いしだ壱成の相手・飯村貴子さん、個人撮影会の黒歴史&微妙なルックスに「不倫は売名?」との声

UPDATE:2017-11-15
いしだ壱成の新恋人と報じられた舞台女優の飯村貴子(いいむらたかこ)さん。数年前から女優としての意気込みや個人撮影会に参加するなど、売れるための懸命なアピールが目立ち、ネット上では「不倫は文化じゃなく、売名でしょ?」の意見も。
飯村貴子さんのプロフィールや、ツイッターにアップされている個人撮影会の写真などまとめています。

いしだ壱成の離婚原因は、未成年との不倫が原因だった...

その離婚劇の裏で、壱成が未成年の共演女優と交際しているという目撃情報が。相手は飯村貴子(19)。今年5月、壱成主演の舞台「午前5時47分の時計台」で共演している舞台女優だ。

週刊文春

離婚を発表したばかりの俳優・いしだ壱成ですが、先日出演したバラエティ番組で「細かいルーチンを妻に強要していた」と告白していましたが、そんな状況も急転直下。

離婚の裏では当時18歳だった未成年の女優と不倫関係に陥ったことが原因だったとみられています。


いしだ壱成の相手・飯村貴子ってどんな人?

笑った顔の飯村貴子

twitter.com

飯村 貴子(いいむら たかこ)
生年月日 1998年10月7日
年齢 19歳
職業 舞台女優
所属事務所 放映新社(2004~2010年)、エーライツ(2010〜現在)
活動開始 2004年(6歳から芸能活動スタート)

■ブログ&SNS
ブログ:飯村たかこのブログ
ツイッター:@Taka33Shizu
■出演作品
青春ラプソディ。~ときめき夢少女(DVD/2011)
午前5時47分の時計台(舞台/2017)
いしだ壱成主演舞台のポスター

twitter.com

いしだ壱成のお相手は、飯村貴子(いいむらたかこ)という未成年の舞台女優。
いしだ壱成とは、今年5月共演の舞台『午前5時47分の時計台』をきっかけに不倫関係がスタート。現在は半同棲中。

飯村貴子は6歳から芸能活動をスタートしているものの、女優としてはまったくの無名。

2010年からは大手芸能事務所『エーライツ』に移籍、飯村貴子はツイッターなどでも「自分の笑顔で人を幸せにすること」など、意気込みを頻繁につぶやくなど女優としての露出したい気持ちはムンムン。

一方、女優業としてのニーズは未だなく、ドラマや映画などにおいて出演作に恵まれていない状況。そのため、フットワーク軽く、以前から個人撮影会などにも参加しているようで・・・

16歳から個人撮影会に参加も「ブス」の評価も...

エーライツに移籍したぐらいの時期より、いしだ壱成のお相手・飯村貴子さんは個人撮影会で積極的にアピールするなど、女優としてのブレイクする足がかりを模索。

ツイッターで「飯村貴子」と検索すれば、個人ユーザーが飯村貴子の撮影会の写真を3年ほど前からアップしていることを発見できます。

一方、ルックス的には微妙な評価にも写る、いしだ壱成の不倫相手。ネット上では厳しいコメントもチラホラ見当たり、決して華がある女の子には見えないのが現実・・・。


「不倫は文化じゃなく、売名ですか?」の声

■その他、ネット上の反応
「いしだ壱成の相手の子、くっそ微妙なんだが」
「不倫で近づけば売名成功って採算あったんだろうか?」
「女優として売れないだろうから、どうしても売名として見てしまう」
「不倫は売名っていうワードが流行っててジワる」
「親父が不倫は文化って言ってたけど、不倫は売名ってか?」

ルックス的に女優として売れるのはかなりハードルが高そうな印象のいしだ壱成の不倫相手。ネット上では「どうせ売名だろう」「無名の芸能人気取りってこれだから...」など辛辣な意見。

また、父親・石田純一の名言「不倫は文化」になぞらえて「不倫は売名」とのワードも。

舞台での共演をきっかけに不倫関係となったのが18歳とのこと。以前からのツイッターでの女優アピールを見ると、売れるためには手段を選ばない女の子という印象にも見えます・・・。


Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

新着記事

アクセスランキング

いま注目の記事