センテンススプリングってどういう意味!?ベッキー&ゲス川谷への週刊文春LINE追撃流出が痛すぎる・・・

UPDATE:2016-10-6
21日の朝から日本中を駆けまわった『センテンススプリング』という言葉。
ベッキーとゲスの極み乙女。ボーカルの川谷絵音(かわたにえのん)のLINEのやり取りから生まれた言葉なのですが、一体どういう意味なのでしょうか?
こちらでは、週刊文春が新たに暴露したLINE画像や、ベッキーの謝罪会見前のLINEやり取り全文をまとめています。
■4月27日追記
ベッキーから週刊文春に直筆手紙が渡されたことが明らかになりました。ベッキーが書いた手紙の内容については、記事の最後に紹介先を追記しています。

謎の言葉、センテンススプリングとは

search.yahoo.co.jp

21日7時現在、Yahoo!のリアルタイムランキングで1位となっている「センテンススプリング」という言葉。

「センテンススプリングって何!?」と気になって検索されている方も多いかもしれませんが、一体このワードはどういう意味なのでしょうか?


ベッキー&ゲス川谷がまだまだやらかしていた・・・

livedoor.blogimg.jp

不倫疑惑の渦中にあるタレントベッキー(31)と人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル、川谷絵音(27)について、21日発売の「週刊文春」が、交際報道を感謝する2人のやりとりとみられるLINEの画面を掲載した。

スポーツ報知

やはり、週刊文春追撃は続いていたのでした・・・

不倫愛発覚で世間を騒がせ続けているベッキーとベスの極み乙女。の川谷絵音のLINEのやり取りがまだ残っていました。

そのLINEのやりとりは、ベッキーが会見で不倫関係を否定する前日、5日のこと。

報道によって離婚話が加速するとの予測から、川谷が「逆に堂々とできるキッカケになるかも」とつづると、ベッキーが「ありがとう文春!」と返信しています。

さらにベッキーは「オフィシャルになるだけ!」「不倫じゃありません!」などと書き込んでいるなど、半端なく痛い内容となっています。


週刊文春に掲載された会見前日LINEやりとり全文

※クリックで拡大

■会見前1月5日のLINE
ベッキー「友達で押し通す予定!笑」
川谷「逆に堂々とできるキッカケになるかも」
ベッキー「私はそう思ってるよ」
川谷「よし!」
ベッキー「そうとしか思えない」
川谷「ありがとう文春!」
ベッキー「オフィシャルになるだけ!ありがとう文春!」
川谷「感謝しよう!」
ベッキー「うん!」「それに不倫じゃありません!」
川谷「うん!」
ベッキー「略奪でもありません!」
川谷「うん!」
ベッキー「センテンス スプリング!
川谷「長崎手繋ぎデート」
ベッキー「長崎不倫旅行」
ベッキー「天才だね!文春!」

■会見後1月6日のLINE
ベッキー「楽しい春と夏になるよ」
川谷「遠恋と思って過ごす」
ベッキー「えんれん」

結局、センテンススプリングって何!?

結局センテンススプリングとは、

センテンス⇒文
スプリング⇒春

と、リークされた週刊文春のことを指して放ったベッキーの言葉。
"卒論"に続き、"センテンススプリング"流行りそうですね・・・

やはり、ネット上の皆様も同じことを思っている模様。ベッキーの言葉選びは天才的です。


掲載2日で100万PVを記録したベッキー&ゲス川谷絵音の不倫騒動について、改めてはこちらの記事にてご確認下さい。
【画像あり】ベッキーが”ゲスの極み乙女”川谷絵音と略奪愛&結婚へ・・・入手されたLINEのやり取りとは
■4月27日追記
ベッキー不倫騒動後、週刊文春に直筆手紙が渡されたことが明らかになりました。手紙の内容についてはこちらで紹介しています。
【詳細まとめ】ベッキーが週刊文春に宛てた直筆手紙の内容とは?ゲス川谷とは"友人関係"と嘘を付いたことの後悔も・・・
■5月14日追記
5月13日放送の金スマにて、ベッキーが休業から復帰し、不倫騒動の真相について本音で語っています。その映像についてはこちらをご覧下さい。
【動画あり】ベッキーが”金スマ”で復帰!川谷絵音への未練、LINE流出すべて語った!
■8月29日追記
ベッキーとの不倫騒動の末、離婚したゲスの極み乙女。の川谷絵音が、20代前半の美女を自宅マンションにお持ち帰りしているところを週刊誌に直撃されました。
■9月28日追記
ベッキーとの不倫騒動後、妻と離婚したばかりの川谷絵音が、19歳タレントと半同棲中であると週刊文春がスクープしました。新恋人についてはこちらに詳細をまとめています。
【画像あり】ゲス川谷絵音の新彼女、ほのかりんってどんな人?文集砲でTwitter即削除・・・

Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

新着記事

アクセスランキング

おすすめ記事