捕

マネートークを読もう!

関連記事