呪術廻戦131話のネタバレ!偏殺即霊体の真人を虎杖が狙うは黒閃!

130話で黒閃を受け自分の魂の本質を掴んだ真人が最終形態である偏殺即霊体へと変化しました。
今回の呪術廻戦131話では偏殺即霊体に変化した真人VS虎杖の死闘が描かれます。
※この記事には重要なネタバレが含まれます。

呪術廻戦131話のネタバレ

虎杖の黒閃を受け、真人は遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)という、最終進化形を遂げた。絶体絶命の虎杖悠仁。別次元の呪霊となった真人に対し、虎杖はどのように戦っていくいくのか。

前回までのあらすじ

・真人は0.2秒の領域展開発動
・東堂は身を守る為、簡易領域を発動するも失敗する。
・真人の無為天変により東堂の左手に異変が生じると東堂自身で左手を切断
・黒閃を放たれた東堂は腹に呪力を集中させダメージを最小限に抑える
・真人は東堂と間合いを詰めていくが、東堂は真人の右手を叩き虎杖と位置を入れ替える
・入れ替わった虎杖は真人に黒閃を放つ
・黒閃を喰らった真人は自身の本質を掴み遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)へと変化

第130話『渋谷事変48』ネタバレ

最終形態へと変化した真人

虎杖の黒閃を受け、遍殺即霊体(へんせつそくれいたい)に変化した真人。
虎杖は今までの手段としての変形じゃない、何が違う?と真人の異変を感じ取っていました。

「ハッピーバースデイって奴さ虎杖」
「黒閃を経て理解したんだ、俺の本当の剥き出しの魂を!」と真人は言う。

それに対し虎杖は「驚いたよオマエが自分探しをするタイプだったとはな」と返答する。

真人は笑みを浮かべながら「仕上げはこれからだ」
オマエを殺して俺は初めてこの世に生まれ堕ちると虎杖に対し言い放ち2人の死闘が再び始まる。

再び始まる死闘

虎杖は真人に蹴りを入れるが真人は虎杖の足を身体の一部である黒い何かで攻撃をかわしてしまう。
今までと段違いのスピードで攻撃をする真人。

虎杖はそれを物怖じせず、真人の腹部に拳を突きつける。

しかし虎杖は真人の身体が固い事に気づく。
それは自分の拳や脹相の身体をも越える固さであった。
驚く事に真人は全くダメージを食らっていないのだ。

別次元の存在となった真人

戦闘を続ける虎杖は、俺の本当の剥き出しの魂という真人の言葉を思い出す。

真人が呪霊として、変身前とは別次元の存在になったのだ。虎杖はそれに気づく。
そして自分の攻撃が通用しない事も

反撃を開始した真人に顔面を掴まれ地面に叩きつけられる虎杖。
そして地面は大きくヒビ割れをする位真人は強くなっていた。

真人を倒す方法は黒閃のみ

虎杖が真人を倒すためには最大呪力出力の黒閃をぶつけるしか方法がなかった。
だが黒閃は狙って出せる術師は存在しない事も知っていた。

そんな中虎杖の身体は限界に近かった。
脚が小刻みに震え始め、特に酷使していた右脚は自分を支える事で精一杯であった。

一方真人も首の後ろにある身体の一部の黒い部分が欠け始め口からも出血をしていた。

真人は笑いながら一瞬とはいえ領域展開直後に黒閃を喰らったのはマズったなと
自身の限界も近い事を察する。

酷使していた右脚をガンガン拳で叩きつけ何とか体勢を整えようとする虎杖。

そんな虎杖を見て真人は「お互い元気いっぱいだな」と嫌味を言う。

その言葉を皮切りにまた闘いが始まる。
呪力を上げながら拳での攻撃を繰り返し、最大呪力出力までどんどん上げていく虎杖。

真人も虎杖の攻撃を交わしながら互いに拳を放とうとした所で131話は終わります。

黒い火花、散るのはどちらか!?

132話に続きます。

呪術廻戦130話の考察・感想

呪術廻戦131話の感想

今回も迫力のあるシーンが多く虎杖と真人の表情を見るのも楽しめました。
また遍殺即霊体になってから真人の言い方も何となく変化したように感じました。
別次元の存在になった事による変化なのかと感じました。

真人の遍殺即霊体について考察

遍殺即霊体になった真人はこれまでの変形とは違う形をしています。
今までの真人は大きくなったり小さくなったり形自体はかなり変わるものの、真人らしさが残っていました。

しかし今回は全くの別物となっている事から、遍殺即霊体は人型呪霊としての最終形態だろうと考えています。
同じ人型呪霊の花御も似たような形態をしてますね。
少年院や、京都校交流会の時の対花御戦でも、花御が固くダメージを受けにくい事が描かれて居ました。

また、花御は頭部の角のようなものが格段に弱かったですが、真人も限界を迎えてから首の後ろの黒い部分から欠けていました。
恐らく弱点は黒い部分かなと予想してます。

真人と花御の共通点も踏まえると、真人は花御と同等、もしくは花御超える呪霊になったのだと考えられます。

黒閃について考察

恐らく黒閃は虎杖が決め撃つのでは無いかと思います。
と言うのも虎杖は過去にも連続で黒閃を出してます。

そしてほぼリタイア状態の東堂がまだ近くに居ることを考えると、虎杖が上手く黒閃が出せなかった場合は京都校交流会と同じように何らかの気づきを与えてくれると思います。

今後の展開予想

らく今後は偽夏油が出てくるのではないかと予想しています。
元々偽夏油は真人の事を味方意識してるというよりも何らかの目的のために傍に置いてる確率の方が高いです。

そして呪霊操術を使える夏油を乗っ取っている事も考えると、ある程度強くなった段階で呪霊操術によって真人を取り込むのではないでしょうか。

その後どうなっていくのか次回が楽しみです。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事