【文集砲】GACKTの元愛人の画像&26歳元グラビアアイドルA子ってどんな人?

UPDATE:2017-2-2
週刊文春がGACKTの元愛人(26歳グラビアアイドルA子)との関係やLINEでのやり取りを報じ、ネット上では「愛人のグラドルって誰?」と話題になっています。
こちらでは、GACKTの元愛人グラドルの特徴や、過去に関係を持った交際相手の画像や隠し子騒動についてもまとめています。

GACKTの元愛人がひと騒動・・・

ガクトと元愛人のLINE画像

「文春オンライン」スクリーンショット

2011年秋にGACKTが東日本大震災の被災地を慰問したことをきっかけに、二人は知り合った。被災地出身のA子さんは当時21歳。最初のデートは2012年11月で、愛人関係は3年に及んだ。

週刊文春

週刊文春2月2日発売号では、GACKTが昨年末までグラビアアイドルとして活動していた26歳の女性と3年間の愛人関係であったことが報じられ、「GACKTと愛人がやり取りするLINE画像」も掲載。

「ガクトの愛人のグラビアアイドルって誰だよ」「去年に辞めたんだったら特定できそう」など、ネット掲示板などでは、早くもグラビアアイドルの特定作業がスタートするなど、盛り上がりを見せています。


GACKTの元愛人だったグラビアアイドルとは

oricon.co.jp

■GACKTの愛人だったグラビアアイドルの特徴
・2016年まで芸能プロダクションに所属
・高校卒業後、東京都内の専門学校に入学
・現在の年齢は26歳
・東日本大震災の被災地出身
・女優としても活動
・2016年に所属事務所を退社
・GACKTのマネージメント会社の社長・H氏と交際し婚約⇒後に破局

一部ネット上では、元グラビアアイドルで福島県出身の日向泉さんが「A子」と判明したかのような情報を拡散しているまとめサイトがありますが、これは完全に誤報。
モザイク付きで週刊文春に掲載されている「A子」の顔写真の特徴的な耳と、日向泉の耳の形状はまったく異なります。また、日向泉さんは2015年頃から芸能活動を休止。元所属事務所は2016年に消滅、運営していないことが分かっています。

GACKT元愛人のプロフィール&画像

1人目『ICONIQ』

ガクトの元愛人ICONIQ

oricon.co.jp

こちらは、GACKTの元愛人として名高いICONIQさん。在日韓国人の家庭出身、2016年8月に、前の芸名『伊藤ゆみ』に名義を戻しているお方。

GACKTとICONIQ

twitter.com

こちらは、2012年に『フライデー』された時のICONIQとGACKT。
二人はもっぱら自宅で逢瀬を重ねるのがメインだったようで、その関係が2年ほど続いたんだとか。

2人目『元ワンギャル・福世恵梨奈』

ガクトの元愛人のワンギャルメンバー

newnewnews2012.ne.jp

「GACKTは10年ほど前、TBS系の『ワンダフル』に出ていたアシスタントガールを愛人にしていましたが、妊娠が発覚すると、『子供は認知しない』『日本から出て行く』ことを彼女に要求」

週刊文春

週刊文春は以前から度々GACKTをターゲットとしており、過去には「隠し子」がいたことを明らかにしています。

さらにネット上ではその相手が、元ワンギャル・福世恵梨奈さんであることが特定されており、「NAVERまとめ」などのキュレーションメディアにて広く拡散。

「今はカナダに住んでいて、GACKTも入籍や認知はせずに、経済的には不自由なく暮らせるようバックアップしているようです」

サイゾー

元愛人だった福世恵梨奈さんと8歳になるGACKTの隠し子(女の子)は、現在、カナダの超高級コンドミニアムに暮らしているらしく、経済的な支援は行っているとのこと。

GACKTの愛人スクープについては、今に始まったことではないことが分かります。

マネージメント会社社長・H氏について

GACKTのマネージメント会社社長・辺見直義氏

辺見直義氏Twitterより

GACKTのマネージメント会社は「株式会社GH」。
2014年9月、株式会社GHの代表取締役社長に就任したのは「H氏」こと、辺見直義氏。

週刊文春で書かれている通り、辺見氏の本業は音楽機材を操作するマニピュレーター(Twitterプロフィールにも記載あり)。過去にHKT48やBoAのレコーディングを担当。父親は元国税局長。
GACKTの所属事務所は当時、国税の強制調査を受けていたため辺見氏をマネージメント会社代表に招き入れたとみられています。

twitter.com

週刊文春には、instagramにアップされていたH氏との2ショット写真をモザイク付きで掲載。

辺見直義氏instagramより

一方、辺見直義氏のinstagramには、ガクトと共に撮影された写真が多数掲載されています。(辺見氏は左側の男性)

週刊文春に掲載された「H氏のモザイク写真」と比較してもわかりますが、辺見氏は特徴的な鷲鼻であるため、同一人物であることが明らかです。


ネットでは「なぜ独身なのに愛人?」との声

過去に週刊文春に「隠し子」がいたことが明らかにされたGACKTですが、今回の元グラビアアイドルのスクープも「彼女」ではなく、「愛人」。
それについて、ネット上では「なんで愛人って書かれるの?」と疑問の声。確かに過去の彼女であるICONIQさんなども、週刊誌では「元愛人」と呼ばれるケースも。

現在独身のGACKTですが、愛人を囲っていそうなイメージが世間には根付いているのでしょうか。


週刊文春が報じたGACKT元愛人騒動、続報ありましたら引き続きこちらにアップします。

Facebookでシェア
Twitterでシェア
LINEで送る

関連記事

いま注目の記事