無料と有料、VPNはどちらを選ぶべき?

最近ではたくさんのVPNのプロバイダーがあります。そして、VPNは無料と有料のものに分けることができます。

VPNが無料でできるのであれば、非常にうれしいですよね!ただし、無料のVPNは本当に安全に利用することができるのでしょうか?

この記事では、無料、有料のVPN、どちらがいいかを解説していきます。

無料VPNについて

無料VPNとはその名の通り、一切コストをかけずに利用できるVPNのことを指します。無料のVPNではアカウント登録などの必要もなく、アプリをダウンロードすれば簡単に利用することができます。

ただし、無料であるため、そこまで高いクオリティーを期待することができません。

VPNに接続したとしても頻繁に途切れてしまったり、通信速度が低かったりなど、不便な点が多くあります。

また、無料のVPNには通信量に制限がある、複数の端末で利用することができない、サーバーの数が少ない、などのデメリットがあります。そのため、実際に利用してみると、使いにくさを感じることがたくさんあるでしょう。

ただし、やっぱり無料で利用できるというのは大きな魅力ですよね。

VPNを仕事ではなく、日常生活でたまに利用する程度であれば、無料のVPNを検討するのもいいでしょう。

有料のVPNについて

ビジネスシーンなどでVPNを利用するのであれば、有料のものを契約することをおすすめします。

有料のものであれば安全性が高いので、仕事でも安心して利用することができます。

また、有料のVPNであればサーバー数が多いのが魅力です。日本国内だけではなく、韓国やアメリカ、ドイツ、イギリスなど世界中にサーバーを設けているので、用途に応じて好きな国なサーバーに接続することができます。ネットフリックスなどの動画配信サービスを利用するのであれば、サーバー数が多いことは非常に大きなメリットとなるでしょう。

また、有料のVPNであれば通信速度に制限がなく、接続状態も安定しています。一度接続してしまえば、スムーズに利用することができるので、ストレスを感じるもないでしょう。

有料だからと言って、すべてのプロバイダーが高い料金を設定しているというわけではなりません。中には低価格で利用できるVPNプロバイダーもあるので、まずはそのようなサービスから利用してみるのがいいでしょう。特に海外のプロバイダーは低価格かつ安全なサービスを提供しているのでおすすめです。


ライフスタイル


関連記事