呪術廻戦121話にて虎杖悠仁vs真人バトル開始「多重魂」「撥体(ばったい)」など技のぶつかり合い!

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)本誌121話のネタバレ考察ですが、ナナミンこと七海建人を殺されて怒り狂う虎杖悠仁vs真人バトルがスタート。虎杖の「躰道の卍蹴り」や、真人の「多重魂」「撥体(ばったい)」など強烈な技のぶつかり合いの結果…
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌121話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦120話のネタバレ

呪術廻戦120話では、宿儺と入れ替わった虎杖は宿儺が行った渋谷の惨状を目の当たりにし、精神的大ダメージを受ける。
しかし人を殺した罪を償う為に渋谷駅へと向かう。

一方、七海は身体半分が焼け焦げた状態で渋谷駅構内の呪霊を祓い続けていた。すると真人がそこに表れ七海を殺す。
それを見ていた虎杖は真人への怒りを露わにする。

121話では真人戦開始となる。
真人の「多重魂」「撥体」でダメージを喰い、真人の言動に不快感を覚える虎杖。

一時は真人優勢となっていたが、虎杖の膝抜きによりダメージを喰らわせていく。

前回までのあらすじ

● 宿儺と入れ替わった虎杖
● 脳裏に過ぎる大量殺人や目の前の渋谷の焼け野原の状態を見て自分を追い詰めてゆく。
● それでもなお祖父の言葉を思い出し渋谷駅にむかう
● 七海は全身焼け爛れ左半身は骨が見えて眼球もない状態で呪霊を祓っていた
● 七海は真人に遭遇し、駅構内着いた虎杖に呪いの言葉を伝え殺されてゆく。
● 虎杖と真人との戦いが始まる

第121話『渋谷事変39』

真人との戦いの幕開け

真人との戦いに挑む虎杖。
真人はストックしている呪霊の魂を投げ攻撃を始める。

呪霊の魂はサイズを変化させ虎杖に向かっていくが難なく回避していく。

そんな虎杖に真人は更に攻撃を仕掛けていく。
魂を融合させ「多重魂」を作り出し「撥体」で攻撃する。

「多重魂」とは2つ以上の魂を融合させる技。

「撥体」は多重魂によって発生した拒絶反応をを利用し、魂の質量を爆発的に高め相手に放つ技であった。

多重魂は口のようなものがあり、放たれる際に喰らいつかれるが、
吹き飛ばされつつも口を抑えギリギリ回避する。

しかしその多重魂の口から真人が現れ、そのまま顔面を殴られてしまうのだった。

意味深な発言をする真人

殴られた事によって吹き飛ばされた虎杖の顔面には大きな傷がつく。
真人は虎杖に殴る際に手を変形させ突き刺そうとしていたのだ。

しかし真人のふんばりが甘く顔面を貫く事は出来なかった。

残虐な行為を繰り返す真人に対し虎杖は
どうして真人は「何度も何回も人の命を弄ぶ事が出来るのか」と問う。

それに対し真人は「指折り数えて困り顔で殺せば良かったのか?」と皮肉を交え返答する。
そして、真人は手を変形させかつて殺した吉野順平に似たものを作り出し
「ペラッペラの虎杖にはペラッペラの回答を授ける」と話す。

続けて吉野に似たものに指をナイフのようにしたもので突き刺しながら
「オマエは俺だ」と意味深な回答をする。

それを認めない限り虎杖は真人には勝てないと、真人は話すのだった。

七海の言葉を思い出す虎杖

意味深な回答をされた虎杖は前髪をかきあげながら
「よく喋るな、遺言か?」と怒りを露わにする。

虎杖はその時七海の遺言である「後は頼みます」という言葉を思い出していた。

七海なら怒りで我を忘れるなんてヘマはしない。
虎杖は自分が呪術師である事を証明する為に冷静さを取り戻し体勢を整え直す。

真人も臨戦態勢に入りながら虎杖の思考を予測していた。

虎杖に真人の無為天変は効かない。
自身の魂の形を変えるのは的が大きくなり自殺行為となってしまう。

真人の変形は、削られても問題がなく強度が落ちない範囲に留めると虎杖が考えていると
真人は推測していた。

だからこそ真人は魂の形は変えず原型の体を純粋に呪力の強化で虎杖の心臓を貫くという
作戦をするのだった。

向き合う2人

虎杖と真人は互いに向き合い臨戦態勢に入る。

しかし真人が突き出した拳は空を切り真人の視界から虎杖の姿が消える。

虎杖は古武術において予備動作を消す技術である膝抜きを使う。
膝だけでなく、股関節、肩と抜いてゆき倒れるより滑らかに真人の足元へ移動し体勢を低く保つ。

更に真人に向かって躰道の卍蹴りを繰り出していく。

顔面を蹴りを喰らう真人に更に腹部に立て続けに蹴りを入れる虎杖。

真人は吹き飛ばされる瞬間手を変形させ、ギリギリ体勢を立て直す。

そして「いいね、続けよう。ラウンド2だ」と口にし
2人の戦いは更に加速してゆく。

112話に続きます。

呪術廻戦121話の考察・感想

121話感想

真人との戦いが幕を開けましたね。
そしてやはり七海の言葉は虎杖の呪いに既になってるようでした。

真人は身体を変形させる事が出来るので戦闘がかなり厄介でしょうが
今後にも期待です。

真人の技について考察

多重魂と撥体の合わせ技を使う真人でしたが
魂を融合させられるのは、流石真人だなと思います。

多重魂は2つ以上を融合させられるようですので、真人は魂のストックがあれば
何個でも融合させられるのではないのでしょうか。

拒絶反応については、恐らく魂同士の拒絶反応だと考えられます。
この事から魂の数が多ければ多い程拒絶反応を起こしやすく撥体の威力が高まると考えられますね。

真人の意味深な言葉について考察

真人は虎杖に向かって「オマエは俺」だと発言していました。

そもそも真人は理由も無く人を殺してそれを楽しんでいます。
それに対し虎杖は理由も無く人を助ける為に呪霊や改造人間を殺しています。

虎杖は殺す事を楽しんでいるわけではないのですが
目的は違えど虎杖も呪霊や改造人間を殺してるので同じと真人は考えてるのではないのでしょうか。

もしくは虎杖は今真人をただただ殺すという目的しか持っていないはずなので
殺すという意味では同じであるという事かもしれません。

また、真人の説明の際に吉野のようなものを作りあげていましたが
かなり真人は虎杖を煽っていたと考えられます。

虎杖にとって真人を殺したい理由の1つに確実に吉野の件があると思いますので
怒りを増幅させる為わざとそうしたのかもしれませんね。

虎杖の話し方について考察

真人にオマエは俺と発言された後、髪をかきあげるながら
「よく喋るな、遺言か?」と発言しています。

真人に対して虎杖はかなり怒りを露わにしていますのでこのような発言をするのも
分かるのですが、この時の虎杖はどことなく宿儺に似ています。

虎杖は指を一気に10本取り込まされ肉体を宿儺に占領された後ですので
確実に宿儺の力が虎杖を占領し始めてる可能性が高そうです。

指を全部取り込むと宿儺が復活するとなれば、虎杖が指を取り込めば取り込む程
人格が宿儺化していく可能性がありますね。

今後の展開予想

ラウンド2に入るので、更に戦闘は激化していくと思われます。
また肉体の変形を最小限に抑える真人は、的が小さくなるので
虎杖も戦いがどんどん困難になる可能性があります。

次回に期待ですね。

呪術廻戦、合法的無料読破する方法とは

マンガ配信サイトって、最近CMでよく目にしませんか?
CMでも有名なサイトの中でも、一部サービスは無料トライアル中に嘘みたいにポイントをくれるところもあります。

当サイトでは、安心して無料トライアルを試すことができるサイトのみ厳選して紹介していますので、「最新巻を読みたい!」「単行本の続きが気になる...」と思ったら、以下ご参考ください。


呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事