呪術廻戦152話にて禪院直哉死亡、真希は母まで手にかけ禪院家崩壊【最新ネタバレ】

呪術廻戦本誌152話のネタバレ考察ですが、禪院真希が禪院家を壊滅完了。自分の両親を手に掛けもうめちゃくちゃな展開…。
一方、気になるのは、まだ情報が明らかになっていないキャラたち。死滅回遊編がスタートしてから、来栖華、高羽史彦などの新キャラが登場していますが、152話本誌の最後に再登場。そこには、片腕を失って現在の所在の狗巻棘が死滅回遊のプレイヤー欄に名を連ねるなど、気になる情報を残ったまま今後ストーリーが進んでいきます。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌152話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦152話のネタバレ

呪術廻戦151話では、甚爾を目標としていた禪院直哉が二番煎じの禪院真希を恨み自分が甚爾や五条の隣に並ぼうと戦闘を試みる。

しかし直哉のスピードにすらついて行く真希に悪戦苦闘。

最終的に真希の一撃にやられるのだった。

152話では、真希真依の母に一撃を喰らわせる真希。
そして仕留めが甘かった直哉は真希の元へ向かおうとするが
真希真依の母によって刺されて息絶えてしまう。

事を片付けた真希は西宮に真依の遺体を託しその場を去る

前回までのあらすじ

・幼少期、甚爾を見た直哉
・真希との戦闘を繰り広げる直哉
・最高速度で攻める直哉
・不知火型を発動する真希
・投射呪法を理解した真希の圧勝

呪術廻戦本誌第152話

直哉を一撃の元に倒した真希が向かった先

真希は直哉を一撃で倒した後禪院家のキッチンへと向かっていた。

そこに居たのは真希の母。
真希は嫌がる母に向かい何故あの時戻れと言ったのか問いかけていた。

「何の話?」と返答する母に対し、真希は無言で母に一撃を与えてしまう。

倒したはずの直哉だったが…

場所は変わり真希が直哉に一撃を与えた場所では
仕留めが甘かったのか生存していた直哉が居た。

口から出血しているがツメが甘いと口にする直哉の元に向かっていたのは
包丁を持った真希真依の母。

直哉は真希真依の母に背後から刺され息絶えてしまうのだった。

真希真依の母も直哉を刺した後、
幼少期の真希真依とお花畑で遊んでる走馬灯を見ながら

ああ、産んで…良かった…」と口にするのだった。

禪院家を後にする真希

真希は禪院家を後にし、真依の遺体を抱えて西宮の元へ向かっていた。

西宮は真依の遺体を見るなり泣きながら「だから行くなって…」と口にする。

真希は西宮に「あとは頼む」と告げ真依の遺体を西宮に託す。

西宮はこれからどうするのかと真希に問うが、無言でその場を去ってしまう。

全部壊した真希

その日不在だった禪院家の炳6名、躯倶留隊21名が間もなく非業の死を遂げた。

現場には残穢は確認されず、遺体の傷口からは凶器の呪具のものと見られる呪力が
微かに検出された。

後日五条家おより加茂家から呪術総監部に対し
禪院家の御三家除名が提議される。

しかし総監部はそれを保留としていたのだった。

呪術廻戦152話の考察・感想

152話感想

ついに真希は全てを壊しましたね。
真希真依の母のシーンはなんとも言えない感情になってしまいました。

そして次号から休載の為暫く読めませんが復帰が楽しみですね。

真希真依の母について考察

真希に殺されそうになり拒絶していた母でしたが
真希の「何故あの時戻れと言ったのか」という問いかけに対し
何の事か聞いてましたね。

これだけ見ていると、戻れと言った事すら覚えてませんし
禪院家の者の邪魔をするつもりなら戻れという意味になってしまいますが
直哉を刺しに行ったのは母でした。

そして直哉を背後から刺し自分も死ぬ直前に幼少期の真希真依を思い出しながら
産んでよかったと発言している事から
母も女を蔑ろにされていた禪院家を

真希真依によって終わらせる事が出来た=産んで良かった

と思ったのでは無いのでしょうか。

また直哉を刺し殺す事で娘の罪を一緒に背負う事が出来
唯一母親らしい事が出来たと思ったのかもしれませんね。

背後から刺された直哉について考察

直哉は真希真依の母に背後から刺され死んでいきました。
恐らくこれは禪院家の登場時に「真希のような女は背中を刺されて死んだらええ」と発言していた
直哉への最期の嫌味であろうと考えられます。

直哉にとって3歩後ろを歩けない女に背後から刺されて死ぬのは酷く屈辱的な事ですので
母はわざと背後から刺し殺したのでしょう。

禪院家除名と保留について考察

五条家と加茂家から禪院家は御三家から除名の提案をされていましたが
御三家はそれを保留にしていました。

本来であれば禪院家は真希の手によって壊滅状態ですし
除名を受け入れるはずなのですが保留にしてるというのは引っかかりますよね。

恐らくですが御三家が羂索と繋がっている事に理由がありそうです。

羂索は人を乗っ取る術式を持っていますから
禪院家で残っている真希と当主になった伏黒のどちらかを
乗っ取るつもりで保留にしてる可能性があります。

元々加茂憲倫を乗っ取った人物で、加茂家の汚点を作り上げていますし
真希と伏黒どちらを乗っ取っても羂索にとっては今後の展開で使えるものが多そうですし
今度は禪院家の汚点を作り上げるつもりで御三家に話していたのかもしれませんね。

五条家について考察

今回五条家と加茂家がら除名の提案をしていましたが
五条家については五条悟のワンマンチームであるはずなのに
御三家の意見として除名の提案をしています。

つまり五条悟以外に御三家について口を出せる人間が存在している事となりますので
今後五条家の話に繋がっていくのではないかと考察出来ます。

未だ明かされていないのは五条家のみなので死滅回游と同時に
五条家について詳しく明かされ新たに重要人物が出てくる可能性がありますね。

今後の展開予想、狗巻棘は死滅回游プレイヤー?

恐らく死滅回游の話が本格的に迎えるかと思われます。
しかしまだ五条家や総監部についても明かされていない事から
同時進行で内容を進めていく可能性が高そうです。

また、狗巻棘が最後に死滅回遊のプレイヤー欄にリストアップされていることから、近日中にその所在が明らかになると思われます。

休載が次号から1か月となりますので続きは気になりますが
まずは芥見先生が体調戻してくれると良いですね。

呪術廻戦、合法的無料読破する方法とは

マンガ配信サイトって、最近CMでよく目にしませんか?
CMでも有名なサイトの中でも、一部サービスは無料トライアル中に嘘みたいにポイントをくれるところもあります。

当サイトでは、安心して無料トライアルを試すことができるサイトのみ厳選して紹介していますので、「最新巻を読みたい!」「単行本の続きが気になる...」と思ったら、以下ご参考ください。


呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事