岸勇希(元電通)パワハラ告発、はあちゅう著書が発売直前「なぜ今?」と疑問の声も

UPDATE:2017-12-17
元電通クリエイターで、株式会社「刻キタル」社長を務める岸勇希(きしゆうき)氏への“はあちゅうセクハラ&パワハラ”告発騒動。岸勇希の経歴、刻キタルの会社概要や主要クライアント、ネット上の反応についてまとめています。

はあちゅうが元電通クリエイターのパワハラ告発で大炎上

BuzzFeed Japanは、はあちゅうさんの証言を受け、複数の電通社員に話を聞き、はあちゅうさんが「加害者」と証言した男性にも取材をした。
その男性とは、岸勇希氏。

Buzzfeed Japan

Buzzfeedがブロガーはあちゅうと協力し、元電通社員のセクハラ&パワハラを告発し、ネット上が大炎上。Twitterのリアルタイムワードで長時間1位に貼り付くほどの騒動に発展。

そのため、元電通・岸勇希氏が現在代表を務める会社のサイトはサーバーダウン、著書のレビューが大荒れするなど、過去の華々しい経歴や、今後のクリエイター事業が吹き飛ぶほどの反響を呼んでいます。


元電通・岸勇希の画像&経歴

岸勇希

岸勇希氏の顔写真 / 刻キタルHPより

はあちゅうに告発された岸勇希(きし ゆうき)の職業(肩書)は、クリエーター、コミュニケーション・デザイナー。

1977年生、名古屋市生まれ。早稲田大学大学院国際情報通信研究科修了。
2004年電通入社、2008年「コミュニケーションをデザインするための本」を上梓、以後同領域の第一人者として業界を牽引。

2014年、電通史上最年少でクリエーティブの最高職位エグゼクティブ・クリエーティブ・ディレクターに就任。2017年、電通から独立。株式会社刻キタル(http://tkkt.jp)を設立、代表に就任。

NewsPicksにも度々取り上げられる著名人

newspicks.com

経済専門のニュースキュレーションメディア「NewsPicks」にも、“電通の鬼才”として、対談コンテンツなどにも度々登場。

岸勇希の極意をまとめた著書『己を、奮い立たせる言葉』には数々の格言が掲載。しかし、セクハラ・パワハラ騒動を受けてネット上では「下半身の話だろ」「どこ奮い勃たせてるんだよ...」など、ツッコミが寄せられています。

岸勇希が設立した「株式会社刻キタル」とは

tkkt.jp

こちらが2017年、電通から独立し、岸氏が立ち上げた「株式会社刻キタル」の会社概要。
出資者には、在籍していた電通や、現在電通に所属しているプロデューサー、経済学者で京都大学名誉教授の名前も。

主要クライアントには日本の名だたる大企業が掲載されており、NTTドコモ、キリン、ソニー、トヨタ自動車や吉本興業等など...。

今後、岸勇希が社長を務める会社とクライアントの付き合いに変化が起こるかもしれませんが、消費者として覚えておきましょう。

著書のAmazonページが早速大荒れ

amazon.co.jp

興味本位で著書を買ってみる人も多いかも知れませんが、炎上した人物を徹底的に叩く“批判だけのレビュー”が早くも殺到。

「電通という組織がおぞましくて鳥肌が立つ」「こんな人が、金を稼げる日本ほんとおかしい」などの辛辣な意見が並びます。


はあちゅう支持も、やっぱり嫌いという声も

タイムラインには「はあちゅうを支持します」「よくやった」という意見が寄せられる中、「同情するけど、やっぱりはあちゅう嫌い」などのコメントが多く目につきます。

Buzzfeedで告発した記事には、「岸氏の要求通り数名の友人を紹介した」「岸氏は私(はあちゅう)の友人と付き合っていた」と明かされていることから、「友だち紹介してるくらいだから共犯では」「はあちゅうの行動がそもそも理解できない」という指摘も。

はあちゅうの告発は新刊発売直前の時期

異性との大人の関係を赤裸々に暴露することでブロガーとして人気を得てきたはあちゅうさん。

新刊を宣伝するはあちゅうのブログ

たまたまかもしれませんが、12月20日ははあちゅうさんの新刊『自分を仕事にする生き方』の発売日。

6〜7年前に受けたセクハラ、パワハラに対しての告発が「なぜ、今?」という疑問が寄せられる中、一部で「本のプロモーション?」という見方がされるのは、はあちゅうも織り込み済みなのでしょうか。


Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

いま注目の記事