呪術廻戦の用語解説・呪力とは?身近な例で言うと電力のような存在


呪力とは電気のような存在

呪力とは、人間の負の感情から漏れ出すエネルギーのこと。

呪術師は、自家発電の様に呪力を自発的に捻出し、それを駆使して、様々な術式を発動していく。身近な例で言えば、負の感情が「原子力、火力、風力」から発電されるエネルギーで、その結果作り出される電気が、呪力のようなイメージ。

呪力(電気)を無駄遣いしないように、日頃から訓練を行っている

怒り、憎しみ、妬み、嫉 みといった負の感情が呪力のトリガーとなるため、呪術師は皆、僅かな感情の火種から呪力を捻 出する訓練を行っている。
この訓練は逆に感情が大きく振れた際、呪力を無駄遣いしないためにも有効なんだか。

呪術廻戦 #用語解説


関連記事