呪術廻戦90話『渋谷事変⑧』ネタバレ!ニセ夏油(メロンパン)の正体は加茂憲倫だった

呪術廻戦90話では、獄門疆(ごくもんきょう)に五条悟が封印されてしまいます。それを企てたのはかつての五条の親友である夏油。だが、夏油の正体がなんかおかしい、なぜか頭がメロンパンになっちゃってる…そんなニセ夏油の正体が明らかに。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌90話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦90話のネタバレ

呪術廻戦本誌話では、89話では改造人間が次々非術師を襲いはじめ、五条はそれに対し無量空処を発動。1000体の改造人間を鏖殺します。

そして目の前に獄門疆が現れました。
90話では、獄門疆の封印の条件や、夏油と五条の再会、そして夏油の正体判明等盛りだくさんになっております。

前回までのあらすじ

・電車から現れた改造人間が渋谷駅の一般人を襲い始める
・真人は花御が塞いでいた吹き抜けを解除し、更に一般人をB5Fに投入
・阿鼻叫喚の光景に立ち尽くす五条
・何とかある程度の犠牲で済ませようと考えた結果0.2秒の領域展開発動
・その間に299秒で1000体の改造人間を鏖殺
・鏖殺後目の前には獄門疆があった

第90話『渋谷事変8』

獄門疆の封印条件

少し前の話に戻る。夏油達は麻雀をしながら喋っていた。

獄門疆は生きた結界、源信の成れの果てであり封印出来ないものはないと夏油は言う。
それに対し漏瑚はさすがに封印条件はあるだろうと問いかける。

獄門疆の封印条件は獄門疆開門後、封印有効範囲半径約4m以内に1分間五条悟を留めておく事
であった。

すると漏瑚は焼き殺すと夏油に言う。
漏瑚が怒るのも無理ない。そもそも五条悟を1分間も留めておくことが無理難題であるから。

特級呪霊の実力があったとしても、蒙昧な人間の一生を幾千積み重ねても
絶対に釣り合わない位の無理難題なのだ。

そして夏油は暑いよ漏瑚と宥めるのだった。

五条悟が獄門疆に封印される

場所は渋谷駅に戻る。

夏油が「獄門疆開門」と言うと獄門疆は4つに割れ、中央に眼が付いたものが登場。

その眼と五条は一瞬見つめ合う。危機を感じた五条はその場から逃げ出そうとするが
「や、悟、久しいね」と夏油が登場。五条は状況把握出来ていない。

それもそのはず。
そこに居たのは昨年自らの手で殺した親友だったから。

五条は考える。偽物か、変身の術式か。
しかし六眼は全てを否定し、本物だと言う。
そして五条悟の脳内に溢れ出す3年間の青い春。

その瞬間、獄門疆に拘束される五条。
実は獄門疆の封印条件は五条悟の脳内時間で1分間であったのだ。

一瞬にして3年間の青い春が流れ出した五条にとっては1分などとっくに過ぎ去っていたのだ。

獄門疆に拘束された五条はやられたと罠であった事に気づき
呪力も感じられず身体に力も入らず詰みである事を察する。

夏油の正体

夏油は「だめじゃないか悟。戦闘中に考え事なんて」と声を掛けると
五条は「誰なんだよオマエ」と問いかける。

夏油は夏油傑であると主張するが、五条は違かった。

「肉体も呪力もこの六眼に映る情報はオマエを夏油傑だと言っているが俺の魂がそれを否定してるんだよ。
さっさと答えろ!!オマエは誰だ!!」

と五条は高専時代の一人称になりながら声を荒らげるのだった。

すると夏油は「キッショ。なんで分かるんだよ」と言いながら額の糸を引っ張って頭を取りだし脳を見せる。

偽夏油曰く脳を入れ替えれば肉体を点々と出来る術式である事
肉体に刻まれた術式も使える事を話す。

夏油を乗っ取った理由

偽夏油は夏油の呪霊操術とこの状況が欲しかったのだ。
そして気を遣って家入硝子に遺体処理をさせなかったから簡単にこの夏油の肉体が手に入ったと言う。

五条には心配しなくても封印は1000年後には解く事
そして五条が強すぎる為偽夏油の目的には邪魔であると話す。

偽夏油の邪魔になるのは五条だけではない

五条は偽夏油に対し、自分に殺される前にボコられた相手は誰なのか問いかける。

偽夏油はすぐに乙骨憂太であると察する。
しかし偽夏油にとっては魅力を感じないという。

乙骨の無条件の術式模倣、底なしの呪力は、最愛の人の魂を抑留する縛りで成り立っていると考えていたからだった。

それを踏まえ残念だけど乙骨は五条にはなれないと話し
「おやすみ五条悟、新しい世界でまた会おう」と話すのだった。

一方、明治神宮前駅B5Fに居る冥冥班。
虎杖は何か耳の異変に気づく。

「聞こえるカ、虎杖悠仁」と聞こえる虎杖の耳には小さいメカ丸のイヤホンのようなものが付いていたのだった。

91話に続きます。

呪術廻戦90話の考察・感想

90話感想

ついに夏油が別の人物であると明らかになりましたね。

縫い目があったので夏油じゃない人物だとは思っていましたが 、”通称メロンパン”こと、脳を入れ替える術式を持つ人物だとは思いませんでした。

五条が封印され死んだはずのメカ丸が登場し、今後の展開がどうなるのかますます気になります。

獄門疆について考察

獄門疆は源信の成れの果てと言われていましたが、源信は実際に居た人物で、平安時代に僧侶として活躍していました。

日本人の極楽浄土と地獄という考え方に影響を与えた人物です。
獄門疆の中は恐らくほぼ地獄のような空間である事には間違いないですね。

また獄門という言葉は、江戸時代に行われていた処刑方法を意味していますし、彊は強いるという意味もあります。

この事から五条悟封印は、地獄を強制した上で封印するという風に考えられます。

獄門疆の眼については恐らく封印する人物の情報を取り入れる為のもの。あのように描かれていたのかなと考察しております。

偽夏油の正体について考察


恐らく偽夏油の正体は、呪胎九相図を作り出した加茂憲倫ではないかと考えております。

加茂憲倫が最悪の呪詛師と言われていた事と、夏油が離反して特級呪詛師となった事により
偽夏油の目的に使えると判断し前々から目を付けていたのではないのでしょうか。

呪詛師であれば最強の呪術師である五条悟が邪魔になるというのも辻褄が合う気がします。

家入に夏油の遺体処理させなかった五条について考察

これは単純に同期である家入の事を思った為だと考えております。
家入も高専側もいずれ呪詛師となった夏油を処罰しないといけないことは分かっていたはずです。

しかし五条にとって夏油が親友であるように、家入も大切な仲間である事は間違いないです。
そんな家入に、かつて一緒に過ごしてきた仲間の遺体処理をさせるという酷いことはさせたくない五条なりに考えた結果だと思われます。

五条が乙骨がいると主張した理由について考察

偽夏油は乙骨に魅力がないと感じていました。
というのも恐らく里香が解呪したのを知っているからでしょう。
解呪した後の乙骨についてはまだ描かれていませんし、力も弱くなってるはずです。

しかし五条はの発言と、更に乙骨をミゲルと共に海外にいかせている事から、何か偽夏油と対立できる力を持つ理由を知っていると考えております。

恐らく五条が居なくても大丈夫なように乙骨に何らかの保険をかけているのではないのでしょうか。

突如現れたメカ丸について考察

小さいメカ丸が虎杖の耳にいました。
あれはイヤホンやヘッドホンのようなものだったので、中の与幸吉が死んでいても使えるようにプログラミングされたと考えております。

メカ丸という大きい機械を扱っていた与幸吉なら小細工位なんとでもなるのではないのでしょうか。

今後の展開予想

恐らくこのまま五条は封印。暫く五条は出てこれないと思います。
そして虎杖の場面に変わっているので今後は虎杖中心の戦いが始まるのでは無いのでしょうか。

渋谷駅には向かうはずですので何らかの形で五条封印を知り、五条悟を奪還するという目的で動き始まると考えております。

91話の展開に期待ですね。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事