【呪術廻戦】夜蛾正道(やがまさみち)プロフィール、実はバツイチだった!

呪術廻戦の登場人物で、プロレスラー蝶野正洋からインスピレーションを受けたっぽい風貌のキャラ・夜蛾正道(やがまさみち)。
東京都立呪術高等専門学校の学長であり「傀儡呪術学(かいらいじゅじゅつがく)」の第一人者である夜蛾のプロフィールをまとめます。

夜蛾正道(やがまさみち)プロフィール

名前:夜蛾正道(やがまさみち)
性別:男性
年齢:47歳
所属:東京都立呪術高等専門学校学長
階級:一級呪術師
趣味:サングラス集め・可愛いものを作ること
声優:黒田崇矢(くろだたかや)

夜蛾正道(やがまさみち)は『呪術廻戦』の登場人物。
呪術師を育成するために設立された、呪術高等専門学校東京校の学長である。

一級呪術師であり、10年前は教鞭をとっており五条(ごじょう)・夏油(げとう)・家入(いえいり)の学生時代の担任である。
学生時代の五条と夏油には手を焼いていたが生徒思いで苦労人である。現在でも五条とは良好な関係を築いており、数少ない五条の良き理解者である。

夜蛾正道はバツイチ

呪術師は危険が伴う仕事であるため独身の者が多いが、夜蛾は珍しく結婚歴がある。しかし、現在は離婚しておりバツイチとのこと。

傀儡呪術学(かいらいじゅじゅつがく)の第一人者

夜蛾は呪骸という高い戦闘能力を持つことに加え、人形であるが故に恐怖心や痛覚を持たず戦闘を行える「傀儡呪術学(傀儡呪術学)」の第一人者である。東京校二年のパンダ(ぱんだ)の生みの親であり、パンダとは親子のような関係である。呪骸の中でもパンダが最高傑作と言われている。

夜蛾正道の術式

夜蛾の術式は傀儡総術であるが、戦闘シーンは一切描かれていないため戦闘でどのように戦うのかは未だに不明である。
しかし、一級呪術師であるためかなりの戦闘能力を持ち合わせていると考えられる。

夜蛾正道の名シーン


主人公・虎杖悠仁(いたどりゆうじ)が呪術高等専門学校東京校の入学試験のとき、夜蛾が作った呪骸に中々勝つことが出来ず、虎杖は祖父の生前の言葉で言い訳をする。

その発言に夜蛾は激怒し、虎杖に「自分が呪いに殺された時もそうやって祖父のせいにするのか」と問いかける。
この言葉が虎杖に深く刺さり、最終的に入学試験に合格する。

夜蛾の学長としての生徒に対する熱い思いが伝わるシーンである。

夜蛾正道は生存している?

夜蛾は渋谷事変終了時、生存していることが確認されている。
しかし、渋谷事変を引き起こした夏油(げとう)と、その夏油と対戦した五条(ごじょう)をそそのかしたとの罪で、夜蛾は現在死刑を宣告されている状況である。

死刑が宣告されている理由の一つに、夜蛾が内通者である可能性があるからだと推測されているからだ。
内通者として疑われている人物は学長以上の上層部にいると考えられており、現在登場する中で一番夜蛾が怪しいことから死刑が宣告されているのではないかと言われている。

呪術廻戦 #登場人物


関連記事