【呪術廻戦】呪胎(じゅたい)と特級仮想怨霊の関係とは


呪術廻戦で出てくる「呪胎」って何?

呪胎(じゅたい)とは、集積した負のエネルギーが霊として形を成す際に、まれに観測される変態のこと。
つまり、呪いが霊の形に姿を変える際に起こる突然変異のようなもの。

変態を遂げる呪胎の多くが「特級」に相当すると予想される。
例を挙げると、虎杖悠仁が少年院で戦った“あの”呪霊である。

特級仮想怨霊(とっきゅうかそうおんりょう)と呪胎の関係は?

『特級仮想怨霊(とっきゅうかそうおんりょう)』とは、「特級」に相当すると予想される呪胎の変態を予め、登録しておく名称のこと。

特級仮想怨霊として登録することにより、等級が高い呪術師がその処置にあたることができる。

呪術廻戦 #用語解説


関連記事