満島ひかりの元夫・石井裕也氏が相楽樹とできちゃった結婚、前妻との離婚原因は嫁の不倫だった?

UPDATE:2018-6-21
970 views
満島ひかりの元夫であり、著名映画監督の石井裕也氏が、壇蜜似の女優・相楽樹(したらいつき)と再婚を発表。嫁はすでに妊娠しており、年内に出産予定ということもあって、ネットからは「満島ひかりとの子どもできなかったからって早すぎ!」「子どもほしかったんだろな」などのコメント。
石井裕也監督のプロフィールや、満島ひかりとの結婚⇒離婚の原因についてもまとめています。

満島ひかりの元夫・石井裕也氏が相楽樹と“できちゃった結婚”

相楽樹

相楽樹オフィシャルブログより

NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」(16年)でヒロインの妹・鞠子役を演じた女優の相楽樹(いつき、23)が、映画「舟を編む」(13年)の石井裕也監督(35)と結婚していたことが20日、スポーツ報知の取材で分かった。

スポーツ報知

女優の相楽樹(いつき、23)と、著名映画監督・石井裕也ができちゃった結婚を発表。石井裕也といえば、女優・満島ひかりと2年前に離婚をしていたばかりということもあり、ネットからは驚きの声が挙がっています。


石井裕也監督とは

oricon.co.jp

石井 裕也(いしい ゆうや)
生年月日 1983年6月21日(32歳)
出生地 埼玉県
出生地 大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業
職業 映画監督
代表作 舟を編む
活動期間 2005年 -
事務所 ブレス・チャベス

映画監督の石井裕也氏は、大阪芸術大学芸術学部映像学科卒業、日本大学大学院芸術学研究科映像芸術専攻修士課程修了。
2005年『剥き出しにっぽん』を大阪芸術大学の卒業制作として監督、第24回そつせい祭グランプリを受賞する。その後2007年、第29回ぴあフィルムフェスティバルにおいても、同作はグランプリを受賞。

2013年9月、『舟を編む』(同年4月公開)が史上最年少(30歳)で第86回アカデミー賞外国語映画部門日本代表作品に選出され、自身の代表作に。
同作では、第37回日本アカデミー賞最優秀作品賞や最優秀監督賞、芸術選奨新人賞(映画部門)など国内の映画賞も多数受賞している。

記憶に残るCM作品も手がける多彩ぶり

石原さとみが出演、2015年1月からスタートしたマイナビ転職のCMですが、実は石井裕也監督の作品。

満島ひかりとはいつ結婚した?

映画『川の底からこんにちは』で主演女優と監督という関係で昨年出会い、1年ほどの交際期間を経てめでたくゴールイン。

beauty.oricon.co.jp

満島ひかりと石井裕也監督は、出会いのきっかけとなった映画「川の底からこんにちは」の公開から5ヶ月後にあたる2010年の10月25日に、電撃入籍したことを発表。


満島ひかりとの離婚原因は、妻の不倫?との憶測も

満島ひかりの彼氏 / miccheck121212.com

小雨がぱらつく、5月上旬のある夜。走り去る車に手を振り見送った満島ひかり(30)と永山絢斗(けんと、27)。人気の女優と俳優は、人目を気にするように別々にマンションの中へ消えていった。

女性自身

極秘で石井裕也氏と離婚していたことが明らかになったタイミングで、瑛太の弟で、俳優の永山絢斗との熱愛がスクープされた満島ひかりさん。

「離婚と熱愛発覚」が同時期に重なったことから、ネット上からは「満島ひかりの離婚は不倫だったの?」との憶測が殺到。

石井裕也監督は子どもが欲しかった

10年に映画監督石井裕也氏(30)と結婚した満島は、自身の子作りについて
「考えてはいますね。でも授かり物なので…。あ、このことをニュースにしないで下さいね!映画のことを書いて下さい」と必死にPRしていた。

ebi-trend.com

石井裕也監督は過去のインタビューにて、子どもについては「考えてはいますね。」と子育てに前向きな発言をしていましたが、結婚して5年経過後も、子どもができなかった二人。
離婚の原因は、満島ひかりの不倫という憶測も流れる中、本当の理由は望んでいた子どもができなかったことにあると一部報じられています。

複数の関係者によると、2人は共通の知人を介して知り合い、程なくして交際に発展。6月上旬までに婚姻届を提出したという。相楽は妊娠しており、すでに安定期に入っている。

スポーツ報知

石井裕也監督の再婚相手・相楽樹はすでに妊娠しており、年内に出産予定とのこと。

できちゃった結婚の裏には、前妻・満島ひかりとの離婚原因とも関係しているのかもしれません。

いま注目の記事