高梨臨が日経トレンディ“2017年のヒット人”に選出、ネットでは「なぜ?」「謎すぎる…」の声

UPDATE:2017-11-2
雑誌『日経トレンディ』(日経BP社)が選ぶ「2017年のヒット人」に今年大ブレイクを果たした竹内涼真、みやぞんと並び、女優の高梨臨が選出。
一方、「サッカー選手との熱愛報道しか今年名前聞いてないが」「それならブルゾンじゃないの?謎すぎる」などネットが動揺しています。

“2017年の人”選出に疑問の声

日経トレンディが選出する「2017年の人」に竹内涼真、高梨臨、みやぞんが選ばれ、さらに来年の予測「2018年の顔」は、横山だいすけに決定。

cinemacafe.net

日経トレンディが選出する「2017年のヒット人」に文句なしの選出を果たした俳優の竹内涼真さんが出席。お笑い芸人枠には今年ナンバーワンブレイクのみやぞんが選出。

一方、気になるのが女性(女優)枠に高梨臨さんが選出されていること。先出の二人に比べると、今年特段ブレイクした?という印象ですが、改めてどんな人物なのかまとめています。


高梨臨ってどんな人?

letsgotokorea.com

高梨 臨(たかなし りん)
生年月日 1988年12月17日
出生地 千葉県船橋市
学校 千葉県立松戸国際高等学校
身長 166 cm
血液型 A型
職業 女優
活動期間 2005年 -
スリーサイズ B83 W63 H86(Bカップ)
事務所 スターダストプロモーション

高梨臨さんは、原宿でスカウトされ、芸能界入りし、2005年に『アイドル道』(フジテレビ)「世界制服計画 FINAL」のオーディションに参加、グランプリを獲得しています。

その後、2009年2月から2010年2月まで、特撮ドラマ『侍戦隊シンケンジャー』(テレビ朝日)に白石茉子 / シンケンピンク役で出演し、一躍有名に。
2012年、日本を舞台にした映画『ライク・サムワン・イン・ラブ』に主演。第65回カンヌ国際映画祭コンペティション部門へ出品され、高梨も監督や奥野匡、加瀬亮と共に映画祭に出席し、人気女優の仲間入りを果たしました。

次に高梨臨さんが有名になる前のメディア出演実績を紹介します。

めざましテレビ/いまドキ★ムスメ

hobidas.com

高梨臨さんは、2008年4月から2009年3月まで、『めざましテレビ』(フジテレビ)のコーナー「MOTTOいまドキ!」に「いまドキ★ムスメ」として出演していました。

アイドルグループ『ピンクジャムプリンセス』

mia-club.jp

2005年、アイドル道でグランプリを獲得してからアイドルグループ『ピンクジャムプリンセス』の活動に参加。しかしCDを1枚リリースした以外の目立った活動はなく、ピンクジャムプリンセスはわすが1年足らずで解散しています。
ちなみに、高梨臨さんは写真の一番右手の女の子です。

ドラマ「恋がヘタでも生きてます」がヒットしたってこと?

ytv.co.jp

高梨臨さんが、日経トレンディ「2017年の人」に選出された大きな理由として、メディアではドラマ「恋がヘタでも生きてます」(日本テレビ系)主役抜てきが挙げられています。が、このドラマの視聴率は平均3.3%(全12話)とかなりの低視聴率。

低視聴率の要因は、ドラマが木曜11時スタートだったことなどから、時間帯の影響も考慮されるものですが、3%台の番組が“世間にヒットした”とは言い難い状況。

高梨臨さんは、NHK大河ドラマ「西郷どん」に出演が決まっているため、そのことも考慮されたのかもしれません。


「高梨臨が謎すぎる・・・」ネットが動揺

■その他、ネット上の反応
「高梨臨って、売れてたっけ?というのが率直な意見」
「高梨臨?ブルゾンちえみじゃないの?」
「つまり今年はブレイク女優は不在だったってこと」
「事務所の力関係って凄いなぁという印象」
「今年の顔になるために、スターダストはいくら払ったんだ?」

ネット上の反応を見てみると、竹内涼真、みやぞんは順当だとはいえ、「高梨臨ってなぜ!?」という印象。ブルゾンちえみを推す声も多く見られましたが、芸人枠としてみやぞんが選出されているため、落選したのではという見方。

一方、高梨臨さんは大手芸能事務所「スターダストプロモーション」所属の一押し女優。以前に週刊文春が『三代目 JSoul Brothersのレコード大賞買収疑惑』を報じていましたが、大手メディアが公に“売れてる”と認定すれば人気に火が点く芸能界。

「事務所の力関係では?」と勘ぐる人が多くいるのは自然な流れかもしれません。


Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

新着記事

アクセスランキング

いま注目の記事