【画像あり】病欠報酬議員、北九州市議の木村年伸ってどんな病名だった?

UPDATE:2016-10-3
北九州市の自民党市議、木村年伸(きむらとしのぶ)議員が、病気を理由に議会をすべて欠席しているにも関わらず、高額な議員報酬をもらい続けたとして波紋を呼んでいます。
こちらでは、病欠議員・木村年伸のプロフィールや世間の反応をまとめています。

北九州市議、病欠でもがっぽりマネー

kimura-toshinobu.com

北九州市の自民党市議、木村年伸議員(56)=3期、小倉北区選出=が、病気を理由に約2年4カ月間、議会をすべて欠席しているにもかかわらず、その間の議員報酬と期末手当計約3250万円が支払われていることが分かった。

朝日新聞デジタル

またもや、市議会議員が・・・

北九州市の自民党市議、木村年伸議員が病気を理由に約2年4カ月間、議会をすべて欠席。

しかし、その間の議員報酬と期末手当計約3250万円が支払われていることが判明し、批判を集めています。


木村年伸議員とはどんな人?

kimura-toshinobu.com

木村 年伸(きむら としのぶ)
生年月日 昭和34年3月生まれ
学歴 明治大学政治経済学部政治学科卒
所属 自由民主党
当選 3 回
連絡先住所 〒802-0064 小倉北区片野三丁目6-35

木村年伸(きむらとしのぶ)議員は、小倉生まれの56歳。
福岡教育大学附属小倉小学校、中学校と卒業し、その後、九州国際大学(旧八幡大学)附属高等学校を卒業し、東京に上京。
上京後は、明治大学に進学し、政治経済学部政治学科を卒業しています。

大学卒業後に、広告代理店での勤務を経て、市議会議員 木村証の秘書を勤めます。
その後、自身が市議会議員に当選し、今に至ります。

病欠議員、木村年伸の病名とは

oie-satoshi.com

NHKの取材に対し、木村議員は、「糖尿病で医者にストップされて休み始めたが、秘書を通じ陳情を聞くなど、できる範囲で政治活動を行ってきた。議会を休んで報酬を受け取っていたことについては、市民の皆さんに申し訳ないと思っていて、次の議会には出席したい」と話しています。

NHKニュース

木村議員の病欠の理由は、糖尿病とのことでした。

糖尿病と申告されても、世間では薬を飲みながら働かれている方が多い昨今、木村年伸議員はどれほど重度であったのでしょうか・・・。


ネットでは「議員報酬高すぎ」の声

ドクターストップがかかって約2年4カ月間の病欠はしょうがないとしても、約3250万円は貰い過ぎではないでしょうか・・・

ネットでは、「議員報酬高すぎ」「そりゃ、何としてでも当選したくなるわな」という意見も。

「報酬も全額返還すべき。」とのコメントもありますが、そう簡単にはいかないようです・・・

報酬を返上したら公職選挙法違反に!?

北九州市を含む他の指定市は、議員が長期欠席した場合の減額措置は設けていない。こうした定めがないまま報酬を返上しようとすると、公職選挙法で禁止する寄付行為にあたるとみられるという。

朝日新聞デジタル

市議会事務局によると、全国20の政令指定市では、札幌市の場合、「1年を超えて定例会の全ての会議を欠席した場合は翌月から30%減額する」と定めているそうです。

しかし、札幌市以外については、議員が長期欠席した場合の減額措置は設けていません。

そのため、議員報酬を返還しようとしても、公職選挙法の「寄付行為」にあたるため、貰ってしまったからにはお金は返せないんだとか・・・。


北九州市はじめ、他の政令指定市についても、会議に出席せずに議員報酬を受け取っている議員は少なからず存在するのではないでしょうか。

議会や行政がこのような条例の改正をしてこなかったのは、怠慢と言わざるをえません。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

新着記事

アクセスランキング

おすすめ記事