呪術廻戦150話の作画が心配…真依の「全部壊して」に芥見先生まで破壊されそう【最新ネタバレ】

呪術廻戦本誌150話のネタバレ考察ですが、149話にて覚醒した禪院真希が禪院家の雑魚どもを片っ端から消し去り、恐ろしいほどの強さを見せつけます。
一方、ストーリー展開とは関係のないところですが、149話の「全部壊して」と真依の言葉通り、真希の戦闘シーンの作画が壊れちゃってるレベルで「芥見下々先生、大丈夫?」と読者から心配の声が寄せられています。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌150話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦150話のネタバレ

149話では、扇との戦いに破れた真希。
真依と共に連れていかれた場所は訓練と懲罰に使われる部屋だった。
呪霊が無数いる部屋の中で真依は意識のない真希に術式を使い真希を助ける。

真依は全てを真希に託し命を絶つ。
そして父である扇を一瞬で殺したのだった。

150話では、真依に全てを託された真希と禪院家の戦いが始まっていた。

前回までのあらすじ

・父と子の戦いの末
・真依が真希を助け出し…
・呪術師にとって双子が凶兆になる理由
・真希の覚醒

呪術廻戦本誌第150話ネタバレ

全てを託された真希

真希が覚醒し、扇が殺された事により禪院家では警鐘が鳴らされていた。

蘭太と呼ばれる禪院家の人間が甚壱に対し真希が扇を殺害した事を報告する。
そして現在躯倶留隊と呼ばれる集団が処理にあたっていた。

扇が殺害された事に甚壱と直哉は動揺を隠せない。

躯倶留隊の出動

躯倶留隊は真希の現状について話をしていた。
隊長の禪院信朗(ぜんいんのぶあき)は真希のシメは自分がすると発言する。

躯倶留隊とは術式を持たない禪院家の男児が入隊するもの。
炳(へい)と呼ばれるものの下部組織として日夜武芸を叩き込まれた部隊であった。

真希も高専入学前までは籍を置いていたという。

噸(とん)の間にいた真希を見つけた躯倶留隊は真希を囲み臨戦態勢に入る。

囲まれた真希は直哉の「どうすんの?」という言葉と
真依に以前言われた「なんで一緒に落ちぶれてくれなかったの」という言葉に対して考えていた。

真依の言葉については双子にとって落ちぶれるのが正解だと感じていたのだった。
そして躯倶留隊が戦闘に入る寸前真依にごめんなという言葉を心の中で呟く。

真希はそこで真依の呪いの言葉「全部壊して」を思い出すのだった。

真希の圧勝

躯倶留隊の隊員は全員揃って真希に襲いかかる。
しかし真希は上手くそれを交わし、次々に隊員を切りつけ殺害してゆく。

自らの身体能力を生かし全員を即座に殺害する真希。

その様子を見に来た信朗は躯倶留隊が全員殺害された事に驚きを隠せずにいた。

すると炳と呼ばれる集団の一員、長寿朗が真希に術式を使い攻撃を仕掛けてゆく。

長寿朗の術式は大きな手のようなものを家の屋根に突き出し真希を攻撃するものだった。

炳の登場

炳とは高専資格条件で準1級以上の実力を認められた者達で構成される禪院家最強の術師集団であった。

その中には禅院甚壱も加わっていた。

凄まじい勢いで術式を発動し戦う炳だが、真希も真依の作った刀を使い
上手く交してゆく。

長寿朗の術式を喰らっても動ける真希は物凄い威力であり
非常に早いスピードで炳にカウンターを決める。

それは炳の人間全員が本当に真希なのか疑うほどのものであったのだ。

すると蘭太の術式により真希の動きが止められてしまう。
しかしその術式すらも真希は破壊し、蘭太ですら動きを止められない。

蘭太が術式崩壊されかけダメージを負い、甚壱がそれを気にかけるが
蘭太はある事を話す。

現在の禪院家がある理由

蘭太は今の禪院家がある理由は甚爾の気まぐれによるものだという。
今の真希は甚爾と同じ存在になっている為、今ここで真希を殺すと叫ぶ。

甚壱はそれに応え術式発動し、家ごと無数の拳のようなものを振り下ろし
真希を潰しにかかる。

目の前の建物が潰され蘭太は真希が殺されたと一安心し、蘭太も力尽きてしまう。
しかし現れたのは甚壱の首を持った真希の姿だった。

ついに始まる直哉との戦い

甚壱の首を持った真希はその場の池に投げ込む。
するとそこには「非道いなあ」と笑う炳筆頭である直哉の姿だった。


「人の心とかないんか?」と真希に皮肉を言う直哉。
それに対し真希は「アイツが全て持ってっちまったからな」と返答する。

ついに始まる直哉と真希の戦い。

151話に続きます。

呪術廻戦150話の考察・感想

150話感想

覚醒した真希が全てを壊すスッキリな展開でしたね。
まだ直哉との戦闘は残っていますが真希に期待です。

扉絵について考察

扉絵の真希真依の手が布で繋がっていました。

やはりMMツイン特有の身体の一部がくっついてしまう「結合双胎」を表してると考えられます。

また布は真依が作り出した真希の刀にも同じものをついていることから
布が真希と真依を繋げている事を意味してるのでは無いのでしょうか。

更に扉絵の真依は首に勾玉らしきもの身につけてます。

勾玉には不思議な力が宿るとされ、魔除けや厄除けといった呪的な意味と
胎児模倣説という胎児の形は人や獣に魂が宿る「宿りの形」とされており、そのため呪的な力が宿るので
真依が真希に「宿った」を意味してるのではないのでしょうか。

真依の最期の言葉について考察

やはり真希にとって真依の「最期の全部壊して」という言葉は呪いになっている事が分かりました。

それは「禪院家を全て壊して」という事でしょうし
甚爾の気まぐれで崩壊しなかったのを真依は知っていて今度こそ壊して欲しいと願って
真希に全てを託したのでしょう。

躯倶留隊について考察

躯倶留隊は術式を持たない禪院家男児が入隊してるとありました。
しかし真希も高専在籍前まで入隊していたので真希は自ら入隊したのだろうと考察できます。

またおそらく真依はそれをずっと見ていて「痛いのも怖いのももう嫌」と言っていたのではないのでしょうか。

呪術的に同一人物となってしまう双子の真希の痛みは真依の痛みであるから
この発言が出てきたと考えられます。

禪院甚爾の気まぐれについて考察

今の禪院家があるのは甚爾の気まぐれって発言してる事から
甚爾が禪院家を出ていなければその時点で崩壊していたと思われます。

気まぐれとは甚爾が禪院家を捨てた事ですね。

これがなければ11年前にはもう既に禪院家は崩壊していたのでしょう。

更に甚爾の件で天与呪縛がどういうものなのか分かっていながらも
禪院家は真希を下に見てたという事になります。

炳と直哉について考察

炳は準1級以上の術師集団になりますが、そこの筆頭が直哉でした。

しかし直哉は特別準1級でありますし、高専資格条件としても恐らく準1級である事と
覚醒前の真希は高専資格条件で1級昇格推薦されている事から
確実に既に真希の方が強いと考察できます。

それに加え禪院甚爾のようになった真希の実力はそれ以上の物であると予測できますので
確実に直哉は真希に勝てず殺害されてしまうのではないのでしょうか。

芥見先生、お疲れなのか…ちょっと心配

真希戦闘シーンにて、ハンターハンターを彷彿させる作画…
ネット上でも「芥見先生が心配」との声が多く挙がっています。

これまで計11回もの長期休載をしているハンターハンターのようになってしまわないか、真依が死に際に「全部壊して」と言っていましたが、芥見先生まで壊れないで…。

今後の展開予想

真希と直哉の戦いになりますが考察のように恐らく真希には勝てないと思いますので、直哉は殺害され、禪院家は崩壊すると思われます。

しかし真依の呪いは全てを壊す事なので、崩壊させた後は今後出てくるであろう
死滅回游でも全て壊していくのではないのでしょうか。

次回がまた楽しみですね。

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事