【逮捕】TBS木村郁美アナの元夫・杉澤修一の画像&借金4億肩代わりが嫁を激ヤセさせた原因だった

UPDATE:2018-5-30
1,780 views
TBS木村郁美アナの元夫で杉澤修一(元テニスプレーヤー)が逮捕され、ネット上からは「また金銭トラブルか」「木村郁美を激ヤセさせた原因の人でしょ?」と注目を集める一方、フジテレビの報道姿勢に批判の声が寄せられています。

TBS木村郁美アナの元夫が逮捕

元嫁・木村郁美アナ

元プロテニスプレーヤーの男が、知人から現金およそ2億円をだまし取った疑いで、警視庁に逮捕された。

FNN

元プロテニスプレーヤーで、会社役員の杉澤修一容疑者が、知人から約2億円を騙し取ったとして逮捕。杉澤容疑者の元嫁といえば、TBS木村郁美アナで、彼女に多額の借金を肩代わりさせていたというのは有名な話。

改めて、杉澤修一という人物の素性、木村郁美アナの借金地獄について調べています。


杉澤修一プロフィール

杉澤修一ホームページより

締め:杉澤 修一(すぎさわ しゅういち)
生年月日:1967年11月19日
出身:東京都生まれ(大阪育ち)
血液型:AB型
身長:176cm
体重:74kg
学歴:日大櫻ヶ丘高校卒、The Winchendon Highschool卒、Miami Dade大~Temple University
結婚歴:あり(前妻:木村郁美 - TBSアナ)

杉澤修一は、アメリカ単身渡米後、24戦全勝記録を残し、大学へ進学。その後、プロテニスプレイヤーへ転向。現役引退後は、プロテニスコーチとして活躍。

その他、実業家として幅広いジャンルに手を出しており、東京国際映画祭コンペティション部門出品作品「ACACIA」(辻仁成脚本監督・アントニオ猪木主演)などの舞台プロデューサーとして活躍する一方、近畿大学非常勤講師にも就任。

テニスプレーヤーから実業家に転身するも、失敗続き...

杉澤修一の会社がかつて運営していた“Tennis Web”

杉澤修一氏はこれまでに複数回起業するも度々失敗。

2000年6月1日に設立した「株式会社シーファイブスパイダー」では、テニスチーム“チームスカンヂナビア”におけるプロ選手のスポーツマネジメントや、一般向けのテニススクール、テニス愛好家向けのホームページ「Tennis Web」などの運営会社を立ち上げ。
かのソフトバンクグループなどが資本参加したことにより、業界で大きな注目を集めていたものの、あえなく...。

三木谷氏と杉澤修一

楽天・三木谷氏と杉澤修一氏のツーショット - 引用:杉澤修一の”SPORTS本音トーク”

さらに2014年4月、杉澤修一がオーナーを務めていたスポーツマネジメント会社「スカンヂナビア」が経営破綻。その破産総額がなんと「24億円」で、債権者リストで、保証人として名を連ねていたのが、元妻・TBS木村郁美アナ。

杉澤氏は「スカンヂナビア」を株式上場すると言っては、社会的信用がある木村アナの名前も利用し、各方面から資金集め。それだけではなく、あらゆる投資話や、故マイケル・ジャクソンの遺品展における「架空のグッズの独占販売権」など、多数の訴訟トラブルを抱えていたと言われています。


借金4億が、原因で木村郁美アナが激ヤセ...

 杉澤修一容疑者と元嫁・木村郁美アナ

右・杉澤修一 左・木村郁美アナ

木村郁美アナと杉澤氏は、2006年5月19日に結婚。「スカンヂナビア」の金銭トラブルが表沙汰になるまでは、「玉の輿婚」といわれていました。

しかし、その後に2人の間の金銭問題により2009年5月に離婚。
蓋を開けてみると、杉澤修一氏の借金の肩代わりとして、木村郁美アナが「4億円」を超える債務者となっていたことが発覚。

 激ヤセした木村郁美アナ

激ヤセした木村郁美

多額の借金を抱えたストレスから食事が喉を通らなくなり、木村郁美アナは激ヤセ。ネット上から「木村アナ骸骨みたいだけど大丈夫?」「ガリガリすぎて怖い」など、心配の声が寄せられていたほど。

その後、木村郁美アナは経営者と再婚、現在は幸せな結婚生活をアピール

木村郁美と再婚相手

2017年6月、バラエティ番組に出演した木村郁美アナは、パチコン関連事業の会社を経営する「株式会社パック・エックス」代表の井出誠三さん(52歳)と再婚したことを報告するとともに、お相手の男性も顔出し出演。
当時抱えていた借金は、再婚相手に肩代わりしてもらったとみられますが、「私みたいなサラリーマンでは一生かかっても返せない金額」だったと明かしています。

一方、現在は365日再婚相手の男性と外食をしており、幸せな結婚生活を全うしているんだとか。

一方、元夫逮捕で、フジテレビに批判殺到

フジテレビ系のニュース番組が、事件の注目を集めるために逮捕された人物が「TBS・木村アナの元夫」と報道。それに対して、「他局だからって悪意がある」「フジテレビ最低だな」「ガリガリに痩せちゃったのに、追い打ちかけるな」と、現在は幸せな生活を送っている彼女に、悪夢を呼び起こすような報道姿勢に批判が殺到。

「これフジのアナウンサーだったら絶対言わないんだろうな」「テレビ局は自局のアナだけ守るからヤラシイわ」などの声も。


今回の事件については、2017年8月発売のフライデーが「杉澤修一氏が、怪しすぎる出資話を持ち掛けている」「捜査当局がすでに動いている」と報じていたものですが、発覚から逮捕まで1年近くの時間がかかっていたことが分かります。

いま注目の記事