呪術廻戦122話にて、釘崎野薔薇vs真人バトルスタートも、釘崎生存の最期の姿に…【渋谷事変ネタバレ】

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)121話では真人戦開始となる。
真人の「多重魂」「撥体」でダメージを喰い、真人の言動に不快感を覚える虎杖。
一時は真人優勢となっていたが、虎杖の膝抜きによりダメージを喰らわせていく。

122話では、ラウンド2に入った2人。
虎杖は真人の攻撃を回避していくが、改造人間に翻弄されてしまう。
更に真人は2人に分裂していた。

虎杖との戦闘中にもう1人真人が虎杖の精神を破壊すべく釘崎と接触しているのだった。

⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌122話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦122話のネタバレ

前回までのあらすじ

● 虎杖と真人の戦いの幕開け
● 多重魂と撥体により虎杖に攻撃を仕掛ける
● オマエは俺という意味深な発言をする真人に虎杖は怒りを露わにする。
● 虎杖は卍蹴りで反撃
● 戦闘はラウンド2へと向かう。

第122話『渋谷事変40』

23:19。渋谷駅の道玄坂改札で戦闘を繰り広げる真人と虎杖。

2人の戦いは第2ラウンドを迎えていた。

繰り出される真人の攻撃を回避する虎杖。
真人は撃ち出した人間を時間差で変形させ虎杖に攻撃をしていたのだ。

真人は自身の身体を最小限変形させ虎杖に蹴りを入れるが
虎杖は真人の足を掴み回避し反撃を繰り返す。

虎杖の反撃をギリギリ回避した真人。
リスクの冒し所を間違えると即座に死ぬと考え
暫くは改造人間主体で攻めようとする。

真人は自分自身が前より攻撃の手数が増えてる事を感じていた。

改造人間を使う理由はリスクヘッジだけではない為
改造人間主体の攻撃に切り替えるのだった。

一般人に翻弄されてしまう虎杖

真人が虎杖から距離を取った瞬間、虎杖の前には一般人2人が立っていた。

何も知らない一般人は虎杖にそっちは危ないと声を掛ける。

虎杖は2人に渋谷に安全なところはないと伝えるが次の瞬間
一般人の1人が無為転変により変形し虎杖の顔面に攻撃をしてしまう。

攻撃により吹き飛ばされる虎杖。
真人がそこに現れもう1人の一般人も無為転変により刀のようなものに変形させる。

真人は虎杖のメンタルには改造人間の方が効くと察していた。
そして真人はもう1つダメ押しのカードを手に入れようとしていた。

2人に分裂していた真人

話は少し前に戻り21:30渋谷駅地下4Fにて。

真人、漏瑚、陀艮、脹相たちは人間の相手をしていた。
陀艮が水の力で人間を吸い込み喰らい尽くす。

真人は充分魂のストックをした為、B5F以外の人間は好きにしていいと話す。
そして虎杖を殺す作戦を再開しようとしていた所漏瑚に止められる。

そんな漏瑚に「捕まえてごらん」と真人は話すと2人に分裂し始める。
本物の真人は地下、もう片方は地上に向かい、本物の真人が呼んだら戻ってくるよう指示して二手に別れる。

本物の真人は魂を漏瑚に向かって放ち爆発させその間に行方をくらます。

その姿を見た漏瑚は怒りを露わにするのだった。

真人と対峙する釘崎

23:26 道玄坂小路にて、分裂した真人は釘崎と対峙していた。

ツギハギの顔を見た釘崎は、相手が特級呪霊の真人だと察する。

そして虎杖にちょっかいを出し尻尾を巻いて逃げ出した奴だと
思い切り挑発をし出す。

そんな釘崎に真人は怪しい笑みを浮かべながら殺しがいがありそうだと言う。

釘崎は真人の術式が魂云々である事と、手に触れてはいけないという事を思い出し
臨戦態勢に入る。

呪胎九相図の血塗と壊相の時に掴んだ呪力の核心、つまり黒閃をした時を思い出しながら
釘を真人に向かって投げつける。

しかしその釘は真人には当たらず真人の頭上の建物に当たる。

真人が呆気に取られているとすぐに上から建物にあった看板が落ち
更に釘崎はその看板ごと真人に蹴りつける。

攻撃を回避しようとした真人だったが、釘崎は看板を元に
簪を発動し真人にダメージを与える。

血だらけになる真人だったが、基本効かない事を話す。
そして心の内で虎杖と釘崎の仲がいい事も悟っていた。

真人は釘崎を殺し死体を虎杖に晒して魂を折る作戦を開始するのだった。

123話に続きます。

呪術廻戦122話の考察・感想

122話感想

真人は完全に虎杖の精神を潰す作戦を立てているようでしたね。
そして分裂した真人と釘崎の対峙により展開が更に難しくなっていきそうですね。

リスクの冒し所について考察

真人にとってのリスクは宿儺です。

魂に触れる事が出来る真人は虎杖の魂を触ってしまうと
一緒に宿儺の魂まで触ってしまい、一瞬で宿儺に殺されてしまう事がわかっています。

以前魂に触れた際、2度目はないと告げられていますので
恐らくそれを危惧しているのでしょう。

改造人間を使う理由について考察

真人が改造人間を使う理由は、虎杖の人間性が絡んでると考えられます。
真人と戦うより虎杖は人間と戦いそして殺してしまう事に酷く罪悪感を持っています。

吉野との戦いの際でそれは真人も分かっていますのでそちらに切り替えた方が
真人のダメージは少なく、そして宿儺に触れる事もないですね。

その為真人は改造人間を使い虎杖に精神的ダメージを与えようとしていると考えられます。

虎杖は恐らく身体を傷つけられるよりも精神的に傷つけられる方が
かなりダメージを受け戦闘出来なくなる可能性がありますので
このような作戦にしてるのだと思われます。

釘崎と対峙するもう1人の真人について

真人が話してたダメ押しのカードですがこれは完全に釘崎の事でしたね。

前述でも話した通り、真人は虎杖の精神的ダメージを狙いとしている為
仲の良い釘崎を殺してそれを晒すのが1番虎杖に効くと考えているのでしょう。

更に真人と虎杖が対峙する前に七海を殺してる所も見て居ますし
恐らく宿儺が渋谷駅の外でした事も知ってる可能性があるので
既に虎杖の精神はボロボロのはずです。

途中合流するような話をしていた事から
もう1人の真人との戦いで釘崎を追い込み、虎杖の元に連れていき
そのまま虎杖の前で殺そうとしているのかもしれません。

そうであれば確実に虎杖は崩壊すると思いますし
真人はその隙に虎杖にトドメを刺せるはずなのでそこを狙いとしているのでしょう。

魂の事を誰よりも分かっているからこその作戦だろうと思われます。

攻撃が効かない事について考察

もう1人の真人はあまり攻撃が効かないと話していますが
何故か血を流しています。
恐らく分裂した真人の魂は本体と繋がっている可能性が高いです。

釘崎の芻霊呪法は、どこかしら繋がっていればダメージを与えられます。
呪胎九相図戦の時に自身に釘を刺した際も血液によって壊相にダメージを与えられていました。

今回は真人が分裂してますが、魂自体は本体にあるはずです。
そしてその魂を共有してる可能性を考えると
もう1人の真人に攻撃をすれば本体もダメージを喰らう。

つまり結果的にもう1人の真人にもダメージを与えられるのではないのでしょうか。

今後の展開予想

釘崎ともう1人の真人戦が主体となると思われます。
釘崎も黒閃を出せる程ですので真人とは同等に戦えるのではないのでしょうか。

そして恐らく真人と相性が悪いであろう芻霊呪法で
追い込んでいくのではないかと予想しています。

次回もかなり楽しみですね。

呪術廻戦、合法的無料読破する方法とは

マンガ配信サイトって、最近CMでよく目にしませんか?
CMでも有名なサイトの中でも、一部サービスは無料トライアル中に嘘みたいにポイントをくれるところもあります。

当サイトでは、安心して無料トライアルを試すことができるサイトのみ厳選して紹介していますので、「最新巻を読みたい!」「単行本の続きが気になる...」と思ったら、以下ご参考ください。


呪術廻戦 #渋谷事変


関連記事