林沙耶こと、伊原六花(いはらりっか/登美丘高ダンス部)は子役出身女優だった【画像あり】

UPDATE:2017-12-29
バブリーダンスで大ブレイクを果たした登美丘高ダンス部・伊原六花(いはらりっか/本名:林沙耶)さんが、大手芸能事務所『フォスター』に所属し、2018年から本格的な芸能界デビューが決定。世間から大きな注目を集めています。
伊原六花のプロフィールや、ミュージカルの子役時代の様子、過去のテレビ出演映像など紹介しています。

登美丘高校ダンス部キャプテンが芸能界入り!

youtube.com

バブリーダンスで話題の大阪・登美丘(とみおか)高ダンス部キャプテンが芸能界デビュー!

サンケイスポーツ

登美丘高校ダンス部キャプテン・伊原六花(いはらりっか)さんが芸能界デビューすることが分かり、ネット上では話題沸騰。

所属事務所は広瀬すずなどを擁する『フォスター』ということもあり、事務所のゴリ押しで2018年以降の大ブレイク間違いなしと予想されていますが、伊原六花さんとはどんな女の子なのでしょうか。


伊原六花プロフィール

林沙耶公式プロフィール写真

伊原六花公式プロフィールより

本名:林沙耶
生年月日:1999年6月2日
出身:大阪府狭山市
家族:5人家族(3人姉妹の次女)
身長:160センチ
学校:大阪府立登美丘高等学校
趣味:料理
特技:ダンス
所属事務所:フォスター

伊原六花(いはらりっか)さんは、2015年に大阪・登美丘高に入学、ダンス部に入部。高校1年生の頃から、日本高校ダンス部選手権(通称:ダンススタジアム)で2連覇を果たし、バブリーダンスで一躍脚光を浴びた2017年には準優勝。

私自身、登美丘高校に行きたいと思った中学時代、その時点では学力的には全然足りなかったんです。でもメチャメチャ勉強して受験に受かった。

『インタビュー★登美丘高校キャプテンが「伊原六花」として芸能界デビュー決定!』DANSTREETより

偏差値60とも言われる登美丘高校のダンス部に憧れ、推薦ではなく学力で入学したという伊原さん。勉強もそこそこできるようです。

高校からダンスを始めたのではなく、小学校2年生からダンスを初めて高校3年で10年にもなるんだとか。

過去には子役としてミュージカルにも出演

rkx-t.com

伊原六花さんは、5歳の頃からバレエを習い、9歳から「こどもミュージカル」にも参加。
小学校高学年からは、『劇団アークス』(通称:劇団RKX)に入門。

訓練の積まれた役者により多才なジャンルの歌と踊りを中心とした、枠にとらわれない身体表現と、斬新な演出のオリジナルミュージカルを世界へ発信します。

劇団RKXとは

伊原さんが所属していた劇団は、“歌と踊りを中心としたオリジナルミュージカル”が特徴と描かれている通り、その頃の経験がダンス部での活躍に繋がっている様子。

ちなみに、伊原さんが子役時代に出演していたミュージカル作品は以下の通り。

■伊原六花出演作品
2012   ミュージカル「ズボン船長」生徒役
2013~2015 劇団RKXミュージカル「ズボン船長」ジョジョ姉役

高校入学と同時に劇団から離れたため、出演作品は1本のみ。
過去のミュージカル出演写真を調べてみると、可愛らしい伊原六花さんの劇団員時代のコメントが見つかりました。

子役時代の林沙耶さんの書き込み

ameblo.jp

こちらは劇団RKX主演女優さんのブログにコメントをしている伊原さん(書き込みは本名の林沙耶にて)

これは本心なのか分かりませんが、先輩の懐にもうまく入り込める性格なのでしょうか?『ホント踊りっぱなしで カッコよかった♪ずっと見とれてました。』と先輩女優を褒めちぎる“できた中学生”。

当時は、本名の『林沙耶』にてアメブロを更新していたようですが、現在は閉鎖済み。別の裏垢にてInstagramやTwitterなどのSNSを更新しているかもしれませんが、現状は公になっていません。


『Rの法則』では早くもソロデビュー

伊原六花「Rの法則」出演動画

12月25日に放送されたNHK Eテレ『Rの法則』に伊原六花さんが出演、レギュラーメンバーにバブリーダンスを教えたこの放送回が「伊原六花ちゃん可愛すぎる」「バブリーダンス教えて欲しい」など、神回と話題に。

youtube.com

高校卒業と同時に2018年から東京で本格的に芸能界デビューを果たしますが、すでにテレビ番組に引っ張りだこな伊原六花さん。

事務所のパワーでCMやドラマなど、これからは毎日のようにテレビで見る日も遠くなさそうです。


伊原六花さんの出演情報など、情報がありましたら引き続きこちらにアップします。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

いま注目の記事