五条悟の術式(順転/反転/虚式)総まとめ!六眼(りくがん)とは?獄門疆解放で喪失か【呪術廻戦】

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)に登場するイケメン最強呪術師・五条悟(ごじょうさとる)について紹介します。五条先生がなぜ目隠しをしているのか、五条の術式総まとめと、獄門疆(ごくもんきょう)から解放されるための六眼(りくがん)喪失説についても考察しています。

五条悟(ごじょうさとる)ってどんなキャラ?

名前:五条悟(ごじょうさとる)
年齢:28歳
誕生日:12月7日
担当:呪術高専東京校1年
高専入学方法:家系
術式:無下限呪術(むかげんじゅじゅつ)
技:
・術式反転「赫(あか)」
・術式順転「蒼(あお)」
・虚式「茈(むらさき)」
・領域展開「無量空処(むりょうくうしょ)」
趣味・特技:なし(だいたいできるため)
好きな食べ物:甘いもの
苦手な食べ物:アルコール
ストレス:上層部絡み

五条悟の見た目は、細身の白髪、端正な顔。
一人称は「僕」

頭を回す為に甘いものを摂取していた所、極度の甘党になった。
(出張先で見つけた仙台銘菓・喜久福のずんだ生クリーム大福には目がない)

六眼(りくがん)と呼ばれる特殊な目を持ち、初見の術式情報の視認や、緻密な呪力操作を可能とする。
普段は目隠しをしているが戦闘中は目隠しを外す。
高専時代はサングラス、「東京都立呪術高等専門学校」では包帯、「呪術廻戦」では黒い目隠しとなっている。

こちらが、現在の五条悟の黒い目隠しの顔。

そしてこちらが、高専時代の五条悟。
小学生の伏黒恵に対して、「君のお父さんは僕が引くレベルのろくでなしでねぇ」とアニメで流れていた回想シーン。
目隠しをしていないので、ヘアスタイルはいい感じに無造作ヘアになっていて、高校生にしては丸い変わったサングラスをしていても、イケメンっぷりがよく分かる。

なぜ、五条悟は目隠しをしてる?

読者
目隠ししてるのに、見えてるの?
芥見先生
五条悟の六眼(りくがん)はざっくりいうと“めちゃくちゃ詳細に呪力がみえる目”です。目隠ししてても高解像度のサーモグラフィーのように見えます。

読者
アイマスクしないといけない理由があるってこと?
芥見先生
目隠ししないと反転術式で常時新鮮脳みそとはいえ、ちょっと疲れやすくなってしまいます

公式ファンブックにて、芥見下々先生はこのように答えており、設定としては、目隠しをしていても五条悟は超高解像度のサーモグラフィーをみているように、しっかりみえているんだとか。

さらに、目隠しをしていないと、疲れてしまうため、目隠しをしていないときでも、サングラスをする必要があるそう。

五条悟は呪術師御三家『五条家』の出身

呪術全盛の平安時代、呪術師の中でも突出した家柄が台頭した。”御三家”と称され、現在に至るまで、呪術界の名門であり続けている名家のひとつが、五条家である。
五条家の祖先は、「日本三大怨霊」の1人と称される菅原道真。
無下限呪術を相伝する五条家は、およそ切年ぶりに「六眼」を携えた、現当主にして現代最強の呪術師・五条悟を獲得した。

呪術廻戦公式ファンブックより

五条悟の祖先は、学問の神様としても知られている菅原道真との設定。
ちなみに、御三家は「禪院家」「加茂家」「五条家」をさしている。

五条悟は、五条家の中でも珍しい六眼ゆえに、幼少期から恐れられ、陰で多額の懸賞金がかけられ命を狙われた。
しかし、結果的に誰も彼を殺せなかった。

五条悟が生まれてから、多くの呪詛師・呪霊の活動が制限され、呪術界のパワーバランスが大きく変わってしまったと言われるほど、自他ともに認める最強の男である。

夏油傑と家入硝子は呪術高専時代の同級生

五条悟の親友といえば、現在は呪詛師として暗躍する夏油傑(げとうすぐる)
さらに、反転術式により、呪術師の治療にあたっている呪術師の家入硝子(いえいりしょうこ)は五条の同級生である。
(その当時の担任教師は夜蛾正道である)

この頃の一人称は「俺」であったが、夏油から年上に失礼で、年下にも怖がられると注意された事をきっかけに一人称が僕になった。
夏油と五条は高専時代から最強のコンビであり、互いを親友と呼び合っていたが、夏油傑の高専離反によってその関係は崩れる事になった。

高専時代の五条には、夏油を止める事が出来なかった。

その約10年後の話である「東京都立呪術高等専門学校(通称・呪術廻戦0巻)」では、夏油傑による百鬼夜行にて、五条はかつての親友である夏油のとどめを刺している。

五条悟の術式総まとめ

五条家相伝『無下限呪術』とは、収束する無限級数を現実にする術式。
自身の周囲に術式によって現実化させた無限を作ることにより、相手の攻撃を防いだり、応用することで、瞬間移動や空中浮遊なども可能にする。

この術式には原子レベルに緻密な呪力操作が必要であるが、彼の六眼(りくがん)がそれを可能にしている。

■解説
六眼とは、呪力が詳細に見える目のことであり、そのため、先ほどの目隠しの解説にも繋がる(呪力がはっきり見えすぎるので、目隠ししていないと疲れてしまう)

五条悟は、呪力操作と先代のマニュアルを応用して、術式対象の自動選別と術式のほぼ常時の発動も可能になっているという。五条悟の術式について、以下に列挙する。

五条悟の術式一覧

五条悟は、術式順転、順転反転、そして虚式の3種類の呪術を利用可能。
それぞれの術式の解説については以下の通り。

術式順転「蒼(あお)」とは

無下限呪術の本来の術式を強化することで収束を現実に発生させる。
物体を吸い寄せる力で、周囲を更地に変えることも可能だが、大きな反応を自分の近くで発生させられない弱点がある。

術式反転「赫(あか)」とは

蒼とは逆に無限を発散させることで対象を吹き飛ばす。
反転の威力は順転の二倍なので、街中などでは使用が制限される。

虚式「茈(むらさき)」とは

五条家でも一部の人間しか知らない術。
順転と反転の力を衝突させることで生成された仮想の質量を押し出す複合術式。
その威力は姉妹校交流会の舞台となった森を広範囲に渡って地中深くまで抉り取るほど。

五条悟の領域展開

「無量空処(むりょうくうしょ)」

五条悟の領域展開で、領域内に引き込んだ相手に無限回の知覚と伝達を強制する。
引き入れた時点で勝ちが確定する領域で、相手は知覚と伝達が終わらないので行動を起こせなくなる。

「反転術式」とは

呪力は負の力
肉体の強化はできても再生することはできない
負の力同士を掛け合わせて正の力を生む
それが反転術式

呪術廻戦『反転術式』の解説

反転術式とは、本来負のエネルギーである「呪力」を掛け合わせることで、正のエネルギーを生み出す高等な呪力操作
たとえば、小学生の算数で習う「負の数のかけ算」で、マイナス×マイナスは何故プラスになるのか?ってやつ。

「 -(マイナス) ✕ -(マイナス) = +(プラス)」

このような四則演算のルールは皆さんご存知なはず。
それを術式に応用すると、負のエネルギーである呪力をかけ合わせることによって、正エネルギーを作り出し、その力で傷の治療が出来る。五条の場合だと、反転術式を常時回しつづけることで、自身がずっと新鮮な状態で居続けることが可能。

しかし、五条の場合、反転術式が使えるのは自身のみであり、これを他人に応用できるのが、家入硝子(いえいりしょうこ)である。

五条悟の名言といえば

「大丈夫、僕最強だから」

両面宿儺強さを知っている、虎杖悠仁が五条悟を案じたのに対して、五条悟が放った名言。

五条先生
ぼく、さいきょーだからー

「僕にとっては街でアンケートを取らされた位のハプニングさ」

呪術廻戦18話にて、呪術高専・京都校の学長との会話のなかで、漏瑚を含めた特級2体に襲われた話をする五条悟が学長に放った名言。

「天上天下唯我独尊」

五条高専時、過去編(呪術廻戦75話)の話の中で、対伏黒甚爾との戦闘中に放った名言。
この時に五条は本当の最強になったと思われる。

「俺の魂がそれを否定してんだよ」

「この六眼に写る情報はオマエを夏油傑だと言っている、だが俺の魂がそれを否定してんだよ」
渋谷事変にて、五条が偽の夏油傑に封印される前に放った名言。
高専時代の話と0巻「東京都立呪術高等専門学校」を読んでる方にはぐっと来る内容でした。

「僕の親友だよ、たった1人のね」

東京都立呪術高等専門学校(通称・0巻)最終話にて、夏油傑を殺した後、乙骨に放った言葉。
離反してから大量虐殺をした夏油を殺してもなおたった1人の親友と思う五条の後悔がわかるシーン。

※ここから以下は、重要なネタバレが含まれます。渋谷事変まで追いつかれていない方はお控え下さい。

五条悟のネタバレ&考察

獄門疆(ごくもんきょう)にて封印され、五条悟の活躍の場は休止中

渋谷事変終了後、新ストーリーが展開された時点で五条悟は獄門疆に封印されている。

また上層部によって、夏油傑との渋谷事変共同正犯として呪術界から永久追放、かつ封印を解く行為も罪と決定している。
ただ、今後虎杖悠仁が宿儺に身体を乗っ取られて暴走するか、高専の学生がピンチになるような状況では、おそらく封印を解かれて出てくるのは間違いない。

さらに、五条悟はあるものと引き換えに、獄門疆を脱出できる可能性が考えられる(詳しくはのちほど)

虎杖暗殺は、海外出張中に乙骨憂太への依頼か


五条は京都姉妹校交流会の前に海外出張していたが、海外に居た乙骨憂太に会うために海外を訪れていた。(作者談)
「僕の身に何かあったら、宿儺が暴走した際、僕の代わりに死刑執行人として乙骨憂太が虎杖悠仁を殺して」という事を伝えていたのではないかと考察している。

五条のワガママで虎杖死刑を延期していたが今となっては五条も居ないし封印を解けない。
虎杖を現時点で止められるのは同じ特級呪術師である乙骨が適任と判断していた五条が万が一に備えその様に言ったのではないか。
上層部からの指示と五条からの指示、更に宿儺に変わった虎杖の暴走によって狗巻の腕を落とされてる事もあり乙骨が動かないわけがない。

また封印された直後五条は「ま、なんとかなるっしょ」と発言しているが
これは、宿儺(虎杖悠仁)が何らかで暴走した際、僕が居なくても乙骨憂太が何とかしてくれるでしょと思っての発言にも思えた。

予想・五条は六眼を犠牲に獄門疆を解放か

アニメの2クールOPとの話になるが、五条の目がアップになるシーンがあり、片目が六眼を失ってるように見える。
こちらが、一瞬だけ映る五条悟のシーン。

この事から五条は六眼を犠牲にして獄門疆から出てくるのではないかともみられる。
ただ、乙骨の話によると五条は六眼によって呪力量を操作できているので、仮に六眼を犠牲に獄門疆から出てきてしまったら、五条は最強ではなくなる。

禪院直毘人の遺言にもあったが、五条悟が死亡、または意思能力を喪失した場合という事が書かれていたので、恐らく五条は能力を失う伏線があるのではと考察している。

呪術廻戦 #登場人物


関連記事