山梨市長・望月清賢の元妻(治美容疑者)、差出石材を詐欺で潰す&縁故採用も警察にバラしてしまう…

山梨市の望月清賢市長が、職員採用で文書偽造した疑いで逮捕されました。望月市長といえば、元妻・望月治美容疑者も詐欺で逮捕されており、現在離婚しているものの夫婦で逮捕されるという始末。
実は元妻の治美容疑者ですが、望月市長の実家が営む「差出石材」も潰し、元旦那の逮捕もアシストしてしまうというなかなかのオバ様だったことが分かりました。

山梨市長が「縁故採用」を力技ですすめて逮捕

nhk.or.jp

山梨県山梨市の望月清賢市長が、市の職員の採用試験で受験者の試験結果を改ざんしたとして、警視庁は、虚偽有印公文書作成などの疑いで逮捕状を取りました。このあと、望月市長を取り調べ、逮捕する方針です。

NHKニュース

山梨市の望月清賢(もちづき せいき)市長が同市の職員採用試験をめぐり、不正に関与した疑いのあることが7日までに、関係者への取材で分かりました。

警視庁は山梨市内の自宅から望月市長を任意同行を求め、虚偽公文書作成・同行使容疑で事情聴取を行い、容疑が固まり次第逮捕する方針とのことです。

8日13時追記
7日午後、望月市長を逮捕したと警視庁が公表しました。

山梨市長・望月清賢プロフィール

mochizuki-seiki.jp

望月 清賢(もちづき せいき)
生年月日 1947年6月30日(70歳)
出生地 山梨県山梨市
出身校 金沢工業大学工学部
所属政党 自由民主党

山梨市長・望月清賢容疑者は、山梨県山梨市出身。大学工学部卒業後に、父親が経営する差出石材に就職。
1983年に山梨市市議会議員選挙に初当選し、市議会議員を3期務める傍ら、実家の差出石材の社長に就任。

2014年2月、山梨市長選挙に自民党県連の推薦を得て出馬、現職の竹越久高を破り初当選。現在に至る。

望月清賢市長が強引に“コネ採用”を復活

警視庁は去年9月に行われた山梨市の職員採用試験を巡る過程で、望月清賢市長(70)が特定の受験者について嘘の内容の書類を作成するなどした疑いが強まったとして逮捕しました。

ANN

山梨市関係者への取材によると、山梨市の職員採用試験において、「縁故採用」を市長が推進した疑い。

具体的には採用試験において、市長が2次試験(役員面接)に加わる制度は前の市長の時に廃止されたにもかかわらず、望月市長が就任した後に自らの権力で復活させていました。


先に逮捕されていた山梨市長・望月清賢の元妻はこんな人

山梨市の望月清賢市長の元妻らによる詐欺事件で、埼玉県の男性からさらに約1億2700万円をだまし取った詐欺容疑で、元妻で「差出石材」社長の望月治美容疑者(61)を再逮捕した。

時事通信

望月清賢市長の元妻・望月治美容疑者は、市長の実家が経営していた「差出石材」の社長を務める人物。
望月市長の元妻は、「建築用石材の仕入れ資金を融通してくれれば、確実に転売利益が入る」と虚偽の説明により、現金3億7000万円余りをだまし取ったとして、詐欺の罪で起訴。

この事件の捜査で、警視庁が、元妻が住んでいた市長の自宅を捜索し、押収した資料などを分析していました。

NHKニュース

山梨市長の望月清賢容疑者は、元妻が逮捕されたことをきっかけに家宅捜索をしていたところ、採用試験において不正に特定人物を合格させるため「虚偽有印公文書作成」などの疑いを持たれる書類が見つかったとのこと。

ネット上では、こんな感じの縁故採用なんてザラにあると思っている方も多いはず。

元妻が社長を務める「差出石材」は火の車だった

山梨市の望月清賢市長の元妻、治美容疑者(61)=詐欺容疑で再逮捕=が社長を務める会社「差出石材」への貸付金が返済されていないとして、山梨県甲府市の女性が27日までに、望月市長に返還を求めて甲府地裁に提訴した。

産経ニュース

望月清賢市長の元妻が社長を務める会社(市長の実家の会社)は、貸付金が返済されずに提訴されていたことも明らかに。

ビジネス感覚のないド素人のオバサンを家業の社長に据えた代償はとてつもなく大きかったようです。

■8月8日追記
望月市長の自宅に「合格者依頼リスト」が存在が明らかになりました。現金などの見返りに依頼者(受験者)に便宜を図ったと見られています。

気になるお金の話題 #市長 #逮捕

マネートークを読もう!

関連記事