【画像あり】鳥越俊太郎の妻、博子夫人ってどんな人?文春砲の”女性問題”も全面的に応援

UPDATE:2016-7-22
週刊文春が報じた女性問題に「記事内容は一切、事実無根だ」と否定した鳥越俊太郎(とりごえしゅんたろう)氏。そんな嵐のような都知事選を陰で支える鳥越氏の妻、博子夫人は周囲からベタ褒めされるほどの良妻なんだとか。
こちらでは、鳥越俊太郎氏の妻の顔写真や、娘のプロフィールなど、家庭環境を主に紹介しています。

鳥越俊太郎氏の“箱入り妻”とは

iza.ne.jp

東京都知事選(31日投開票)に立候補しているジャーナリスト、鳥越俊太郎氏(76)=民進、共産、社民、生活推薦=は21日午前、民進党都連の選挙対策に関する会議に出席し、週刊誌に「『女子大生淫行』疑惑」と題する自身の記事が掲載されたことについて「記事内容は一切、事実無根だ」と否定した。

産経新聞

東京都知事選に立候補しているジャーナリスト、鳥越俊太郎氏が週刊文春に「『女子大生淫行』疑惑」と題する自身の記事が掲載されたことで、鳥越陣営に逆風が吹き荒れています。

一方、鳥越俊太郎氏の女性問題とテレビなどで報じられていることから、「鳥越俊太郎さんって結婚してたっけ?」「奥さんはどんな方?」と疑問が沸くところ。

がんを4度も経験し、76際にして都知事選に立候補をした夫を支える鳥越俊太郎氏の奥様とはどんな人物なのでしょうか?


鳥越俊太郎プロフィール

wikimedia.org

鳥越 俊太郎(とりごえ しゅんたろう)
生誕 1940年3月13日(76歳)
出身地 福岡県浮羽郡吉井町
学歴 京都大学卒業
職業 テレビタレント、ジャーナリスト
代表経歴 『ザ・スクープ』(ANN系)司会(1989年 - )、『オーマイニュース』日本語版編集長(2006年 - 2007年)

鳥越 俊太郎(とりごえ しゅんたろう)は、久留米大学附設高等学校、京都大学出身。
大学卒業後、1965年に毎日新聞社に入社、1988年に「サンデー毎日」編集長に就任、1988年10月から、テレビ朝日『ザ・スクープ』の司会も務めたジャーナリスト。

鳥越俊太郎氏は、鳥越製粉の創業者・鳥越彦三郎の曾孫。

鳥越俊太郎氏の妻・博子夫人とは

twitter.com

こちらが鳥越俊太郎氏の妻である博子夫人。
鳥越俊太郎氏は、1968年10月に「お見合い」で博子夫人と知り合い結婚。都知事選に出馬した時点で二人は結婚47年目。

これまで鳥越氏は、博子夫人をほとんどメディアに出したことがなく、周囲からはとっておきの“箱入り妻”と言われており、目立たず、自己主張をあまりせず、夫を陰で支える美しい人との評判も。

鳥越俊太郎氏が都知事選に出馬するという意思を妻の博子夫人に伝えたときのエピソードが週刊誌に掲載されており・・・

「奥さんは立派な人。今回、夫の体を心配した奥さんは『出馬はやめて』と大反対したそうです。でも鳥越さんが出馬を決意すると、奥さんは『あなたが決めたのなら、全面的に応援します』と。

女性自身

博子夫人は鳥越俊太郎氏の体を心配し、都知事選への出馬を大反対したそうですが、最終的には夫が"決めたことなら"と全力で応援する度量の広い妻なんだそう。

娘はシャンソン歌手?

newslounge.net

鳥越俊太郎氏の娘は、ラジオパーソナリティ、シャンソン歌手としても活躍する鳥越さやかさん(43歳)。
大学卒業後にフランス・イタリアに語学・演劇留学したこともあり、複数カ国の外国語が堪能なんだとか。


著名人から手荒いバッシングも・・・

橋下徹氏は、「鳥越さん あれだけ報道の自由を叫んでいたのに自分のことになったらちょっとケツの穴が小さくないか?」とのツイートを投稿。

また、高須クリニックの高須克弥は、「鳥越俊太郎=認知症」というコメントを多数投稿。

ベストセラー作家の百田尚樹氏に至っては、「利益供与」という指摘も・・・。


著名人から鳥越バッシングが吹き荒れる昨今。
真偽がどうであれ、女性問題が報じられたとしても鳥越俊太郎氏の妻なら広い度量で背中を押してくれるのでしょう・・・

Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

新着記事

アクセスランキング

おすすめ記事