呪術廻戦161話のネタバレ考察|伏黒くん、新キャラ麗美の色気に騙される…

呪術廻戦本誌161話のネタバレ考察ですが、今回は新キャラが続々登場。
中でも、伏黒恵に「私の騎士(ナイト)になって」とねだる麗美という新キャラのセクシーお姉さん。伏黒は思わずその色気に…とは関係なく、ただ絡む面倒くささに騎士になることを承諾するが、麗美に騙されることに…?
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌161話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦161話のネタバレ

呪術廻戦160話では、ついに死滅回游に動きが出る。
かつての先輩、佐々木と井口も死滅回游の泳者に選ばれていた。

佐々木の家に簡易結界を張った羂索は佐々木に死滅回游の説明をし
結界内に入ったら泳者となる事を話し、1度結界前までに連れていく。

2人はオカ研として入るか悩んでいた。

一方虎杖達は分担をし、結界内に入る決意を固める…

161話では、結界内に居る泳者の状況、そしてついに結界内に入る伏黒と虎杖。

しかし総則にない設定された9つの地点にランダムに振り分けられ
虎杖と伏黒は別々になってしまう…。

前回までのあらすじ

・羂索が突如オカ研の佐々木の元に現れる
・羂索は佐々木に死滅回游の泳者だと伝え、仙台の結界まで連れていく
・羂索は佐々木に息子と仲良くしてくれてありがとうと伝える
・結界前には井口も泳者としてその場にいた。
・秤とパンダは東京の第1結界、虎杖と伏黒は第2結界、綺羅羅は連絡手段の為に結界の外に待機する事になる。

呪術廻戦第161話

東京第1結界にて

甘井と呼ばれる男が泳者の女に合図はまだかと聞かれる。

誰か来ない事には合図が出来ないと言う甘井に女は、口答えするのかと言い
甘井は怯えていた。

その女は髪が異様な形に変わっていくのだった。

結界前にて

一方虎杖と伏黒は結界前にて話をしていた。
伏黒が危惧していたのは「受肉した過去の術師」であった。

虎杖はピンときていなかったが、100年、200年でも命の価値がちがう。
戦って死ぬのは当たり前、むしろ死ぬ為に羂索と契約した術師すらいると説明する伏黒。

そして鹿紫雲や日車でさえも過去の術師の可能性が高いと言う。

好戦的なのは呪霊や、巻き込まれた現代の術師なら情報交換できるのではないかと伏黒は考えていた。

結界にノックをするとコガネが登場。

死滅回游泳者となる事について問題ないと応えた伏黒は
コガネによって泳者登録された。

総則を参照するか聞かれたが必要ないと答える伏黒。

そして虎杖に日車の情報収集をすることを伝え遂に2人は結界内に入るのだった。

結界内でバラバラになる虎杖と伏黒

2人は同じ結界に入ったが、その瞬間バラバラはぐれてしまった。

死滅回游の総則にない結界の法則。
侵入した者は9つの地点にランダムで転送される。

虎杖は空中に飛ばされており、伏黒が居ないことに混乱。
その先にいたのは総則にない現象に動揺した泳者を狙う「初心者狩り」だった。

甘井が誘導灯で合図すると、虎杖はその初心者狩りの女、
つまり甘井が怯えていた女、羽生に攻撃をされる。

髪の毛がターボのような物になり空中に浮く事が出来る羽生は
虎杖が只者では無いことを察する。

羽生はダーリンと呼ぶものに連絡を取るが隙を見計らい虎杖は呪力の篭った瓦礫を投げつける。
脇腹にダメージを受けた羽生はそのまま下の建物に落ちていくのだった。

虎杖は日車の事を聞こうと行動するが、羽生が呼んだダーリン、羽場との対戦になろうとしていた。
近くにいた甘井は、虎杖の事を知っている様子だった。

その頃の伏黒は…

伏黒は痛いと泣く女の前に立っていた。
先に襲ってきたのは女で、防御したのだ。

虎杖と予想外のはぐれ方をした伏黒は鵺に協力してもらうも
おそらく2キロ以上離れてるため鵺でも虎杖の場所を見つけられなかったのだ。

しかし目指す場所は決まっているため女に「日車という男を知っているか」と問いかける。

女は男は「女を殴れば何でも言う事聞くと思ってるよね」と
言い返すが伏黒は「答えろ」と怒る。

女は日車の場所を教える代わりにお願いを聞いて欲しいと話す。

それは「私の騎士になってほしい」つまり守って欲しいという事だったのだ。

伏黒はそれに対して「お前の言ってることが本当だったならな、嘘だったら分かるな」と
敵意を込めた表情で女を睨む。

そして伏黒は俺は虎杖と違う。「自分で100点とってもいいんだ」と心に決めるのだった。

女は意味深な表情で「お前はやめて、麗美って呼んで」と口にするのだった。

呪術廻戦161話の考察・感想

161話の感想

ついに結界内に侵入した伏黒と虎杖でしたが、まさかのバラバラになってしまいましたね。

虎杖は虎杖で、羽場との戦いになりますし、伏黒も人を殺す選択をし始め今後の展開が
一層怖くなってきますね。

呪術廻戦161話の考察

9つの地点にランダムに振り分けられた理由について考察

恐らく誰しもが知ってる泳者と行動すると予測し
協力し合うと死滅回游のゲームとしての面白みが無くなると考えた
羂索によるものなのではないのでしょうか。

そして今回の痛手は綺羅羅を結界内に入れなかったことですね。

綺羅羅が事前に虎杖と伏黒、秤とパンダをマーキングしていれば
バラバラにならないと思うので致命的な判断だったと思われます。

甘井について考察

甘井は虎杖を知っている様子でしたが、恐らく西中の虎時代の虎杖を知ってる人間の可能性がありそうですね。

というのも今回オカ研の2人も巻き込まれていますし
虎杖が元々通っていた高校の同級生やその周りの人間を巻き込もうとするのは
羂索にとっても都合が良さそうです。

初心者狩りについて考察

これは得点を有利に稼ぐ為に羽生や羽場が考えたものだと考えられます。

戸惑っている間に攻撃して殺せば自分に被害が出ることなく得点を稼げるので
かなり頭のいい作戦ではないのでしょうか。

伏黒「自分は100点とってもいい」発言について考察

伏黒は元々虎杖には「人を殺さなくてもいい案」を考え、100点持っている日車への交渉を作戦にしていました。

しかし、それはおそらく虎杖が渋谷事変で宿儺が大量殺人をした後の精神状態を危惧して考えた事であり、
伏黒は津美紀の事もある為自分は「不平等に人(虎杖や津美紀)を助ける」為に
人を殺す選択をし始めている可能性があります。


これはあくまで津美紀が巻き込まれてまだ正常だった場合であり
万が一、津美紀が人を殺し得点を稼いでたとしたら、かなり地獄な選択だと思われます。

そもそも羂索がマーキングした時点で正常な判断をできるとは思えませんし
津美紀は正気を失っている可能性も高いので助けるのもかなり困難だと思われます。

また日車との合流もありますので、仮に人を不平等に殺して伏黒が得点を稼いだ場合
日車の平等に助けるという考えの違いから衝突が起きそうですね。


更に伏黒は津美紀の事になると冷静さを失ってしまう傾向がある為
人を殺して得点を稼ぐ判断はかなり危険な行為だと思われます。

麗美について考察


麗美は割とすんなり伏黒の言うことを聞いていますが確実に裏がありそうですね。
麗美は自分を周りから守ってもらい、得点を稼ぐ為に伏黒を利用していると思われますので
最終的には伏黒が麗美に攻撃される可能性が高いです。

次回予想

羽場と虎杖の戦い、麗美と伏黒の戦いが予想されます。
麗美は恐らく裏があるので、伏黒と戦うことになるでしょう。

また秤とパンダも既に結界内にいるはずなのでそちらについても描かれていきそうですね。

呪術廻戦、合法的無料読破する方法とは

マンガ配信サイトって、最近CMでよく目にしませんか?
CMでも有名なサイトの中でも、一部サービスは無料トライアル中に嘘みたいにポイントをくれるところもあります。

当サイトでは、安心して無料トライアルを試すことができるサイトのみ厳選して紹介していますので、「最新巻を読みたい!」「単行本の続きが気になる...」と思ったら、以下ご参考ください。


呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事