呪術廻戦154話ネタバレ|呪術高専3年・星綺羅羅が男と判明、術式は「磁石」が関係か

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)本誌154話のネタバレ考察ですが、前回に呪術高専3年に女性キャラが初登場!と話題になっていたばかりだったのですが、なんと星綺羅羅(ほしきらら)が男だったことが判明。風貌や身体が女性的な特徴から、高専3年なのにすでに「性転換済み?」と話題を集めています。
このあたりの情報は後々明らかになっていくと思われますが、注目されるべきところは、星きららの術式。本誌の中でも、磁石のS極・N極のような力を制御できることから、術式「磁石」説が浮上しています。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌154話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦154話ネタバレ

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)153話では、遂に秤金次(はかりきんじ)を戦力にいれる為動き出す虎杖と伏黒。
虎杖は呪術師同士の賭け試合に参加。伏黒は影を使い密かに潜入を試みる。

154話では、潜入を試みようとする伏黒とパンダが合流。

パンダの発言により、綺羅羅の術式が「近づけないもの」であると判明し苦戦する。

前回までのあらすじ

・秤は栃木県の立体駐車場跡地で賭け試合の胴元をして金を稼いでいる
・虎杖は秤の許可によって賭け試合に参加
・伏黒は秤から警戒されてる為密かに影を使い潜入を試みる
・秤と共に同じく高専3年の星綺羅羅も登場

呪術廻戦本誌154話

秤勧誘の為動き出す伏黒とパンダ

パンダは虎杖との対戦にわざと負けた後伏黒と合流する。

伏黒は虎杖が秤と接触できそうな事を伝え、何故パンダが秤と会えないか問いかけると

綺羅羅の術式によって秤の居るモニタールームの扉に近づけないと話す。

歩いても走ってもダメで、感覚としては五条の術式に近いという。

そして綺羅羅が男である事もここで判明する。

パンダも綺羅羅の術式についてはよく分からないと話すのだった。

伏黒はパンダに、虎杖が秤を説得出来るか問いかけるが
秤の問題と虎杖が嘘をつくのが下手という事から難しいのではないかと予想する。

仮に虎杖が高専関係者だとバレ、部屋からつまみ出されたり
仲間が入ってきたりするのが1番良くないと判断しパンダは伏黒に

・虎杖がモニタールームに入った時点で立体駐車場を制圧
・扉の前を固め2人が話す時間を稼ぐ

と提案する。

防犯カメラはあるがパンダは位置と死角を把握してる事と
まともな術師は秤と綺羅羅だけ、見張りも入口4人、各フロア2人ずつなのでいけると判断。

綺羅羅の術式が問題だが何かあった時は潔く諦めるとし、伏黒とパンダは作戦開始をするのだった。

作戦開始する伏黒とパンダ

賭け試合に圧勝した虎杖は、綺羅羅と話をしていた。

そして綺羅羅が扉を閉めた瞬間影に隠れていた伏黒が入口に潜入

直ぐに見張りを気絶させる。

一方パンダは、見張りにパンダらしい場面を見せ気を緩ませつつ
タイミングを見て見張りを気絶させる。

着々と見張りを気絶させ簡単に屋上に着いた2人。

しかしそこには、綺羅羅の姿があった。

綺羅羅に高専関係者とバレる

綺羅羅はすぐさま信用していたパンダに気づき、更に伏黒が高専関係者だと気づいてしまう。

そして虎杖も恐らく高専関係者と判断し、秤に連絡を取ろうとした時
伏黒が玉犬を使い綺羅羅に襲いかかるが玉犬は綺羅羅に近づく事が出来ず、伏黒の元へ吹っ飛ばされてしまう

綺羅羅に近づけない伏黒とパンダ

伏黒は直ぐにパンダが「近づけない」と話していた意味を理解する。

すると伏黒やパンダに光のようなものが出てくるが
綺羅羅はマーキングしていると心の内で語る。

そのまま秤の元へ去ろうとする綺羅羅にパンダは必死に
敵ではなく、秤に頼み事があるだけと話すが綺羅羅はそれを信用しない。

そして同時にパンダも綺羅羅に近づけなくなってしまっていた

伏黒は再度玉犬を出し、綺羅羅の行先をガードするが、今度は伏黒が玉犬の元に物凄い勢いで引っ張られてしまう

伏黒は綺羅羅と近づけない所か玉犬とも離れられない事に気づいていた。

そしてパンダのおしりには「★Imai」という文字が記載されていたのだ。

秤と接触した虎杖

モニタールームではついに虎杖と秤が接触。

秤は「1日に1時間ある事をするだけで月収100万円に!」と言われて信じるか? と虎杖に問いかける。

虎杖はそれの意図を理解していないようだった。

秤の意図は一体……。

呪術廻戦154話感想と考察

呪術廻戦154話感想

まず綺羅羅が男であった事にびっくりしましたね。

呪術廻戦153話での女性的な身体はなんだったのか…。
ネット上では、「性転換した?」などの憶測を呼んでいます。

また、星綺羅羅の近づけない術式に困惑するパンダと伏黒。
一体この術式が何なのか気になりますし、秤の言葉の意図も気になる所です。

星綺羅羅の術式考察、「磁石の術式」か

前回は音の術式ではないかと考察しましたが
綺羅羅はパンダが話している通り「近づけない」術式を持っているよう。
んあおで、玉犬と伏黒が離れられなかった事から恐らく磁石の術式だと考察出来ます。

五条のような無下限呪術に近いとありましたが
磁石もN極同士、S極同士だと弾かれ、逆にNとS極同士であればくっつく性質があります。

恐らく綺羅羅によってマーキングされた時点で伏黒と玉犬はS.N極にされ、くっ付いてしまったのだと考えられます。

しかし綺羅羅にも近づけないので、綺羅羅はマーキングした相手の磁力を変える事も可能だとも考えられますね。

マーキングのImaiの意味について考察

パンダのお尻についてた「★Imai」というのは、綺羅羅が付けたマーキングだと考えられます。

しかし何故Imaiなのかという点、かなり憶測の考察になりますが
磁石が磁気を持つ素となる電子の回転運動を計測する高速回転装置の話が実際にあります。

その開発に関わった方の1人が今井さんなのでそこからきてるのかもしれません。

また、この高速回転運動装置ですが、微小な磁力や角運動量の測定が可能らしく、
恐らく星綺羅羅自体、もしくはマーキングが装置の役割をしている可能性があります。

フェリ磁気性という物があり、磁性体の中に2種類の磁性原子があり
それぞれ反対方向の角運動を持つ為、角運動量の大きさの分だけ磁気を発生させます

今回伏黒と玉犬の行動と、勢いよくくっ付いてしまう描写や綺羅羅に近づけないという点を考えると
このフェリ磁気性を元にしている可能性もあり、
マーキングされた人間の動きの運動量によって磁気が強く発生してしまうのではないのでしょうか。

※こちらについてはかなりの憶測になりますのでご注意ください。

秤の言葉の意図について考察

秤は虎杖に意味深な発言を投げかけておりました。

秤はおそらくギャンブラーなので、過去にその言葉を投げかけられた事によって
お金を稼げるならば、とこの賭け試合をして今の状態になったと考えられます。

その為に高専から停学処分を受けていたと思うのですが
何故この言葉を虎杖にしたのかについてですが
恐らく秤は自分と考えが一緒の人間しか信用しない可能性がありそうです。

と言うのも、過去に上層部を殴っている為、
表上はその理由で停学になってると思いますが、実際は、

上層部とのやり取りの際秤は自分の考えに合わない=信用出来ない

という考えに至ったのかもしれません。

その為、虎杖が信用できる人間か試す為にその言葉を投げかけたのではないのでしょうか。

どちらにせよ虎杖もパチンコ好きなので、秤と話が合うのではと考察出来ます。

今後の展開予想

今後は秤と虎杖のやり取りが続くと思われます。

また綺羅羅の術式によりどこまで伏黒とパンダが綺羅羅の行動を阻止できるか
というところの描写がされていくのではないのでしょうか。

そして綺羅羅の術式も判明していくと思われますのでますます楽しみですね。

呪術廻戦154話の番外編では変顔描き下ろしが掲載。西宮が呪術女性キャラで唯一の汚れ役を引き受けてくれる猛者であることがわかりますね。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事