野崎幸助の嫁・スタイル抜群の22歳モデル妻だった&遺産相続は30億超え(画像あり)

UPDATE:2018-6-7
「紀州のドン・ファン」こと、野崎幸助が亡くなったことで、莫大な遺産を相続する22歳のモデル妻さんに注目が集まっています。野崎氏とのツーショット写真や、二人の馴れ初めについてもアップしています。

紀州のドン・ファンが急逝、55歳年下のモデルと結婚したばかり

amazon.com

 5月26日未明にNEWSポストセブンが報じた、和歌山県の実業家・野崎幸助氏の急逝した。

ポストセブン

「紀州のドン・ファン」こと、和歌山県田辺市の金融・不動産関連会社社長、野崎幸助さん(77歳)が急逝。
野崎さんといえば、今年2月に55歳年下のモデルの妻と結婚したばかり。野崎さんが残した莫大な資産がモデルの妻に転がり込むとして、世間から大きな注目を集めています。


野崎幸助の妻・モデルSさんってどんな人?

野崎幸助の妻

twitter.com

こちらが野崎幸助の妻で、自称ファッションモデルのSさん。
北海道出身、年齢は22歳。野崎氏の著書「紀州のドン・ファン 野望篇」に今年2月に結婚した嫁について次のようにかかれています。

Sちゃんはボン・キュッ・ボン、胸にはDカップを忍ばせている私の理想のナイスプロポーションのべっぴんさんであります

野崎氏がいうには、スタイル抜群の美女モデルなんだとか。
妻Sさんとの出会いは、東京にある高級デートクラブ。Sさんはもともとそのデートクラブに登録していた夜の女。つまり、もともとの二人の出会いは、お小遣いありの“お金目的”だったことが分かります。(一回のデートで数十万円を渡していたとか...)

ドンファン妻のサングラス姿
■6月7日追記
ドンファン妻の実名&顔写真が週刊誌にて公開。SNS垢、過去の素性についても明らかになっています。
野崎幸助の嫁・モデル須藤早貴と判明(画像あり)

野崎幸助の嫁は、世界を股にかける売れっ子モデル?

「Sさんは、モデルの仕事と遊びも兼ね、ヨーロッパなどに行かなくてはならない」と。その渡航費用は社長が負担していたのですが、周りの連中は“お金だけ買って、東京にいるんじゃないの?って、疑っていた。”

週刊新潮6月7日号

週刊新潮の記事には、Sさんは“自称”ファッションモデル、ヨーロッパには「モデルの仕事」という理由で渡航費用を野崎氏から数回請求していたと報じています。

野崎氏の著書「紀州のドン・ファン 野望篇」でも、「Sちゃんは世界中を飛び回るモデル」とかなり多忙なモデルと思っていたフシがあります。実際、売れっ子モデルなら、デートクラブに登録する必要もなければ、渡航費用は関係会社から負担されるはずではあります。

27歳の彼女に6000万円相当盗まれていたばかり

野崎氏は今年2月、交際していた27歳の女性モデルに、自宅から6000万円相当の金品を盗まれたことで話題を集めた人物だ。

NEWSポストセブン

野崎幸助氏といえば、2016年2月、当時交際中だった27歳の女性モデルに、自宅から6000万円相当の金品を盗まれたことも。その時、交際していた相手の顔写真がこちら。

 野崎幸助のモデル妻

野崎幸助と交際のモデル

このとき、逮捕された自称モデルの人物も、東京の高級デートクラブで出会った彼女なんだとか。

これはもしや...と思うフシもありますが、野崎幸助氏はどのような原因で亡くなったのでしょうか。

野崎幸助プロフィール

 野崎幸助

野崎幸助氏

野崎氏は1941年生まれ。地元の中学校を卒業後、男性用ゴムの訪問販売、鉄屑広い、貸金業、酒類販売など様々な商売を手掛け、裸一貫から巨額の資産を築いた成功者。
欧州の伝説上の放蕩児(ほうとうじ)になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれ、2016年12月には、『紀州のドン・ファン 美女4000人に30億円を貢いだ男』(講談社+α文庫)を出版したことで話題に。

和歌山から週一回のペースで、東京のデートクラブに顔を出し、相手女性に1回30万~50万円の手当を払うのがルーティーンとなっていた。生涯築いた総資産は数十億円とも言われている。


野崎氏の遺体から多量の覚醒剤成分

遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが、捜査関係者への取材で分かった。何者かが故意に摂取させた可能性もあるとみて県警が調べている。

毎日新聞

当初は、原因不明とされていましたが、野崎氏の遺体から多量の覚醒剤成分が検出されたことが判明しています。親しい知人いわく、「野崎氏はサプリメントは愛用していましたが、ED治療薬さえお世話になっていたかった」「日常的に薬物を使用していたというのはまったく考えられない」と証言。

同居期間たったの1ヶ月半で、38億円の遺産相続か

夫婦といいう関係になってから3ヶ月半、そのうちに共に暮らした期間はわずか1ヶ月半ほどしかなかった。

週刊新潮2018年6月7日号

今年2月に22歳のモデルSさんと結婚したばかりでしたが、実際に同居するようになったのは今年4月から。

野崎氏は過去に2回結婚していますが、子供はおらず、遺産は4分の1が社長の6人兄弟に、それ以外は、すべて新妻に渡る様子。遺産はザッと50億と見積もられており、野崎幸助氏の嫁の手元にいくのは約38億円。

同居期間1ヶ月半で40億近い大金を手にする妻は、今、どんな気持ちなのでしょうか。


事件の続報があり次第、こちらに情報追記します。
■続報
ドンファンの家政婦が東京都港区在住で、4000万円もの遺産を受け取る予定だったことが明らかになっています。
https://moneytalk.tokyo/moneytalk/10373

いま注目の記事