呪術廻戦147話で夜蛾学長死亡、パンダは息子の魂か【最新ネタバレ】

呪術廻戦(じゅじゅつかいせん)147話のネタバレですが、この回で夜蛾学長が楽巌寺に殺され、死亡してしまいます。そして、パンダの涙…。
これまでバツイチだったことが分かっていた夜蛾正道(やがまさみち)ですが、子持ちだったことが判明。さらにパンダはどうやら息子の魂が入っていると見られ、ページの最後にそれらの考察もまとめています。
⚠︎こちらでは呪術廻戦本誌147話のネタバレと考察をしております。重大なネタバレが含まれる可能性がありますのでご注意下さい。

呪術廻戦147話『パンダだって』

呪術廻戦本誌146話では、天使こと来栖華の術式を消滅させる術式が裏門をこじ開ける鍵だと判明。

来栖が居るのは東京の東側の結界であり、結界自体は日本全国10箇所にあると天元は話した。
6人は死滅回游のルールを1度おさらいし役割分担をする。

真希は呪具回収と組屋の工房について天元にお願いする。その後パンダと合流予定
虎杖、伏黒はゲーム参加、乙骨は単独で日本の東側の結界からゲーム参加。
九十九と脹相は天元の護衛をする事に。

そして泳者となった高羽について明かされはじめる。

147話では、夜蛾正道の過去、そしてパンダの核について明かされてゆきます。

前回までのあらすじ

・来栖華の居場所と結界について
・死滅回遊ルールのおさらいをする一同
・役割分担をする一同
・死滅回游泳者、髙羽文彦

呪術廻戦第147話のネタバレ

パンダを生み出した夜蛾正道の過去

夜蛾は手を拘束された状態で留置されていた。
そこに話し掛けたのは楽巌寺嘉伸だった。

楽巌寺は、パンダが何者なのか聞く。

人工的な呪骸はほかの操術により自立して行動する事が可能である。
しかし動力である呪力は術師から与えられたものを消費する。

それにも関わらずパンダはパンダの呪力によって自己補完できているのだ。
夜蛾がもしパンダを意図的に造ってるとしたら、容易に軍隊を所持出来てしまう。

その為上層部は夜蛾を特級認定し、無期限拘束を正式に下そうとしていた。

楽巌寺は夜蛾にパンダの造り方を知らないのか問いただすが、夜蛾は本当に知らないと俯きながら答えるのだった。

呪骸と夜蛾

拘束される前、夜蛾が造り出した呪骸がいる森に夜蛾は座り込んでいた。
タケルと呼ばれる呪骸は夜蛾に元気が無いなと話しかける。

呪骸達は夜蛾が落ち込んでる様子を見て心配していたようで、タケルが元気づけようとしていた。

そんなタケルに夜蛾は長期出張の為暫く帰れないと話す。
「俺が居なくても大丈夫」と呟いて。

呪骸の森を出ようとする夜蛾に、呪骸達はまさまちが居ないと寂しいと呟くのだった。

夜蛾と共に拘束されていたパンダ、そして助けた日下部

パンダも夜蛾と共に拘束されていたが、日下部がこっそりパンダを助け出した。
パンダは夜蛾を上層部が誘い出す為の材料として拘束されていたのだ。

いいのか?と問いただすパンダ
日下部は夜蛾には恩があるといい、早くその場から逃げろと言うのだった。

日下部の過去

日下部と車椅子に乗った女、そして夜蛾は恐らく呪骸の森に居た。

その女は日下部の妹であり、タケルの母であったのだ。
タケルを失った事により、過去に縋らないと既に生きられない状態へとなっていた。

夜蛾曰く呪骸になったタケルは、タケルの情報を持った何かだと説明をするが
日下部は、妹には呪骸であっても今は必要だと考える。

すると夜蛾の横にいたタケルの呪骸は、日下部の妹が自分の母だと気づく。
「天才だろ?」と話し。

その言葉を聞いた日下部の妹は生前のタケルと一致し、車椅子から立ち上がりタケルを抱きしめ泣き崩れる。

夜蛾は日下部に何かを話そうとするが、日下部は夜蛾の言う事を理解していた。
それは完全自立型の呪骸の存在は公に出来ない。
過去に縋り付く妹はタケルから離れられない為、もう妹と一緒には居られないと察していたのだ。

謝る夜蛾に、日下部はありがとうございますとお礼を言うのだった。

息子に会いにいこうとする夜蛾正道

場面は変わり夜の道で、ある男が拘束されていたはずの夜蛾をどこに行くのかと引き止める。

夜蛾は息子に会いに行くと話すが男は理解していなかった。
そして夜蛾が死罪から免れる方法を話し始める。

それは完全自立型人工呪骸、つまりパンダの造り方を今ここで話すことだった。

五条が居なくなった今その男は強気で夜蛾に立ち向かっていた。
それもそのはずで男には歴戦の術師が付いていたからだ。

パンダの造り方を話す夜蛾

するとそこに楽巌寺が現れる。
楽巌寺の術式により夜蛾は死をさまよっていた。

男は楽巌寺に言われあとは任せて下がるように言う。
楽巌寺により死にかけている夜蛾は、少しずつパンダの造り方を話し始めるのだった。

・肉体の情報から魂の情報を複製させる
・その情報を呪骸の核に入力させる
・相性の良い3つの魂を宿した核を1つの呪骸にお互いの魂を常に観測させる

そうする事によって初めて魂が安定して自我が芽ばえる事。
自我が芽ばえる生後3ヶ月頃には呪力の自己補完ができるようになる。

それがパンダだと夜蛾は話したのだった。

楽巌寺への呪いとパンダの涙

パンダの造り方を聞いた楽巌寺はなぜもっと早く話さなかったのかと夜蛾に言う。

死の直前で夜蛾がやっとパンダについて話したのは楽巌寺への呪いだといい、夜蛾は力尽きてしまうのだった。

夜蛾正道は死亡した…。
パンダは夜蛾と楽巌寺の元へ到着する。

楽巌寺はパンダと戦闘するつもりで構えていたが、パンダにはその気は無かった。

パンダには分かっていたのだ。
2人は仲が悪かったわけではない。楽巌寺が夜蛾を殺したのは上層部の命令だったと。

パンダにとっては楽巌寺は落ちてるナイフのようなものであり、戦うつもりは毛頭も無かったのだ。

しかしそんなパンダであっても自我はあり泣くんだと、夜蛾の死で大声をあげて泣く。

パンダの泣き叫ぶ声と共に街灯に照らされた灯りには沢山の蛾が居る。
そして下には、死んだ1つの蛾が描かれていたのだった。

147話に続きます。

呪術廻戦147話の考察・感想

パンダは夜蛾学長の息子の魂入ってる説

呪術廻戦本誌147話で、息子がいたことが明らかになった夜蛾学長。
以前から、公式ファンブックでも明らかにされていた通り、夜蛾正道はバツイチという情報がありました。

肉体の情報から魂の情報を複製という内容から考えると、パンダは夜蛾正道の息子の魂が入っている可能性は高そうです。

しかし、息子とパンダの関係が明らかになった途端に、夜蛾学長が死亡..。
夜蛾学長の黒幕説がネット上で流れていたりしましたが、やはりその筋はなくなり、またもや内通者・家入硝子説が高くなってきました。

次は夜蛾学長が死ぬとか…。
もう主要キャラがどんどん消えていってしまうのが辛い。

夜蛾学長死亡でパンダ覚醒か

アニメ呪術廻戦のオープニング映像はあらゆる伏線が仕込まれているのは有名な話ですが、またしても…?という内容。
パンダがゴリラモードで1人雄叫びをあげているシーンがありますが、これは 夜蛾学長死亡 のフラグだったのでしょうか。

楽巌寺に対して、復讐することなく、涙を流すことでお父さんだった夜蛾学長の死を弔ったパンダ。
しかし、これでパンダこのまま終わるはずはないと思われます。

夜蛾が死に際に、パンダは「楽巌寺に対する呪いだ」と言い力尽きたことから、今後パンダが大きな力を発揮するか、ストーリー展開に重要な役割を果たす可能性が高そうです。


その他、”五条の鈍感さと夜蛾の死”との関係など、より詳しい考察については、上記考察ページにてご参考ください。


ネタバレ参照元:呪術廻戦無料トライアル|U-NEXT

呪術廻戦 #呪術廻戦ネタバレ


関連記事