呪術廻戦144話で釘崎死亡確定へ、禪院真希ショートカット&天元の姿が公開【最新ネタバレ】

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)144話では、虎杖悠仁が呪術高専の仲間たちと合流。そこには、渋谷事変で生存不明となっていた禪院真希が。片目を負傷したものの、芥見下々先生が伏線をはっていたショートカットにヘアスタイルをチェンジ。
また、謎に包まれた『天元(てんげん)』が登場。その容姿に本誌勢から驚きの声が。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌144話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦144話のネタバレ

呪術廻戦本誌143話では虎杖の母にも縫い目があった事、乙骨は五条に頼まれわざと死刑執行人役に回った事
加茂憲倫による死滅回游というデスゲームが始まろうとしてる所で終わりました。

144話では、死滅回游を攻略する方法や、真希、野薔薇の生死、そして天元について少しずつ明らかにされていきます。

前回までのあらすじ

・虎杖を引きずったまま乙骨現る
・謎だった虎杖の両親の回想シーン
・乙骨先輩はやっぱり味方だった!
・乙骨先輩、アカデミー賞ばりの演技の理由
・「俺を助けろ」伏黒の登場
・死滅回游のルールが明らかになる

第144話のネタバレあらすじ

虎杖の力が必要

伏黒は虎杖に加茂憲倫が仕組んだ死滅回游を攻略するには虎杖オマエの力が必要だと話す。

虎杖は人を助けろという言葉を思い出し乙骨に話をする。

宿儺が伏黒を使って何かしようとしている事。
渋谷事変の際宿儺に肉体を乗っ取られたのは一気に10本の指を食べさせられたため、現在虎杖の身体には指が15本取り込まれている。
仮に残りの5本を食べさせられても肉体は乗っ取られないはず。

それでも万が一宿儺に乗っ取られたら迷わず殺してくれと虎杖は乙骨に頼むのだった。

死滅回游の攻略法

続いて、虎杖悠仁は伏黒恵に何をすればいいか問いかけると伏黒は話し始める。

まずは高専に戻り。天元様と接触。
天元様と接触し、獄門疆の封印の解き方、加茂憲倫の具体的な目的と今後の出方を聞くこと。

これが未曾有の呪術テロ死滅回游の攻略法だと言う。
答えられるのは天元様のみだという。

虎杖は九十九由希なら知らないかと話すがこの提案は九十九の提案であった。
九十九は上層部と関わりたくない為、高専には潜伏をしているとの事。

しかし問題は天元様の隠す結界だと乙骨は言う。

なぜなら、シャッフルが繰り返される1000以上の扉の内1つだけが、天元様の居る薨星宮(こうせいぐう)へと繋がっているから。
それを引き当てないと天元様には接触不可能なのだ。

釘崎野薔薇の生死とは

虎杖は伏黒に「ごめん今聞くわ」と話し始める。
釘崎はどうなったのかと。
虎杖は釘崎の生死が渋谷事変での真人戦からずっと気になっていたのだ。

伏黒は何も言わず苦しそうな表情をする。
虎杖はその表情を見て、拳を握りしめ「そうか…わかった」と言うのだった。

その時脹相が急に現れる。
隠す結界が何とかなるかもしれないというのだ。

その方法は、以前真人が交流会の際に宿儺の指と呪胎九相図を盗み出した時と同じ事をするという。

禪院真希の生存が確定

高専には九十九と禪院真希が居た。
真希は左顔が爛れ、髪の毛は短くなり、右目は負傷していたが無事であった。

乙骨は真希が動いてる事にびっくりしていた。
九十九はそれに対し「火傷は仕方ない、反転術式でも跡は残る」と話す。

しかし天与呪縛のフィジカルギフテッドである真希。
最後の最期で呪いの耐性では無く、生来の肉体の強度が生死を分けたのだ。
その為、同じように漏瑚に攻撃された直毘人は死んだが真希は生き残れたと九十九は話す。

真希は伏黒に天元様の結界の話を聞くと脹相が伏黒の代わりに話し始める。

扉から薨星宮の途中には高専が呪具や呪物を保管している忌庫がある。

忌庫には脹相の弟達である呪胎九相図、6人の亡骸が保管されている。それぞれの名前は以下の通り。

呪胎九相図4番:膿爛相(のうらんそう)
呪胎九相図5番:青瘀相(しょうおそう)
呪胎九相図6番:噉相(たんそう)
呪胎九相図7番:散相(さんそう)
呪胎九相図8番:骨相(こつそう)
呪胎九相図9番:焼相(しょうそう)

亡骸だとしても、6人揃えば脹相の術式の副次的効果で気配くらいは分かるはずだという。
九十九はその提案にGOOD!と答えた。

真希は「それはいいとしてコイツは誰だ」と脹相の事を話す。
虎杖は「とりあえず俺の…兄貴ってことで…」と少しだけ照れたような複雑な顔で答えるのだった。

脹相は嬉しさのあまりに悠仁と叫ぶが虎杖はみんなに行こうと言うのだった。

薨星宮へ向かう高専メンバー

6人は忌庫へと繋がる扉の前に着く。
脹相は間違いない、この先に弟達が眠っていると言い扉を開けると、扉の先には生い茂った木々が沢山あった。

九十九はこの奥に薨星宮へと繋がる昇降機があると話す。
脹相は呪胎九相図のいる忌庫に向かい
後で迎えに来ると話し6人で薨星宮へと降りていったのだ。

降りた先、虎杖の足元には血痕が残されていた。
九十九は11年前も前の話だと説明する。
全ての歪みはあの時始まったのかもしれないと。
乙骨や真希は分かっていなかったが、ここは天内理子が殺された場所であったのだ。

話を変え九十九は本殿はこの先いい向かうのだった。

薨星宮到着、そして現る天元

薨星宮に到着した6人だったが、何故か空間は真っ白で何も無かった。
九十九は私たちを天元が拒絶している、天元は現に干渉しないが、六眼を封印された今なら、接触が可能だと踏んでいたが見通しが甘かったのかそうでもなかったようだ。

九十九は内心、全員を拒絶してる訳ではなく、九十九を拒絶しているのではと考えていた。

拒絶された空間に居る6人、乙骨は津美紀には時間が無いから戻ろうと提案する。

すると「帰るのか?禅院の子、道真の血、呪胎九相図、そして宿儺の器」と声をかけ、登場したのは天元であった。

145話につづきます。

呪術廻戦144話の考察・感想

禪院真希がショートカットで“パパ黒”化

144話で生存していることが確定した禪院真希
ショートカットになっていますが、風貌が完全にパパ黒こと、伏黒甚爾(ふしごろとうじ)にクリソツです。

禪院真希のキャラ解説ページにもまとめていますが、芥見下々先生はファンブックの中で、今後、禪院真希がパパ黒並に強くなる可能性があると明言。そして、そのためには、パパ黒と同じ天与呪縛(フィジカルギフテッド)として、今後「何を捨てるのか?」という課題が残っていると書いていました。

禪院真希は、最新の生存した姿を見る限り、右目を失っているようにも見えます。これが、“何かを捨てる”という伏線に繋がっているのでしょうか。現段階で言えることは、ショートカットにして、パパ黒に寄せてきたことで、その戦闘力がパパ黒にどんどん近づいていくのは間違いないということです。

六眼は元々、天元のもの?

呪術廻戦本誌144話で衝撃だったのは、最期に登場した天元様の姿。
パッと見の印象としては、◯ルトラマンに出てきそうな敵キャラですね。

ネット上での考察として意見があるのは、五条悟の六眼は実は天元様のものなんじゃないか説。
アニメオープニングの伏線として、五条悟の六眼が、獄門疆(ごくもんきょう)解放によって喪失するとみられているが、天元様と六眼が何らかのつながりもっている可能性も出てきました。

九十九姉さんが以前、「六眼が封印された今なら接触できるかも」と言っていた発言にも振り返ると意味が繋がってくるわけです。

天元は1話の扉絵にも実は登場しており、その風貌からも即身仏だと考察できます。
そして現在天元は4つの眼を持っていますが、即身仏は死後腐敗しないよう肉体を整える修行があります。

もし天元のが元々6つだと仮定し、肉体を整える段階で2つの眼を保管、後に産まれる五条に能力として渡していたとすれば、繋がりがあってもおかしくはありません。
そうだとすれば、元々六眼は天元のものと考えられます。

更に天元が封印の解き方を知っている可能性がある事と、アニメ2クールのOPの五条の片眼の色が違う事を踏まえると、五条の六眼のうち1つを天元に返す事を条件に封印が解かれる可能性もあります。

また、11年前天元が天内理子死亡後にも関わらず安定していましたが、六眼の繋がりがあるとすれば、あの時伏黒甚爾との戦いで覚醒した五条の存在によって安定したのではないかと考察できます。

呪胎九相図とは、仏教絵画の名前

今回残りの呪胎九相図の名前が判明しましたが、やはり実在する仏教絵画と同じです。
おそらく、今後虎杖と6人の九相図達が出会う事になると思われます。虎杖の存在によって覚醒、もしくは虎杖ピンチの際力を貸す存在になるのではないのでしょうか。

6という数字について考察

今回の話では6という数字が散りばめられおりてました。

・6人で薨星宮へ向かう
・残りの呪胎九相図は6人
・五条の六眼
・天元六眼説

更に死滅回游のルール6番目は管理者であろう加茂憲倫と交渉し、1つルールの追加できます。
上手く行けば死滅回游の攻略に繋がると思いますので、それを踏まえてもキーポイントになるのが6という数字だろうと考えております。


これまでの呪術廻戦のネタバレ一覧、キャラ解説ページはこちら。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事