呪術廻戦158話にて新キャラ「五条家当主・鹿紫雲一(かしもはじめ)」と「弁護士・日車寛見(ひぐるまひろみ)」登場

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)本誌158話にて、死滅回遊編が一気に進み出します。新キャラ2名が登場しましたが、その名は、鹿紫雲一(かしもはじめ)と日車寛見(ひぐるまひろみ)。そのうち、鹿紫雲一は400年前に御前試合を戦った五条家当主とも見られています。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌158話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦158話のネタバレ


呪術廻戦157話では、綺羅羅を制圧した伏黒が綺羅羅に頭を下げてまで話を聞くように説得。
了承を得た所で秤と虎杖はモニタールームから出てくるも秤は熱が足りないと殴る。

しかし虎杖は反抗せず秤に殴られるだけだったが、虎杖の熱に浮かされた秤は話を聞くことを承諾する。

158話では、秤達に死滅回游の件を説明し、秤が協力する代わりに賭け試合のバックアップをする取引を持ちかける。

するとコガネという死滅回游の窓口が現れ……

前回までのあらすじ

・伏黒が綺羅羅制圧
・秤が一方的に虎杖を殴りだす
・虎杖は頼む側の為一切手出しせず殴られても立ち続ける
・虎杖は自らを部品だと説明し、秤が必要と説得
・虎杖の熱に浮かされた秤は話を聞くことを承諾

第158話呪術廻戦本誌ネタバレ

秤達にこれまでの事情説明する

虎杖達は秤に五条が封印された事、そして死滅回游の件を話し始める。
秤はそれに対し驚愕。

さらにパンダは夜蛾が渋谷事変以降亡くなっていた事も
その場の人達に説明をする。

虎杖は「学長はパンダ先輩の……」と口にするがパンダは「それを含めても大丈夫だ」と笑いかける。
秤も夜蛾には世話になっていた為ショックを受けていた。

そして秤は死滅回游の平定に協力すると話すのだった。

死滅回游の平定に協力する秤

秤は続けて情に流された訳ではなく、あくまで「取引」だと話す。
平定に協力したら、虎杖達が秤に協力をする、そういう取引だという。

パンダは具体的にどうするのか問いかけると、伏黒が「そこまで難しくない」と発言。

なぜなら伏黒は「禪院家当主」だから。

それを聞いた秤は驚き、御三家が規定の改定のバックに付けば口出しは簡単だと考える。

しかし問題は、賭け試合の運営に禪院家を関わらせない事だと考え
伏黒には仲良くしようと声をかけるのだった。

その話の翌日、禪院真希により禪院家が壊滅している事はまだこの時は皆知らなかった。

死滅回游のルールが突如追加される

虎杖達は各々が出向く結界の割り振りと乙骨が宮城に出向いてる事を話してると
突如小さな羽根の生えた小さな者がルールの追加が行われた事を話し始める。

<総則9>
泳者は、他泳者の情報、「名前」「得点」「ルール追加回数」「滞留結界」を参照できる

というものだった。

場面は変わり、死滅回游泳者の「鹿紫雲 一(かしもはじめ)」という人物が他泳者を殺して得点を稼いでいた。

鹿紫雲は「どいつもこいつも弱すぎる400年前の方が幾分マシだった」と発言。

そして「何処にいる宿儺」と言い放つと、虎杖の元にも来た羽根の生えたもの
コガネという者が「得点が200点を超えた為死滅回游にルールを追加しますか?」と問いかける。

すると鹿紫雲は「全泳者の情報を開示させろ」とルール追加をするのだった。

コガネによる説明

場面は戻り、コガネは自分が泳者と死滅回游を繋ぐ窓口だと虎杖達に話しかける。

そしてここに居るコガネは「虎杖個人についてる窓口」だと話す。

伏黒はそれに対し何故既に虎杖が泳者としてカウントされているのか不審に思う。
本来羂索に術式や呪物を配られた人以外は、結界に侵入して始めて泳者となるからだ。

虎杖は、羂索が言っていた言葉を思い出し
「宿儺も羂索と契約をして呪物になった術師の1人だったのではないのか」と伏黒に話す。

しかし伏黒は虎杖は自らを宿儺の指を飲み込んでいる為、泳者として認められるはずがないと思い「俺が証人だ」と言い放つ。

そしてこの話は後にする事になったのだった。

伏黒の考えと作戦

伏黒に言われ、虎杖はコガネに泳者の情報開示を求める。
その一覧の中には、鹿紫雲の名前があり「元々200点持っていた」と伏黒が気づく。

伏黒はどういう意図でルール追加をしたのか考え
「俺たちは人を殺さずに死滅回游を進められるかもしれない」と虎杖に話す。

そしてコガネに得点100以上だけリストアップ出来るか確認を取る。

伏黒曰く、津美紀のような巻き込まれた人間は焦って結界から出たがらない限り、
受肉した過去の術師も各々羂索との間に思惑があった為契約しただけで
必ずしも死滅回游のモチベーションが高いとは言いきれない。

「鹿紫雲のように得点を持て余してる人、つまりルール追加をする気がない奴を伸して、津美紀が死滅回游を抜ける穴を作らせる事が出来るかもしれない。」

そう虎杖に伝えるのだった。

総則8を逆手に取る作戦を考える伏黒恵


コガネがリストアップし、出たのは鹿紫雲の他に「日車 寛見」という人物だった。

伏黒はそれを確認しまずは死滅回游における1番のネックな
<総則8>を逆手に取るというものだった。

<総則8>
参加または点取得後19日以内に得点の変動がみられない場合
その泳者から術式を剥奪する

というもの。
これを逆手に取り、ルール追加で「泳者間での得点の譲渡を可能にする」
これを身内で回し続ければ術式を剥奪されて死ぬ事はなくなると伏黒は考えていた。

そして出来れば「点を消費して死滅回游から離脱できる」も追加すると伏黒は話す。

秤は「例の永続」に抵触するのではと危惧するが、
伏黒は、非泳者を死滅回游に引き込む「身代わり」条件を盛り込めばいけるかもしれないと話す。

秤もそれに納得をしていた。

やる事が決まる虎杖達

虎杖達はやる事が決まったと話す。

それは獄門疆の封印を解ける天使を探しながら
「鹿紫雲 一」と「日車 寛見」を狩る事。

虎杖達は結界へ向かうのだった。

呪術廻戦158話の考察・感想

呪術廻戦158話感想

一気に死滅回游が進んだ感じがしましたね。
そして秤がかなり協力的になってくれて心強い感じがしました。

また新キャラ登場により展開が更に進んでいきそうです。

呪術廻戦158話考察

呪術規定の平定と禪院家壊滅について考察

秤が呪術規定の改定のバックアップを頼む代わりに死滅回游の平定に協力するとの事でしたが
この翌日に真希によって禪院家壊滅となっています。

この事から伏黒が当主というのも無くなってしまいますので
規定の改定は難航してしまうのかもしれません。

また御三家から禪院家が除籍扱いというのも既に上では決定事項の為
伏黒を利用するのは難しい可能性がありますね。

鹿紫雲一について考察

鹿紫雲が宿儺の存在と400年前の話をしている事、そしてかなり五条に似ている事から、
恐らく鹿紫雲は過去に行われた御前試合の五条家当主の可能性が出てきました。

というのもちょうど400年前は江戸時代で、御前試合もその頃の話です。

しかし御前試合では禪院家、五条家当主共に亡くなっています。

鹿紫雲は、虎杖のように目の下に傷がある事と、死滅回游泳者となっている事から
過去に羂索と契約を結び、何らかによって受肉し生き残っている可能性があります。

羂索は六眼によって計画を潰されてきていたわけですので
1度亡くなって受肉したであろう鹿紫雲には既に六眼はないと思われます。

また術式も雷のようなものを使っている事から、術式自体は既に五条家由来の物ではなく
受肉した者の術式を受け継いでいるのではないのでしょうか。

恐らく受肉をして生き延びる事を契約し、この死滅回游での計画に協力するように
生前呼びかけていたのかもしれません。

鹿紫雲という名前について考察

以前作者が本誌の一言欄にて、山口県の話をしていました。
鹿紫雲というのは、名前が山口県周南市の鹿野から発祥しているようなので
恐らく御前試合や御三家の話が今後また出てくる可能性が高そうです。

虎杖が泳者としてカウントされてる事について考察

虎杖が泳者として既にカウントされていましたが
これは虎杖の話の通り、生前宿儺が羂索と契約を交わしていたと考えられます。

伏黒は虎杖が自分の意思で飲み込んだからと話していますが
恐らく羂索との間では、「受肉した人間が現れた段階で死滅回游を行い、その人物を泳者とする」
というように契約していたのではないのでしょうか。

羂索も1000年前からコツコツ準備していましたし、御前試合の際失敗してますが
宿儺の受肉は行われていなかった為、その時に備えていたのかもしれませんね。

日車が得点を利用していなかった事、鹿紫雲がルール追加した事について考察

日車もルール追加できる程の得点を稼いでいましたが、ルール追加してませんでした。
これについては恐らくあまり死滅回游に興味がない事
そして術式剥奪しれないためだけに得点を稼いでいたと考えられます。

逆に鹿紫雲については宿儺を探していました。

宿儺が死滅回游に参加する事をもし知っていたとしたら
宿儺の情報を得る為にルール追加した可能性が高そうですね。

「日車 寛見」について考察

日車寛見が登場し、服の上の方に丸い何かがついていましたが
恐らく死滅回游始まる頃に少しだけ登場した弁護士バッジをつけていた人物だと思われます。

弁護士バッジがついているという事は、術式もそれに関するものですので
日車との対戦はかなり難を要するのではないのでしょうか。

今後の展開予想

死滅回游が本格化してきた事により、各人物の動きが変化していきそうです。
また虎杖達が天使と出くわすのも時間の問題でしょう。

ただ先にルール追加をしなければならないので、鹿紫雲と日車との対決になる事には間違いありません。

今後に期待ですね。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事