呪術廻戦93話『渋谷事変11』ネタバレ、呪詛師・美々子/菜々子の正体とは

呪術廻戦本誌93話のネタバレでは、呪術廻戦0巻にて夏油傑が迫害から救った少女の美々子/菜々子が登場。また、五条悟の封印をキッカケに新たな呪詛師が湧き出るように出現していきます。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌93話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦93話のネタバレ

呪術廻戦本誌92話では、日下部班、禅院班、七海班が出動。
獄門疆は情報処理に時間がかかりその場から動かせず。

虎杖の報告によって五条奪還の作戦開始。そして真人は虎杖殺害計画を立てました。

93話では真人による虎杖殺害計画開始、美々子、菜々子が偽夏油の元に現れます。
虎杖は七海班と合流、新たな呪詛師も登場します。

前回までのあらすじ

・七海班、禅院班、日下部班が渋谷駅突入計画開始
・伊地知はサイドテールの呪詛師に刺され、白髪おカッパ頭も登場
・獄門疆は五条の情報処理に時間がかかり動かせないため偽夏油はその場待機
・ミニメカ丸によりその情報が虎杖に行く。五条封印を知らせる虎杖
・真人達は虎杖殺害計画を立てる

第93話『渋谷事変11』

真人と漏瑚にとっての呪いとは

五条封印後、真人は呪霊側にも勝機が充分あると見込み
宿儺が居なくとも虎杖を殺せると確信していた。

漏瑚は、宿儺が呪霊側の味方ではない為に復活すれば、呪霊側のリスクが大きい事は分かっていた。
しかし宿儺が復活すれば確実に呪いの時代が来る。
死すら恐れず目的の為に裏表のない道を歩む
それが偽物共にはない呪いの真髄であると考えていたのだ。

一方の真人は、軸がブレようとも一貫性がなかろうとも
欲求の赴くままに行動する。それが呪いだと漏瑚の考えを否定してしまう。

ただ真人は漏瑚と考えが違うのは呪いの在り方であり、宿儺の復活案自体はアリだといい、
漏瑚と争う気は無かった真人は漏瑚にゲームを持ちかけるのだった。

真人が提案したゲームとは

・真人が先に虎杖と遭遇したら真人が虎杖を殺す
・漏瑚が先なら指を差し出して宿儺に力を戻す
・脹相も混ざり、脹相が先に虎杖と遭遇したら脹相が虎杖を殺す

このような内容であった。

偽夏油にも真人は問いかけるが、獄門疆を見ていなければならないとゲームにはパスする。
偽夏油にとって宿儺は獄門疆が失敗した時の代案でしかなかったのだ。

漏瑚はいずれ虎杖達が五条を助けにB5Fに集まるのだからここで待てばいいと言うが
真人の掛け声によって、真人と脹相は走り出してしまう。
つられて漏瑚も追いかけ虎杖殺害ゲームが始まるのだった。

偽夏油の元に美々子と菜々子が来る

1人残った偽夏油は、呪霊の方が君たちより利口だなと話す。
そこに居たのは夏油傑が離反後家族として仲間にしていた美々子と菜々子だった。

美々子と菜々子は返せと口にする。
2人は渋谷事変で、偽夏油に協力をし一般人を殺し続け、
協力する事で、夏油傑の肉体を返してもらうと偽夏油に約束していた。
2人は偽夏油が夏油傑の身体で弄ぶ事を許さなかったのだ。

しかし偽夏油は約束に縛りがなかったと話し、肉体を返す事を拒み、
消えるかこの身体に殺してほしいか2人に問いかける。

2人は偽夏油に後悔するぞと言うが偽夏油は後悔はどんな味だったかなと意味深な言葉を呟き
のめり込んだ獄門疆の前に座り込むのだった。

虎杖、七海班と合流

ビルの屋上で七海の名前を叫び続けていた虎杖の元に
七海、伏黒、猪野が到着する。

虎杖の耳にくっついているミニメカ丸が3人に状況を説明。

渋谷事変を起こしてるのは夏油傑、正確には夏油の裡(うら)に居る何者かである事。
渋谷駅構内では、特級呪霊、夏油の息のかかった呪詛師、そして改造人間、一般人で混沌を極めていると話す。

その状況であれば、地下鉄の4つの隣駅から攻めた方が早い。
その為には帳を解かなければならないと七海は話す。

緊急事態である為、七海、虎杖、伏黒、猪野は2手に別れる事に。

1級でしか通らない要請がある為、七海単独で帳の外に居る伊地知の元に。
残りの虎杖、伏黒、猪野は術師を入れない帳を解くよう指示。

猪野には、帳内に日下部、禪院直毘人も居るはずだから
合流出来次第状況を伝え、協力を仰ぐ事を指示する。

そして2人を頼みますといい七海は伊地知の元に向かうのだった。

五条が居なくて困る事

憧れの七海に頼まれた猪野は、虎杖と伏黒に五条が居なくて困る事を話始める。

1つ目は五条家の失墜。
五条家は五条悟のワンマンチームであり、五条の融通(ワガママ)によって救われていた術師が数多くいる。
虎杖もその内の1人であるが、五条が居なくなる事で最悪消されてしまう。

2つ目は、パワーバランスの崩壊。
五条悟が居るという理由で大人しくしていた呪詛師、呪霊が一斉に動き出す。

五条家の失墜によって、内輪がごたついてる時に、パワーバランスの崩壊によって
戦争が起こったらどうなるか。

猪野と七海は負けると読んでいる。
更に負けたら少なくとも日本では人間の時代が終わるという事になる。

3人は五条悟を救うため、帳を破壊しに向かうのだった。

新たな呪詛師現る

一方その頃、虎杖の大声によって呪詛師側にも五条悟封印の話が聞こえていた。

粟坂と呼ばれる男、オガミ婆と呼ばれる老人、そしてもう1人。
この3人が3つの帳を守っていたのだった。

94話に続きます。

呪術廻戦93話の考察・感想

93話感想

ついに虎杖殺害計画が始まってしまい、今後が怖いですね。
そして漏瑚と真人の呪いへの考えの違いもよくわかる回でした。
五条が居なくて困る事についても詳しく書かれていて今後日本がどうなるのか心配ですね。

真人と漏瑚の呪いへの考えの違いについて考察

漏瑚は宿儺復活によって、目的の為に表裏のない道を歩むと話していました。
漏瑚にとっては目的の為なら死んでもいいというように読み取れます。

一方真人は自身の欲求を満たす為ならばどんな手でも使う、という風に読み取れます。

漏瑚はあくまで宿儺を利用して呪い本来のあるべき姿を目指していますが
これは宿儺じゃないと出来ないと考えているのでしょう。
恐らく呪霊だけでは理想の呪いのあるべき姿にならないからだと思われます。

真人は自分自身で欲求のまま突き進むようなので、宿儺自体は正直どうでも良いはず。
自分が殺したい人間を殺す、殺したい術師を殺すに計画をシフトしていったと予想されます。

この2人の考えが今後どんな風に向いていくのか気になるところですね。

偽夏油、美々子、菜々子について考察

美々子、菜々子はあくまで夏油傑本体を信頼しているようなので
偽夏油が許せないのが想像出来ますね。

恐らくこの2人は五条悟に殺された事よりも偽夏油に乗っ取られた事の方が許せないのかもしれません。

また約束については、口約束のみだったと考察出来ます。
更に偽夏油は縛りにならないように上手く2人を騙していたと考えられますので
相当夏油傑の本体が魅力的だと感じているのでしょう。

恐らく呪霊操術を目的としているため今後夏油傑を乗っ取っている理由も明かされるかと思われます。

どんな味だったかなという発言の考察

偽夏油は後悔がどんな味か忘れているような発言でした。
恐らくですが他にも身体を転々としていたのかと思われます。

自分の思い通りになる肉体を手に入れてるのであれば長年後悔はしないですよね。
偽夏油にとっては後悔よりも成功していると考えてるからこその発言なんだと思われます。

五条悟が居ないことによる弊害の考察

猪野が説明してくれましたが、五条家が五条のワンマンチームということであれば
恐らく現在当主か上の位置に居ることに間違いはないかと思われます。
そんな立場の五条が封印されてしまえば勿論五条家は混乱してしまうのも分かりますね。

更に五条が封印された事により、大人しくしていた呪霊、呪詛師が動き始めるとありましたが
相当五条とは関わりたくないと考えていたのでしょう。

なぜなら絶対負けるから、ですね。
そして人間世界が終わってしまうとなれば、
五条がどれだけ恐れられていてどれだけの存在なのか分かります。

また、五条が居ることで救われた人間について話がありましたが
乙骨憂太もその1人ですので、この状態であれば必ず死刑に持ち込まれると思います。
なのでそれを防ぐ為にも今後乙骨も出てくるのでは無いのでしょうか。

今後の展開予想

おそらく七海は伊地知が刺された事実を知ることになりますので
救護になるかと思われます。
その後呪霊か呪詛師と出会い戦いになるのではないのでしょうか。

虎杖達は最後に登場していた呪詛師達が帳の釘を刺していたので
そこまでたどりつければ1度戦いになるかと思われます。

今後が更に楽しみですね。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事