呪術廻戦155話にてパンダ先輩偽物説が浮上、秤の術式はポルターガイストか【最新ネタバレ】

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)本誌155話のネタバレ考察ですが、これまで虎杖悠仁、伏黒恵と行動を共にしてきたパンダ先輩に偽物説が浮上。これまで、仲間の名前は下の名前で呼んでいたのだが、「伏黒」「釘崎」となぜか名字を呼び捨てしだしたことから、読者からは「パンダ先輩偽物説ある」との意見が殺到。
また、呪術廻戦155話にて明らかになった秤の術式についても考察をまとめています。
※⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌155話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦155話ネタバレ

154話では、潜入を試みようとする伏黒とパンダが合流。

パンダの発言により、綺羅羅の術式が「近づけないもの」であると判明し苦戦する

一方虎杖はついに秤と対面していたのだった。

155話では、高専の人間である事を隠していた虎杖だが

秤の引っ掛けによりバレてしまい、説得がうまくいかなくなる。

どうにか説得を試みる虎杖、そして綺羅羅を説得しようとするパンダと伏黒は……

前回までのあらすじ

・伏黒とパンダが合流
・パンダ曰く綺羅羅の術式は近づけないもの
・伏黒とパンダは、虎杖が秤を説得出来るようモニタールーム前を制圧する計画を立てる
・見張りをしている男たちを失神させつつ、屋上まで向かう
・綺羅羅も屋上におり、伏黒とパンダは近づけない術式により悪戦苦闘。

呪術廻戦155話あらすじ

秤の言葉

秤は、虎杖に「1日1時間ある事をするだけで月収100万円に…」の話を信じられるか問いかける。

虎杖は「そのある事次第」と返答するが、秤は「ある事を知るには20万円の資材を買わねばいけない」と虎杖に話す。

虎杖は信じられないというが、これは典型的な詐欺のやり方である。

普通に考えればわかる事だが、騙されるアホは沢山居るのだと秤は話す。

そしてそれは全て熱のせいだと話す。

その熱とは「ここで人生を変えてやる」という言葉であったのだ。

熱に浮かされ人は判断を誤る。だが熱がなければ恋すらできないと秤は話すのだった。

秤の目的

秤はその人間の熱を愛していると言うのだ。
よりダイレクトな熱のやりとり、つまりそれは賭け事の事。

秤曰く生きることはギャンブルである。ギャンブルしていない人間等居ないのだと言う。

賭け事を憎んでいる人間は敗北と破滅なんだと。

虎杖はそれに対し穏やかに暮らしたい人もいるのではと話すが

秤は賭け試合でゆくゆくはこの国の熱を支配したいと話す。

渋谷事変以降の呪霊の公表により総監部がロクに機能していない今がチャンス。

あらゆる障害を潰しきたる呪術規定の改定に乗じて
賭け試合の存在を公に認めさせる、それが秤の目的であった。

高専の人間だとバレる虎杖

秤は虎杖に「俺の熱に浮かされてみないか」と誘い出すが、ある人物からの着信によりそれは一変してしまう。

秤は急に虎杖になにか飲むかと問いかけ飲み物を差し出す。

虎杖は酒以外と話し、秤は弱いのか?と問いかけるが虎杖は未成年だからと断る。

飲みながら秤は五条悟も下戸なんだと話すと、虎杖は五条を知らないふりをするが

秤は「五条悟を知らない術師はいない何故知らないふりをしたのか」と話し

お前高専の回し者か?」と虎杖に問いかけ虎杖が高専の人間であることがバレてしまう。

虎杖は必死に話を聞いてもらうようにするが秤は攻撃をしはじめてしまう。

上手くいかない説得

秤は術式であろうものを使い虎杖とその周りのものを浮かせ攻撃をし始める

虎杖は防御しながら話を聞くよう言い続けるが、秤はそれを聞かない。
そして先程の着信は綺羅羅からものであり、異常事態の合図だと言いながら虎杖の顎を蹴りあげてしまう。

虎杖は攻撃されながらふと伏黒の「あくまで秤に協力をお願いする立場」という言葉を思い出し

秤に頭突きをしながら話を聞くよう説得する。

しかしそれでも秤は熱が冷めた!と話を聞くつもりはなかったのだった。

一方伏黒とパンダは…

秤と虎杖がいる部屋の外では、綺羅羅と膠着状態となっていた。

・綺羅羅に伏黒は自分達が正確には高専側では無い事
・各地で発生している結界も無関係ではない事

そして秤の力が必要であると叫ぶ。

綺羅羅はそれに対しハブったのはそっち(高専側)だと話す。

パンダ曰く、秤や綺羅羅は保守派と揉めた事

保守派は「呪術はこうであるべき」という思想の持ち主が多いため揉めていたという。

保守派は釘崎のような術式が保守派好みだという。
呪術も時代が進めばニューテクと絡む事があるが、それが術式にまで及ぶと、保守派はうるさいとパンダは説明するのだった。

秤の術式はニューテクと絡んでいる典型的なもの

綺羅羅は秤の術式は典型的なニューテクと絡んでいる術式だと話す。

そして、伏黒達は五条悟にいくらでもケツ拭いてもらえるじゃんというのだ。

綺羅羅はそんな五条に守って貰えるはずなのに秤を頼るのは嘘だと思っていた。

その言葉に伏黒は五条が封印されていると話すが綺羅羅は信用していなかった。

その為伏黒は脱兎を使い綺羅羅を説得しようと考える。

術式攻略に挑む伏黒だった。

呪術廻戦155話の感想と考察

呪術廻戦155話感想

ついに秤と接触した虎杖でしたが綺羅羅の着信と、呪詛師ですら知っているはずの五条の存在を知らないと嘘ついた虎杖の言動により、高専関係者だとバレてしまいましたね。

そして秤の術式が保守派好みでない事も分かり今後どうなっていくのか期待です。

秤の熱について考察

秤は熱を愛していると度々発言していました。
今までの話の通り、秤は賭け事が趣味で、その賭け事に熱を抱いて騙されてる人間を使い、更に現在の東京の状況により、上層部が機能していない今賭け事を公表したいと話していました。

これは恐らく秤にとって熱は人間の判断を狂わせ、いずれ自分達が支配できる

という思いから来てるのがわかりますね。

秤にとって支配する事で何か上手くいく事があるのだろうと予測できます。

秤の術式について考察

秤は虎杖が高専の人間だとバレると攻撃をし始めましたが、虎杖の身体は浮き、周りにあった物も自由に動かし攻撃を繰り返していました。

この事から秤は超能力、もしくはポルターガイストのようなものの術式持ち主だと考えられます。

そして虎杖に熱が冷めていると話していますので、恐らく

術式としてはこれはかなりレベルが低い

つまり、熱がある時はより強い術式を出せると予測できますね。

保守派好みの術式について考察

綺羅羅との対話で、保守派好みの術式は呪いらしい術式と判明しています。

パンダが例に釘崎を出していましたが、藁人形や釘を使うものの為、呪いらしいというのは分かりやすいですね。

恐らく保守派は好みではない新しい術式の術師の事はよく思っていないのでしょう。

保守派好みではない典型的な術式持ちの秤について考察

秤の術式は保守派好みではない事、そしてそれが揉めるきっかけになったと判明しましたが
秤の術式を見ると物を自在に動かせる術式なので
保守派が考える呪いらしい術式とは程遠いと考えられますね。

この事から、無下限呪術を使う五条悟の事をよく思ってなかったのも頷けますし
恐らくずっと出ていない狗巻については、保守派好みであろう呪言師なので
敢えて拘束を続けているのではないかと考えられます。

術式攻略を試みる伏黒について考察

伏黒は綺羅羅の術式攻略の為に脱兎を出していましたが
この時、伏黒は息を整えていました。

脱兎はそもそも複数いる式神であり、綺羅羅は即座に全部にマーキング出来ないと思われます。

その為伏黒はマーキングされていない脱兎の影に隠れ綺羅羅に近づいていくのではと予測できます。

パンダ偽物説が浮上

これまで、高専の仲間を下の名前で呼んでいたパンダ先輩。
しかし、ここにきて、急に名字を呼び捨てで呼び出すパンダ先輩に違和感しか感じません。

言動だけでなく、パンダの見た目も変わっている…という意見も。

パンダ偽物説は可能性ありそうですね。

今後の展開予想

恐らく伏黒が綺羅羅の術式攻略→綺羅羅を説得して
綺羅羅が秤にその皆を伝えることによって虎杖達の仲間になりうる可能性が出てきそうですね。

秤も綺羅羅の言う事は信用してると思いますので
今後説得出来た段階で死滅回游の状況が一変しそうです。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事