西内まりやがビンタしたライジングプロ社長・平哲夫のご尊顔(画像あり)

UPDATE:2017-11-16
西内まりやが所属事務所ライジングプロの社長をビンタしたと週刊文春がスクープ。世間からは西内まりやがビンタした相手である平哲夫氏の素性や顔写真について大きな関心が寄せられています。

西内まりやがライジングプロ社長に強烈ビンタ!

歌手・女優として華々しい道を歩んできた西内まりや。インターネット上では“失踪説”も囁かれたが、実は10月初頭、所属事務所との間に大きなトラブルを起こしていたのだ。
「西内が、事務所内で社長を平手打ちしたのです」(事務所関係者)

週刊文春11月16日発売号

週刊文春が報じた西内まりやの事務所社長ビンタ報道。
ネット上では「西内まりやがビンタって例のお爺ちゃん?」「ライジングプロ社長って元組員の人じゃ...」など、西内まりやがビンタした相手・ライジングプロ社長の素性に注目が集まっています。


ライジングプロ社長・平哲夫のご尊顔

ライジングプロ社長・平哲夫の顔写真

ライジングプロ社長・平哲夫氏 / twitterより

こちらが西内まりやがビンタしたとされるライジングプロ社長の平哲夫(たいら てつお)氏の顔写真。
平哲夫は、日本屈指の芸能プロダクション『ライジングプロダクション』代表取締役。御年71歳。

1990年代には、安室奈美恵、SPEED、MAXなどの女性グループをブレイクさせた業界では伝説的な人物でもあります。

2001年に脱税で逮捕、2年の実刑

2001年、ライジングは国税庁から年間で25億円という巨額の所得隠しを摘発され、平社長は2年あまりの実刑判決を受けている。

リテラ

ライジングプロ社長の平哲夫氏は、巨額の脱税事件で実刑判決を受けた人物。
裁判の中で明らかになった真実について、テレビなどの大手メディアがまったく報じない芸能界の闇深さが物語る内容。

■平哲夫脱税事件で明らかになった内容
・プロデュース費用を取引先に架空支払い、その後にバック⇒5億円以上の裏金を捻出
・帳簿に乗らない捻出した金を裏社会からの対策費として暴力団関係者にバラマキ

「アサヒ芸能」(2002年7月11日号)では、以上のように当時の法廷での証言を掲載。さらに、平社長は法廷で驚くべき過去を明かしています。

ライジングプロ社長は元暴力団員、指を詰めた過去

bokete.jp

平社長はこのとき、自身が元暴力団員で指のないことも明かしており、傍聴席の記者も目を丸くしたと書かれている。それはともかく、裏金は暴力団の他にも、政界や芸能界、そしてマスコミにもばらまかれていたことが次々と発覚していった。

リテラ

西内まりやがビンタした相手は、元裏社会の出身。さらに、その筋の世界から足を洗うために「指を詰めた」と公言したとのこと。

そんな極道の世界から、芸能界という華やかな業界まですべてを見てきた生ける伝説に対し、ビンタで加療一カ月以上の怪我を負わせた西内まりやに一体何が・・・。


71歳のお爺ちゃんにビンタって...真相が気になる

■その他、ネット上の反応
「西内まりやのビンタで全治1ヶ月のケガって何なんだよw」
「ビール瓶で殴られた力士が2週間で回復、女のビンタ1発が1ヶ月って..」
「てか、西内まりやにビンタされたいわ!」
「70過ぎたお爺ちゃんにビンタする女優とか前代未聞」
「ライジングプロ社長って70過ぎだろ?状況が意味わかんないんだが」
「ジジイにビンタする若者という構図が、とんでもなくシュールなんだが」

西内まりやのビンタ報道と同じ時期に世間の話題をさらっている横綱・日馬富士のビール瓶殴打事件。被害者の貴ノ岩関が全治2週間なのに対し、西内まりやのビンタ一発で加療1ヵ月のケガにジワる人々が・・・。

なお、西内まりやの代理人は、ビンタ事件について「事実はございません」と否定する一方、ライジングプロ側は「紛れもない事実です」と回答。

裏社会出身の大物に手をあげたのが事実であれば、業界から抹殺されるだけでなく、今後の人生においても心穏やかに過ごせるのか心配です。

■11月16日訂正
大物プロダクション社長の平哲夫氏がビンタされたとネット上でも話題になっていましたが、11月16日発売『週刊文春』に書かれていたのは別の人物。
正しくは、関連会社ライジングプロダクション社長・春日隆氏とのこと。

いま注目の記事