バナナマン日村の母、嫁・神田愛花アナに嫌悪感あらわ&結婚大反対だった…

UPDATE:2018-4-7
バナナマン日村とフリーアナウンサー神田愛花アナが結婚を発表しましたが、以前から破局の噂が流れるなど、世間からはゴールインまで時間がかかった印象。というのも、2人の母親が結婚に大反対、バナナマン日村の母は嫁に対して嫌悪感をあらわにするなど、どうやら一悶着があった模様。

バナナマン日村、嫁姑問題乗り越えついに結婚

神田愛花アナ

左・バナナマン日村/右・神田アナ

お笑いコンビ「バナナマン」の日村勇紀(45)が7日、パーソナリティーを務めるTBSラジオ「バナナマンのバナナムーンGOLD」(金曜深夜1・00)で、元NHKのフリーアナウンサー、神田愛花(37)と結婚したことを発表した。

スポニチアネックス

一度は破局の噂も流れていたバナナマン日村と神田愛花アナが結婚を発表。
交際当時は神田アナの「売名行為」と言われ続けていた2人ですが、3年間の交際を経てついにゴールイン。


神田愛花アナの実家はお金持ちのお嬢様

セントフォース公式プロフィール

バナナマン日村の嫁・神田愛花(かんだ・あいか)アナは、1980年(昭55)5月29日、神奈川県横浜市出身。

お金持ちの家のお嬢様育ちらしく、中学から中高一貫校の有名私立・大妻中学・高等学校に入学。

お嬢様育ちの神田愛花アナ

バラエティ番組に出演した際、お金持ち育ちをアピールしていたことも。
神田アナは幼少期から勉強は得意な上に、真面目な女の子だったらしく、中学校・高校で生徒会長を務めていたとのこと。

大学は学習院大学理学部数学科に進学、学生時代には雑誌の読者モデル、ミス学習院を受賞するなど、派手な学生時代を送っていた神田アナ。

そんな神田アナが新卒で2003年に入社したのはNHK。当初は、10年間NHKに在籍後に12年にフリーとして活躍することになりますが、NHK局内で馴染めずに、ある理由で退職したと言われています。

NHK時代にイジメで退職との噂、室長から「殴る」

aikru.com

NHKでも数少ないアイドル系アナウンサーとして注目されてきた神田愛花アナ(31)が3月いっぱいで退社するという。その裏では、かなり陰湿なイジメがあったというのだ。

週刊アサヒ芸能 2012年 3/1号

大学時代に読者モデルとして活躍していた神田アナですが、NHKに入局してから“お堅い”社風に馴染めず...。NHK退社理由は、陰湿なイジメだったと週刊誌で報じられたほど。

元NHKアナウンサーで現在はフリーの神田愛花アナ(36)が23日、フジテレビ系「フルタチさん」に出演し、NHK時代にアナウンス室長から服装をめぐって「殴る」と怒られたことを明かした。

デイリースポーツ

何かと派手な服装で、NHKに通勤していたとテレビ出演時に語っていた神田アナですが、上司から服装について指摘されることも多く、一人浮いていたのは間違いなさそう。


お互いに母親同士、結婚を大反対していた

jisin.jp

2015年4月、フライデーがバナナマン日村と神田愛花アナの半同棲生活をスクープして以降、お互いに年齢も重ねていることから「もうすぐ結婚」と囁かれていた2人。しかし、日村の母親が神田アナを嫌って結婚を大反対。

息子さんと半同棲状態で結婚秒読みともいわれています。当然、神田さんも挨拶に来られているでしょうし、ご両親同士も交流があるんですよね?
「何もない。だから結婚なんて絶対にない! 絶対に!!」
怒りを露わにし、神田と会ったことがないと明かした母。そして、少し間を置いてからこう続けた。
「何にも話がないのに、結婚なんてない!」

女性自身

週刊誌の取材に対し、神田アナとの結婚を「絶対にない!」と言い切っていた日村の母親。というのも、神田愛花アナが『踊るさんま御殿』に出演した際に、神田アナの母親が結婚相手の条件を「高学歴であること」「生まれつきのお金持ちであること」「見た目が速水もこみちみたいであること」と指定。

そのこともあって、日村との結婚を反対しているとの内容を公共の電波を使って流したため、日村の母親が神田アナと母親に嫌悪感を持つことに。
「日村さんの母親が結婚に大反対。母親が相手のことを嫌がっていて、紹介もさせてくれない」と日村の後輩芸人談も。

事情をよく知るファンからは、「よく結婚できたな」「親は年齢で諦めたのか」などネット上でコメントも寄せられていますが、いざ結婚となると夫婦2人だけの都合では結婚生活上手くいかないもの。現在、お互いの親は祝福してくれているのでしょうか...。

いま注目の記事