呪術廻戦の魔女キャラ・西宮桃、ホウキを操る術式『付喪操術(つくもそうじゅつ)』とは

呪術廻戦の魔女キャラである西宮桃(にしみやもも)。全体的なキャラの中、人気票的には低いキャラではあるが、トリッキーな術式『付喪操術(つくもそうじゅつ)』を操り、父親がアメリカ人のハーフというなかなか珍しい設定の呪術師。
そんな西宮桃の術式や、名セリフについてまとめています。

呪術廻戦の魔女っ子・西宮桃とは

名前:西宮桃(にしみやもも)
性別:女性
身長:150㎝程度
所属:京都府立呪術高等専門学校三年生
階級:二級呪術師
誕生日:七月七日
年齢:18歳
高専入学方法:家系
術式:付喪操術(つくもそうじゅつ)
声優:釘宮理恵

西宮桃(にしみやもも)は、『呪術廻戦』の登場人物。呪術師を育成するために設立された、呪術高等専門学校の三年生である。

父親がアメリカ人でありながら呪術師というとても珍しい家庭で育った。
呪術高専の制服としてはあまり見かけない魔女のような黒いワンピースを身に包みツインテールで髪を結んでいる小柄な少女である。

見た目に反して少しきつい性格であり、特に友人であり敬愛している禪院真依(ぜんいんまい)に対し、貶す者がいれば誰であろうと容赦しない。

三輪霞(みわかすみ)とも仲が良くオフの日には一緒に出かけるなど後輩思いな一面もある。女が呪術師として求められるものを「実力」ではなく「完璧」であると語っており術師でありながらも小柄であるが故に舐められないようにピアスを付けたりしている。

西宮桃は、年下感あるが実は東堂と同級生

呪術高専・京都校にて、西宮桃の同学年は東堂葵(とうどうあおい)と加茂憲紀(かものとしのり)である。西宮桃は後輩の女性同士中がよく、禪院真依に関しては、先輩のように慕っている。そこから、西宮が3年生であることは忘れられがち。

西宮桃みた同級生の印象として、
東堂葵「話の聞かない狂人」
加茂憲紀「話は通じる天然で面倒くさい人」である。

後輩である禪院真希と三輪霞をやけに可愛がっているのも、同級生であるこの二人と仲良くできないことにあると思われる。

呪術廻戦・西宮の術式『付喪操術』とは

西宮の術式である付喪操術(つくもそうじゅつ)にて、自身の所有する箒を自在に操ることが出来る。
箒を使って人を吹っ飛ばすほどの風力を放ったり、遠隔操作を行うことも可能である。

上空からの索敵や情報伝達が可能であるため、姉妹校交流戦では怪我人の運搬な運搬を行えることでも重宝されていた。

ところで、西宮桃は仲間のサポートに回るだけの呪術師なのかというとそうではない。それは呪術廻戦本誌135話にて明らかになっている。

付喪操術・鎌異断(つくもそうじゅつ・かまいたち)

135話にて、裏梅相手に放ったこの技。
突風を巻き起こし、広範囲にいる的に、名の通りかまいたちで攻撃する技。

それ以外にも、京都姉妹校交流会にて、釘崎野薔薇を相手に、自身が普段乗っているホウキを飛ばしたりと、正統派の強さではないが癖のあるトリッキーな戦い方を得意としている呪術師である。

西宮桃の名セリフ・名シーン

西宮の登場シーンで一番印象に残るのは「女の呪術師が求められるのは“実力”じゃないの、“完璧“なの」というセリフである。

これは、姉妹校交流戦で釘崎野薔薇(くぎさきのばら)が禪院真依(ぜんいんまい)を侮辱した際に発したセリフである。

女性であるというだけで下に見られる呪術師界の古い厳しさが詰まっている言葉。
これは、呪術師界のみならず現代社会にも投影されるような言葉である。

最新生存情報・西宮桃は死亡していない

140話現在、西宮桃は生存している。
遅れて渋谷事変に参戦した西宮桃は、到着後に、偽夏油(にせげとう)・裏梅(うらうめ)と対戦。
圧倒的な力の差で危機に陥るも、特級術師・九十九由基(つくもゆき)の参戦で一命を取り留める。

残念ながら、この時点で特級呪霊クラスの相手には、ほぼ手も足もでないレベルであることが判明。今後はただの足手まといになる可能性が高く、登場シーンはかなり少なくなると見られる。


呪術廻戦 #登場人物


関連記事