【チケット購入URL有】嵐ドームツアー2015「Japonism」、一般販売の「予定枚数終了」にファン落胆の声

UPDATE:2015-10-24
嵐ドームツアー2015「Japonism」の一般販売の受付が終了してしまいました!「予定枚数終了」の音声に落胆した方多いのではないでしょうか?嵐のチケット一般販売終了後、各地で巻き起こった様々な感情をまとめてみました。
また、改めて今回のドームツアーの概要や、一般販売終了後のチケット購入方法など紹介しています。

嵐ドームツアー、一般販売で明暗が分かれる

searchranking.yahoo.co.jp

嵐ドームツアー2015「Japonism」、一般販売の申込みに全力を尽くされた皆様お疲れ様でした。
10月24日10:00から、嵐ドームツアーの申込み電話受付がスタート、ファンの方が一斉に受話器に魂を込めて何度も何度もダイヤルを・・・

当然ながら、「嵐の一般販売いけた!」という方と、「予定枚数終了の音声が・・・」という方の明暗が分かれ、一般販売電話受付終了後から、Twitterは大盛り上がり。
Yahoo!のリアルタイムつぶやきワードには「予定枚数終了」が急上昇1位となっています。


嵐ファンの歓喜、怒り、悲壮感など・・・

嵐ドームツアーの一般販売受付終了後のファンの方の心の叫びをまとめてみました。

驚きの声

嵐のドームツアーは、ナゴヤドーム、札幌ドーム、大阪ドーム(京セラドーム大阪)、福岡ドーム(福岡 ヤフオク!ドーム)、東京ドームと5大ドームツアーだったのですが、そのすべてが1分足らずで売り切れたという情報が。
嵐がいる限り、日本にもっとドームを作る必要がありそうです・・・。

歓喜の声

一般販売チケットがとれた方は、それはもう最高ですよね!
これ、電話が繋がるのって何千、何万回に1回くらいの確率なのではないでしょうか。

怒りの声

今回、一般販売の電話に全力を尽くされた方の大半は、ファンクラブチケット枠で落選して、一般販売に賭けてきた方。しかし、一方では興味本位で電話をした人や、特にファンでもない方が参戦しているのも事実。
意外にも、そんな方がチケット購入できてしまったりしているため、ファンの方から怒りの声が。

さらには、ファンクラブ向けのチケット枠に対する怒りも。確かに嵐のファンクラブ数から考えて、一般販売数を減らして、ファンクラブ枠を拡大したほうが良さそう。
ファンクラブは年会費を払っているので、もう1回抽選するなどの考慮も見られてもいいのかもしれませんね。

一方、ファンクラブ内で大半のチケットを独占してしまうと「独占禁止法に抵触する」という意見も・・・・。

悲しみの声

一般販売の受付スタートから200回以上かけても繋がらない・・・
大半のファンの皆さんが共感するのはこの感情ですよね。日本一倍率が高い嵐のドームツアーのチケット・・・割り切るしかありません・・・

一方、矛盾が?

多くのツイートでは、1分ですべて売り切れたという声も聞かれましたが、デマだったのでしょうか?意外にも、受付開始5分を超えたあたりで「繋がった!」という方の声も多く聞かれました。


「ARASHI LIVE TOUR 2015 Japonism」概要

twitter.com

ナゴヤドーム
11月6日(金)18:00
11月7日(土)18:00
11月8日(日)16:00

札幌ドーム
11月13日(金)18:00
11月14日(土)18:00
11月15日(日)16:00

大阪ドーム(京セラドーム大阪)
11月26日(木)18:00
11月27日(金)18:00
11月28日(土)18:00
11月29日(日)16:00

福岡ドーム(福岡 ヤフオク!ドーム)
12月17日(木)18:00
12月18日(金)18:00
12月19日(土)16:00

東京ドーム
12月23日(水・祝)18:00
12月24日(木)18:00
12月26日(土)18:00
12月27日(日)18:00
*12月25日(金)の公演はありません。

●料金(全席指定・税込)
9000円

詳しくはジャニーズ公式サイトにてご確認下さい。

ドームツアーのチケットをどうしても入手したい方

嵐ドームツアー2015「Japonism」のチケットは、チケットキャンプにて購入することも可能です。
https://ticketcamp.net/arashi-tickets/


11/6(金)~12月27日(日)まで、全17公演で約752,000人を動員する日本最強のドームツアー。今回チケットを入手できなかったとしても、ネットでチケットを譲ってもらったり、どうにかして参戦しないと2015年終われませんね!

Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

新着記事

アクセスランキング

おすすめ記事